ディスコミュニケーションの小説

2017.01.07 Saturday 18:25
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    今日は七草粥である。

    新しい年を迎えて、一週間が過ぎた。

    今日も図書館で読書に耽っていたのであるが、既に3冊の本を読んだ。

    「ピアッシング」「ラッフルズホテル」「KYOKO」である。全て、村上龍の未読の作品である。

    一番、読後感が良かったのは「KYOKO」である。

    村上龍自身が監督として撮った映画の元本である。だが、映画は見ていない。

    一言でいえば、希望と再生のロードノベルという括りになるのだろう。

    アメリカの大地において日本からやってきた無垢なKYOKOのもつ純粋な善に惹かれる人々。

    そして、ラストの一条の光。

    村上龍にしてはストレイトに心に届く分かりやすい物語である。

    村上龍初心者や「限りなく透明に近いブルー」に拒絶反応を示す人たちに読んでもらいたい小説である。

    3冊の中で一番、刺激的だったのは「ピアッシング」である。

    一種のサイコスリラーのような内容であるが、その背景にあるものは児童虐待であり、殺人衝動、多人格障害など現代の病巣が横たわっている。

    「僕は人間はお互いにコミュニケーションするのがほぼ不可能な存在なんだという認識から小説を書くべきだと思っています。」

    だからこそ、他者とかかわるときに言葉を探さなくてはならないのだという考えに共感する。

    「ピアッシング」は密室心理劇である。

    登場人物はふたり。そして、ふたりの会話は全く成立しない。最初から最後まで。

    そのズレの中でのふたりの緊張感を孕んだ対峙が脳を鋭角に刺激して止まない。

    そこが村上龍の最大の魅力である。

     

    村上龍の言葉 最新エッセイより

    2016.12.04 Sunday 21:53
    0

      村上龍の最新エッセイ「星に願いを いつでも夢を」(kkベストセラーズ)を読んだ。

      タイトルとは相反するいつにもましてシニカルな内容である。

      政治体制や既成メディアに対して批判をしても何の意味もないという心境が綴られているのが、いささか寂しい気もしたが、日本がどんづまりの状況であることには違いはあるまい。

      そんなエッセイの中、心に強く残った文章があった。

       

      「小説を書くということに対して素人」というわけでもなく、プロの作家だという自覚はあるが、それは「慣れる」とは違う。似たようなネタで書き続ける作家は「慣れる」ということがあるかもしれないが、わたしは似たようなネタ、文体を使うことはほとんどないし、そんなことはしないと決めている。そんなことをしたら飽きてしまう。

      小説のアイデアが枯渇したら盆栽でもやるかなと真剣に考えたこともあるが、幸か不幸か、アイデアがつきることがない。

      アイデアが尽きないということは、自分が小説を通して伝えたいと思っていることが、読者にいまだに伝わっていないという自覚があるからだろう。伝わったと思ったら、たぶんもう書かないかもしれない。」

       

      深く共感した。だからこそ、村上龍の小説は刺激的であり続けているのである。

      「五分後の世界」「コインロッカーベイビーズ」「愛と幻想のファシズム」「イビザ」「イン ザ ミソスープ」「昭和歌謡大全集」挙げていけばきりがない。

      村上龍にとって、小説を通しての表現活動そのものが趣味では得られない充足感やカタルシスをもたらすマグマの放出であることが、読者としてはこの上なくうれしいのである。

       

      いま、未読だった「半島を出よ」を図書館で借りて読んでいる。一気に上巻も残すところ70ページである。

      半端なくおもしろい。11年前に書かれたものだが、今読んでもその目の付け所はシャープであり、説得力がある。

      流石である。

      全てを吹き飛ばす力 北町貫太の物語

      2016.11.21 Monday 19:02
      0

        JUGEMテーマ:読書

         

        本好きを自認する自分にとっての今年一番の収穫は「西村賢太」との出会いである。

        私小説は基本的にはあまり読まないのであるが、西村賢太の小説のもつむき出しの熱量に圧倒されてしまった。

        昨日、今日とで立て続けに2冊を読了した。

        「やまいだれの歌」と「蠕動で渡れ、汚泥の川を」である。

        北町貫太、17歳から20歳までの行状記である。

        孤狼気取りでスタイリスト。しかし、見掛け倒しで小心者。

        働くことが嫌いで、コンプレックスの塊。

        日払い労働で稼いだお金は、その日の内に酒代で消える自堕落な生活。

        家賃滞納を繰り返し、挙句のはてに踏み倒しては夜逃げ同然で彷徨を続ける日々。

        そして、冷酒が入れば、必ず職場において暴言・悪態の数々。

        自己嫌悪にさいなまれながら生きる姿が痛々しく、そして切なさすら感じる。

        この2作は西村賢太の長編小説といわれる2作であり、代表作であると思う。

        貫太の行動は、幼稚かつ短絡であり、10代にして踏み外れた人生の軌道を何とかして修正しようともがくさまな無様ではあるものの、希望を決して失わない姿を応援したくもなる。

         

        思えば、自分自身も貫太に似ている部分がたくさんある。

        貫太ほどではないが、激すれば怒りをぶちまけてきた経験もあるし、深い自己嫌悪に苛まれたこともある。

        上司にこびへつらうこともできず、下衆な気持ちを抱きながら超然と孤狼を気取ってみたことも・・・

         

        あまりに人間的すぎる貫太は社会にうまく順応できぬ存在ではあるが、あながちそれは悪いことばかりでもないだろう。

        学歴社会の落伍者であっても、人生の落伍者にはなっていないという貫太の気概に共感している自分がいる。

        私小説は基本的に自爆小説であると誰かが言っていたが、西村賢太が描く北町貫太の物語は暗いだけではなく、すべての陰湿なものをも吹き飛ばすほどの力を秘めている。自分が心惹かれる理由はそこにある。

         

         

         

        フェイバリットの規準

        2016.10.16 Sunday 18:32
        0

          JUGEMテーマ:読書

           

          フェイバリットの規準とは何だろうか?

          自分にとって好きな作家とはと問われてその規準になるものとして、自分はその作家の本を10冊以上読んでいるかということを目安にしている。

          その規準をクリアーした作家を列記してみると・・・

          偉大な先人では芥川龍之介、志賀直哉、太宰治。

          現代作家では、松本清張、村上龍、村上春樹、椎名誠、重松清、伊坂幸太郎、西村京太郎、白石一文、柳広司、西村賢太、東野圭吾となる。

          あと数冊で仲間入りを果たすのが、佐藤正午、中村文則である。

          好きな作家が増えていくことは、読書好きにはたまらない幸せである。

           

          今日は、図書館で佐藤正午のエッセイ「豚を盗む」と短編集「スペインの雨」を読了した。

          物語を紡ぐ稀代の作家、佐藤正午のエッセイは淡々とした味わいは伝わるものの、期待していたほどの「シニカルさ」「乾いたウィット」があまり感じられず、出来としては平均的なものではないかと感じた。

          やはり、この作家の魅力は物語、特に長編にある。

          そう思いながらも未読の短編集「スペインの雨」を一気に読んだのだが、読み終えた後でほろ苦さが胸に残る恋愛集であり、佐藤正午らしさは十分に表現されていると思う。手放しで傑作とは呼べないが。

           

          特に印象的だったのは、表題作の「スペインの雨」である。

          恋人がいるにもかかわらず、テレクラで出会った人妻の電話を待ち続けている主人公。

          合言葉は「スペインの雨はどこに降る」。

          プロセスを経ない一夜の恋。

          プロセスがないからこそ余韻が心を締め付ける。刹那だから永遠なのだ。

          主人公の心情に共感を覚える自分が確かにいた。

           

          必要になったら電話をかけて

          2016.10.01 Saturday 21:28
          0

            JUGEMテーマ:読書

             

            レイモンド・カーヴァーが亡くなってから10年以上たって発掘された作品がある。

            短編集「必要になったら電話をかけて」(中央公論新社)である。

            発掘された作品は、彼の名作といわれる作品に比肩するものとは正直いえない。

            訳者の村上春樹もあとがきでこう記している。

            特にタイトルにもなっている「必要になったら電話をかけて」は後の名作の原型ともいえるエピソードが詰め込まれている。

            しかし、カーヴァー自身がこの作品を徹底的に掘り進めていくことよりも、あくまでもスクラップとして再利用しようと考えたのではないかと述べている。

            確かに、最後の一文の皮肉さはカーヴァーの独特かつ乾いた滑稽さというものを表出してはいるが、「頼むから静かにしてくれ」などの傑作に比べて、短絡的で深みにかける大きな一因となっている。

            しかし、逆に現実的に考えた時に、この主人公のとった行動以外にとるべき行動があるのかともいえるのだが・・・

            つまり、現実世界の無味乾燥さを小説世界がどう超えていくかということに小説家の懐の深さというか表現力がかかっているということを改めて考えさせられた作品である。

            そうはいっても、自分はこの作品も好きである。

            抑制された文体から、あたかも無造作に放り出されたような言葉。

            行間にあふれる夫婦の内面の機微。感情の揺れ動き。

            カーヴァーにしか描けない世界が確かにある。

             

            圧倒的なリアリティ 西村賢太を貪り読む!

            2016.07.17 Sunday 22:55
            0

              JUGEMテーマ:読書

              これだけ同一作家の作品を立て続けに読むというのもここ20年ではなかった。

              その作家とは西村賢太である。

              私小説の新たな旗手といわれている。

              作風は一言でいえばワンパターン。しかし、それでいてひきつけられるのは、会話の切実なまでのリアリティであろう。

              借り物、作り物ではない言葉がずしりとどてっぱらに響くのである。

              特に「秋恵」ものといわれる、同棲相手とのやりとりは秀逸である。

              今日も図書館で創作集のデビューとなる「どうで死に身の人踊り」と「暗渠の宿」を一気読みした。

              大好きな秋恵がそばにいなければ、捨て犬のごとく寂しさに打ちのめされるくせに、生来の短気が高じて、些細な言い争いから暴言・暴力の限りを尽くす北町貫太。

              そのくだりは、同じ男として「何してんだ!」と思いつつも、幾度となく繰り返す後悔に打ちのめされる姿には「バカだな」と思いながらもなぜか共感してしまうのである。どこか憎めない男なのである。

              女性の読者は嫌悪しか覚えないかもしれないが・・・

              暴力に及んだがために、実家に戻ってしまった秋恵を思い、ふと目についた部屋の片隅におかれた秋恵の下着を手にしながら、手淫に及んでしまう姿は滑稽でありながらも、狂おしいまでの切なさを感じてしまうのである。

              和解したあとでも、嘘のつけない貫太はその一切合切を吐露してしまい、結局は変態呼ばわりされ、不貞腐れてしまうのであるが・・・

              女性との関わりだけでなく、時代の流れそのものにうまく順応できないその生き方が彼の敬愛する大正期の作家、藤澤清造に傾倒する根源になっているわけだが、その傾倒ぶりの真摯さに男気が溢れ、その点も魅力となっている。

              図書館を出た後で、新作が無性に読みたくなり書店に馳せ参じた。

              「蠕動で渡れ 汚泥の川を」(集英社)を早速読んでいる。

              空より高く

              2016.03.20 Sunday 17:17
              0
                JUGEMテーマ:読書
                数年ぶりに重松清に浸っている。
                今日も図書館で「空より高く」(中央公論社)を読み終えた。
                かつての賑わいを見せたニュータウンの造成地に建つ高校も、入居者が予想を大きく下回った影響を受け廃校が決まるところから物語が始まる。
                熱血教師「ジン」先生の「レッツ ビギン」の掛け声のもと、高校生が最後の花をさかせるべく立ち上がるという、いかにも重松清らしい青春小説である。終わりから始まる物語でもある。
                重松清の小説を音楽に例えるなら、大瀧詠一作曲の「少しだけやさしく」がぴったりだと思う。
                ちょっと落ち込み気味で、テンションが上がらないときにはまるで傷口を優しく包んでくれる包帯のような味わいである。
                登場人物はみな善良な人々であり、言ってみればどこにでもいる普通の人たちである。
                そして、心にちょっぴり不安や悩みを抱えながら生きている。その健気さに共感するのである。
                もしかしたら、重松清が描く普通の善良な人々こそが今の時代には稀有な存在なのかもしれない。
                だからこそ、読んでいて心がほっこり温かくなるのだろう。
                かつての名作「流星ワゴン」「きみの友達」「その日の前に」「疾走」ほどの物語の深みや力は感じられないが、それでも安心して読める、外れのない作家である。
                刺激的なテーマを求める読者には物足りないかもしれないし、昔の青春ドラマの脚本を読んでいるような昭和の匂いを感じさせる作風ではあるが・・・
                とにかく読後感は爽快であり、私は大満足で図書館を出た。

                さつき断景 斬新なクロニクル

                2016.03.12 Saturday 21:33
                0
                  JUGEMテーマ:読書
                  今年は1月からなかなかいいペースで読書を積み重ねている。
                  今日も図書館で重松清「さつき断景」(祥伝社)を読み終えた。
                  断景という言葉は辞書にはない。重松清が考えた言葉である。
                  しかし、見事に作品にマッチしている。
                  1995年から2000年までの6年間の5月1日という特定の日を切り取って、焦点をあてた3人の主人公をめぐるクロニクルである。
                  その設定の仕方が斬新であると同時に、その時代を象徴する事件を背景に物語は語られる。
                  3人の主人公の中では、電車一本の差でオウム真理教による都心の地下鉄へのテロ事件であるサリン事件を免れたヤマグチさんに一番共感した。
                  「ぼくたちみんな本当は3月20日に殺されていたんじゃないですか?いま、ここにいる僕たちは実は幽霊なんじゃないですか?」
                  あの日のテロ事件にしても、東日本大震災にしても生死を分けたものとは大きな違いではなく、紙一重ではなかったのか?
                  そんなことを感じる。だからこそ、生き残ったものは、何があっても死んではならない。
                  生き残ったヤマグチさんのその思いが、いじめを受けている一人娘「理恵」への次の言葉に表れている。
                  「こっちがぎりぎりまでフォローしたとしても、最後の最後に乗り越えなきゃいけないのは、理恵なんだよ。」
                  「がんばるしかないんだ。」
                  「ひとに勝ったり負けたりとかじゃなくてさ、とにかく生まれたからには生きてもらわなきゃ困るもんな。」
                   

                  希望の地図 3.11から始まる物語

                  2016.03.06 Sunday 20:36
                  0
                    個人的に一年で一番苦手な2月を越え、3月である。
                    3月に入って実感することは日の暮れが遅くなったこと、そして気温が高くなってきたことである。
                    冷たく、寒い冬との決別である。
                    そんななか、久しぶりに重松清を読んだ。重松清は自分にとって外さない作家の代表格である。
                    このブログを書き始めたころは、それこそ貪るように片っ端から著作を読んでいた。
                    最近、読むペースが落ちたのは、重松清が選択する小説のテーマに魅力を感じなくなっていたというのが挙げられる。
                    少なくとも、自分にとって刺激的ではなくなっていたのだ。
                    だが、久しぶりに読んでみたくなったのは、かねてから気になってはいたものの読めずにいた一冊の本があったからだ。
                    「希望の地図 3.11から始まる物語」(幻冬舎)である。
                    今年で5年を迎える東日本大震災を前にして、無性に読んでみたくなった。

                    まさに一気に読んだ。そして、素直に感動した。
                    第2章 希望とはなんだろうの中で「夢と希望の違い」について語られる場面がある。
                    テレビコマーシャルでも夢はキーワードとしていろいろな業種が取り上げるが、希望は製薬会社しか用いていない事実が紹介される。
                    そして、「夢は無意識のうちにもつものであるけれど、希望は厳しい状況の中で苦しみながらもつものである。」という言葉が静かに胸に迫ってきた。

                    被災地を5年前の過去形の土地として見るのではなく、現在進行形の視点でみること。そして、復興に向かう希望の裏にはそれと同等の絶望があるということに想像力を働かせなくてはならないことを感じた。
                    前にも記したが3.11の時、自分は突発性難聴を罹患し、自宅療養を余儀なくされた初日であった。
                    苦しみの中で大きな揺れを体験し、テレビの映像を信じられない思いで見た。
                    だから3.11の苦しみは決して他人ごとでは済ませられないのである。

                    村上龍が紡ぐ「破壊」の物語

                    2016.01.12 Tuesday 22:48
                    0
                      JUGEMテーマ:読書
                      物心ついてから読んだ本を作家別に分けてみると、おそらく一番多く読んだ作家は松本清張か村上龍になると思う。
                      清張からは推理小説が謎解きの物語ではなく、人間の業を炙り出す「人間小説」であることを学んだ。
                      ここ数年貪るように読んでいる村上龍からは、いろいろなジャンルはあるものの、「破壊」を主題として打ち出している小説のその刺激、いいかえれば物語そのものの爆発的なエネルギーに酔わされてきた。
                      その村上龍のストーリーテラーとしての魅力が開花したといわれているのが「コインロッカー・ベイビーズ」である。
                      いまから36年前の作品とは思えない。
                      又吉直樹も激賞している永遠の名作である。
                      いま、久しぶりに再読している。
                      そのスリリングな展開はいま読んでも圧倒的である。「破壊による突破」と自選集にはタイトルがつけられているが、東京を破壊しつくすという登場人物であるキクのイメージは、「昭和歌謡大全集」の最終章の殺戮の果ての調布市全体を殲滅する爆弾投下につながっている。解説で評論家も書いているが、村上龍が「破壊」を軸にして物語を紡いでいく作家であることがよくわかる。しかもその物語は抜群におもしろい。
                      村上龍が描く「破壊」という暴力の中に、息苦しいほどの閉塞感に包まれた世界を一点突破していこうとする苛立ちや焦燥感を感じ取るのだ。それが臨界点に達するまでの緊密な物語の運びに加え、臨界点を超えた時のあまりにも拍子抜けするほどのある種独特の潔さというか簡潔さの中にカタルシスさえ覚えてしまうのである。
                      こういう作家は他にはいない。だから惹きつけられるのである。
                      ストレスがかかればかかるほど、本能的に村上龍の「破壊」の物語を激しく希求してしまう自分がいる。
                      先日紹介した「愛と幻想のファシズム」にしても、物語そのものに読み手をねじ伏せる力がある。
                      ねじ伏せられても構わないと思わせるような、まさに神経が麻痺するような喜びがそこには確かに存在する。
                      それをある人は「物語の快楽」とよぶ。

                      PR
                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      星座占い
                      天気予報
                      ようこそ!
                      ブログパーツUL5
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 村上春樹の世界にはまっていく
                        うなぎ
                      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
                        藍色
                      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
                        うなぎ
                      • 田中正造の言葉
                        noga
                      • 国防軍という言葉
                        村石太ダー&コピペ星人
                      • 衆議員選挙を前に考えたこと
                        noga
                      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
                        noga
                      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
                        Takeo Watanabe
                      • 天声人語に物申す!
                        嫌チャイナ
                      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
                        noga
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM