LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

ボブ・マーリー、ジャクソン・ブラウン、ストーンズ。今日も音楽にどっぷりと浸る。
音楽 / カーソン・ライダー 
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    今までの自分のこのブログのスタイルではない書き方で今日は思いを綴ってみたい。

    入梅をした。

    じめじめと鬱陶しい気分が続く季節である。こんな時は、無性にボブ・マーリーが聴きたくなる。

    ボブ・マーリーの「白鳥の歌」となったアルバム「UPRIZING」を聴いている。

    やはり出色の出来は、ラストを飾るアコースティックギター一本で歌い上げる「Redeption Song」だ。

    バンドversionのものより圧倒的にいい。

    改めて、ボブ・マーリーの歌のうまさを堪能できる。

    詩は思いテーマを含んでいるが、心にすっと沁みいる救いの歌だ。

     

    ほかにはジャクソン・ブラウンの「孤独のランナー」をDLした。

    1977年発表のライブ盤である。

    1977年といえば、今から40年前。自分は高校生であった。レコード盤を擦り切れるほど聴いた覚えがある。

    青春を代表する一枚である。

    特に好きなのが、ラストの「The Load Out」から「Stay」にかけてのメドレーである。

    ぞくぞくと鳥肌が立つ感覚。久々に思い出した。

    バックのローズマリー・バトラーの歌がジャクソン・ブラウンを支えている。

    圧巻の歌の力だ。そして、奏でられるスライドギターの音色にノックアウトだ。

     

    そして、今日はローリング・ストーンズの2016年発表の「Totally Stripped」(ライブ盤)を聴いている。

    やはりR&Rの王者はストーンズであることを再確認させてくれる。

    個人的には「Dead Flowers」がお気に入りだ。

    ミック・ジャガーは稀有なシンガーだ。決して美味いといえる声ではない。

    だが、一たび彼の喉から放たれた言葉はルーズなロックのメロディと相俟って、心地よいスイング感を与えてくれる。

    これがR&Rの神髄だろう。

     

    NO MUSIC NO LIFE。 

    今日も僕は音楽にどっぷりと浸る。

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    天からの贈り物 
    音楽 / カーソン・ライダー 
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      2007年からロンドン・フィルの首席指揮者を務めているウラディミール・ユロフスキベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」を聴いている。

      ピリオド奏法を意識しながらも、特定の楽器の響きを強調することのない淀みのない曲展開は新鮮であり、流麗ですらある。

      ノリントンの指揮する「英雄」とどこか共通するものがある。

      私はいろいろなジャンルの音楽を聴く。

      ポップスも勿論好きだが、クラシックには叶わないと感じることが最近は多い。

      以前にも書いたが、耳に馴染むということは飽きるということでもある。

      だから「流行歌」なのだ。

      流行歌に人を変える力はない。所詮、消耗品の役目しか果たさない。そういう運命なのだ。

      だが、クラシックは違う。

      特に、自分にとってのベートーヴェンの楽曲の中でも、交響曲は別格の存在である。

      今、聴いている英雄=シンフォニア・エロイカもその一曲である。

      自分の人生そのものに大きな影響を与えてくれた曲である。

      そんな馬鹿なと人は言うかもしれないが、事実である。

      ベートーヴェンを聴こうと思ったのは偶然であり、精神的にも危うい時期と重なっていた。

      CDショップの試聴機に誘われるように足を運び、ヘッドフォンを耳にあてた瞬間、ショックを受けた。

      その時は確かピアノ協奏曲1番だったと思う。バレンボエムによる指揮と演奏であった。

      まさに天から与えられた音楽があった。

      それからクラシック中心に音楽に親しむ毎日を過ごしている。

      べートーヴェンの音楽は飽きるということはない。指揮者や演奏者の解釈でいかようにも変化する。

      しかし、元の骨格である曲そのものの力は強靭であるので、ぶれない音楽としての力が確かに存在する。

      大袈裟のことを言うようだが、ベートーヴェンの交響曲を聴いたことのない人と、ある人とでは人生観が異なってくるとさえ思う。

      音楽の至福体験をしたかどうかの差である。

      聴いていない人はそれだけ損をしているということになる。本人が気づかないだけで・・・

      最近、聴いているのはサン・サーンスの交響曲4番「オルガン付」、プロコフィエフの「交響曲第5番」、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」である。ストレスから解放される時である。心から息がつけるひとときでもある。

      クラシック音楽と出会えてことに心から感謝している。

      | comments(0) | trackbacks(0) |
      pagetop
      コープランドを聴く
      音楽 / カーソン・ライダー 
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        20世紀のアメリカを代表する音楽家の一人であるアーロン・コープランドの楽曲を頻繁に聴いている。

        バレエ音楽「ロデオ」「ビリー・ザ・キッド」が好きである。

        「ロデオ」を聴いていて、びっくりしたのは4つのダンスとして構成されている一曲の「ホウ・ダウン」である。

        何と、この曲は1970年代、プログレッシブロックの雄、EL&Pの名作アルバム「トリロジー」の中の同名曲の原曲だと分かったからだ。他にも「庶民のファンファーレ」がある。

        EL&Pの方が数段かっこよい仕上がりになっているので好きだ。

        そんな懐かしさを感じながら、曲を堪能している。

        映画音楽も担当し、アカデミー賞も受賞しているコープランドらしく、音像がくっきりと表れてくる印象である。

        何と言っても耳にしっくり馴染むメロディである。

        晩年のコープランドは12音的な技法に立ち返り、寡作になるのだが・・・

        個人的に一番好きなのは「エル・サロン・メヒコ」である。

        エキゾチックな香りが立ち込める佳品である。

        | comments(0) | trackbacks(0) |
        pagetop
        プレートルの新世界
        音楽 / カーソン・ライダー 
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          「私は単なる指揮者ではなく、解釈者である。」

          今年の1月、亡くなったジョルジュ・プレートルの言葉である。

          形式的な演奏にとどまらず、独自の解釈による演奏には評価が分かれるところもある。

          だが、私にとって好きな指揮者の一人である。

          そのプレートルの「新世界」を聴いている。

          シュトウトットガルト放送交響楽団による1996年のライブである。

          同じプレートルの有名な演奏にパリ管弦楽団によるスタジ録音盤もあるが、また趣が違っていて楽しい。

          やはり、この演奏でもプレートルの面目躍如である。

          特に第4楽章。

          頻繁に動かされるテンポ。ドライブするオーケストラ。緊張と弛緩が連続しておとずれ、聞き手を感動の坩堝へと追い込んでいく。

          全体を通してみても、そのスピード感に圧倒される。

          ドヴォルザークのチェコの土着性など微塵も感じない稀有な演奏である。

          スタイリッシュという点ではカラヤンのベルリンフィルの演奏が大好きなのであるが、このプレートル指揮による演奏も魅力がある。

          それから、CDジャケットのプレートルのたたずまいがかっこいいのである。

          ジャケットの指揮者の姿でかっこいいと感じたのはクレンペラー以来である。

          カップリングのマーラーの交響詩「葬礼」もドラマ性を感じさせる見事な演奏である。

          | comments(0) | trackbacks(0) |
          pagetop
          シューベルト弾き 田部京子のピアノ
          音楽 / カーソン・ライダー 
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            前回のブログの続編である。

            シューベルトの「白鳥の歌」であり、そのメロディの静謐さを湛えた美しさはシューベルトの楽曲において最高峰ともいわれているピアノソナタ21番を早速聴いた。

            日本の誇るピアニストの一人である田部京子の演奏である。

            録音は1993年。

            この演奏において、ニューヨーク・タイムスでも「新たなシューベルト弾きの誕生」と絶賛紹介された。

            なるほど、素晴らしい演奏である。

            第1楽章は楽曲の内面に隠れている美しさを引き出すようなタッチであり、第2楽章においてはさらにそれを深化させている。

            第3・4楽章においては一転、伸びやかでコミカルなかわいらしい表情も見せてくれる。

            その指さばきは見事である。

            今までは、自分にとってこの21番の決定版は、ベルマンの演奏であった。

            田部京子以上に、第1・2楽章はピアノのタッチを極力抑えた内省的な演奏である。

            それがもどかしいという人もいるであろうが、自分の描くシューベルトの音像には一番しっくりくるものであった。

            だが、今日聴いた田部京子の演奏はそれに負けずと劣らぬ名演である。

            楽章ごとのメリハリという点ではベルマンの演奏を数段上回っている。

            しかし、一番驚いたのはカップリングされている「3つのピアノ曲(即興曲 遺作)」である。

            まさに死の間際に書かれた作品である。

            シューベルトが自分の死を予測していたとは思えないが、その曲想は根底にメランコリックな仄暗さを湛えながら、時折見せる明るさや激しさ、ハッとするような転調や抑揚など、自由度の高い楽曲となっている。

            この曲でも田部京子の演奏は際立っており、その表現力に圧倒された。

            しばらくは聴いていたい名演である。

             

            | comments(0) | trackbacks(0) |
            pagetop
            シューベルト生誕220周年
            音楽 / カーソン・ライダー 
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              今年はシューベルトの生誕220周年である。

              今日の読売新聞に興味深い記事が載っていた。

              1980年にアジア人初のショパン・コンクールで優勝したダイ・タイ・ソン(ベトナム出身)さんの言葉である。

              「大切な何かを失った後、涙が乾ききって深い痛みだけが残るのに、心に平安を感じさせる。人生の痛みを訴える内向的な音楽だが、ベートーヴェンが人類愛を掲げて痛みと戦うのに対して、シューベルトに怒りはなく、自分の世界に籠って死を見つめる。」

               

              その言葉を象徴しているのが、以前にこのブログでも紹介したピアノソナタ21番である。

              仰ぎ見るべートーヴェンのピアノソナタの楽曲群を超え、シューベルト独自の世界観を見事に描き切った楽曲である。

              この曲の美しさはたとえようもないものである。

              それは悲しみと表裏一体の儚いものをいとおしむような美しさである。

               

              個人的に一番好きなのはベートーヴェンであるが、一番美しい楽曲はシューベルトの創造したものであると思う。

              今日は、久々にピアノソナタ21番に心をゆだねたい。

              | comments(0) | trackbacks(0) |
              pagetop
              SPLIT COCONUT
              音楽 / カーソン・ライダー 
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                数日前、柳ジョージの音楽について書いた。

                その柳ジョージは和製クラプトンとよばれ親しまれてきたわけだが、実は、本人はクラプトンはあまり好きでなかったということを音楽雑誌で述べている。

                好きなのは「デイブ・メイスン」であると。

                デイブ・メイスンはスティーブ・ウィンウッドも在籍していたトラフィックのギタリストであった。

                1970年代にどちらかといえば実験的なサウンドで人気を博したバンドあること知ってはいるが、じっくり聴いたことのないバンドである。スティーブ・ウィンウッドといえば、クラプトンと結成した「ブラインド・フェイス」が有名であり、そちらの方は聴いたことがある。

                柳ジョージつながりで、初めてデイブ・メイスンのアルバムを聴いてみた。

                1975年に発表したソロアルバム「SPLIT COCONUT」である。

                レイドバックしきったともいえるサウンドが耳に心地よい。

                無駄に力んだところがなく、ブルースを基調とするギターの音色はすうっと体に入ってくる感じである。

                ボーカルも歌心を感じさせる味わいで、柳ジョージと相通じる所もある。

                バディ・ホリーのカバー曲である「Crying,Waiting,Hoping」。

                「Give Me a Reason Why」「Long Lost Friend」。お気に入りのサウンドである。

                夕暮れの空が紫色に移ろう頃に最適な音楽である。

                | comments(0) | trackbacks(0) |
                pagetop
                切なさに心締め付けられる・・・柳ジョージの名曲
                音楽 / カーソン・ライダー 
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  吉田拓郎と並び、我が青春の曲の中に柳ジョージの楽曲がある。

                  大学時代、大好きな女性がいたが、みごとに片思いをしていた。

                  そんなときに聞いていたのが「星空のサザンクロス」。

                  そんなことをふと思い出し、さっきI TUNESで衝動的に数曲をダウンロードしてしまった。

                  いま、傍らでかかっているのは「ムーンライト・アップ・ザ・ナイト」、武道館完全版versionである。

                  実にいい。自然と体が動くというかスイングする感覚。

                  柳ジョージならではのノリである。

                  日本人の琴線に触れるメロディ。それはどこかで「演歌」に似ているかもしれない。

                  心に馴染むのである。

                  詩も小難しさは一切なく、ストレートに届く。それがいい。

                  こういうアーチストが稀有になってしまった。

                  似たような曲調、バンドスタイル。金太郎飴的な歌詞。

                  作家の村上龍も語っていたが、極論をいえば、日本のポップスは瀕死に喘いでいる状態である。

                  たとえば、いま大人気の星野源の何がいいのかさっぱり理解できない。

                  歌詞の力ひとつとっても竹原ピストルの足元にも及ばない。

                  メロデイラインは個人の趣向があるだろうが、歌詞は決定的だろう。

                  話を戻そう。柳ジョージだ。筋金入りのブルースを聴かせてくれるアーチスト。

                  アルバム「VACANCY」収録の、ポップスの王道ともいえる「悲しき街角」のこのブルージーさは何だ。

                  実に秀逸である!

                  スローテンポの中にも、歌心満載の楽曲に仕上がっている。痺れる。

                  同じく「遥かなる夢」。切なさにぐっと心がしめつけられる。時よ止まれ。

                   

                  | comments(0) | trackbacks(0) |
                  pagetop
                  いぶし銀 DEEP PURPLEの新譜「inFinite」 
                  音楽 / カーソン・ライダー 
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    記念すべき1200件目の記事はDEEP PURPLEの20作目の新譜「inFinite」についてである。

                    個人的にはリッチー・ブラックモアの弾かないDEEP PURPLEに存在の意味はないと思い、当然リッチー不在のアルバムは買わなかったのであるが、今回初めてその禁を破った。

                    昨年、御大ジョン・ロードも死去し、その影は完全に薄くなっていたはずである。

                    だが、今回のアルバムには心惹かれるものがあった。

                    70年代回帰とも巷で言われているように、今のリスナーには古臭いハードロックにしか聞こえない楽曲が、実に心地よく耳に届く。

                    特に、ドン・エイリーのオルガンやキーボードの響きはこれぞハードロック全盛期のその音を醸し出している。

                    スピードナンバーがないのが不満ではあるが、イアン・ギランのタメを生かした余裕すら感じる歌い回しにも思わずニンマリしてしまう。

                    スティーブ・モーズのギターもいい。

                    どちらかというとフュージョン寄りの硬質な音色というイメージが今までは強かったが、ミドルテンポの楽曲では実に情感豊かなフレーズで聞き手を引き込んでくれる。

                     

                    「Time for Bedlam」「All I Got Is You」がお気に入りである。

                     

                    忘れてならないのがカバーアートの秀逸さである。カバーアートだけでジャケ買いしたくなるアルバムである。

                    これがオリジナル最後のアルバムともいわれている。しみじみ味わいたいアルバムである。

                    いぶし銀の光を放つ名作が誕生した。

                     

                     

                     

                    | comments(0) | trackbacks(0) |
                    pagetop
                    雨の日と月曜日は・・・
                    音楽 / カーソン・ライダー 
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      月曜日が嫌いだ。それに加え、夕方から本降りになり、これから明け方にかけて風雨が強まるという天気予報である。

                      そんな憂鬱な気分を一掃するためには音楽の力が必要だ。

                      腹にずしりと響く音楽だ。

                      そこで、いま聴いているのが確か以前にも紹介したことのあるバーンスタインの指揮するショスタコーヴィチの交響曲5番とプロコフィエフの交響曲1番「古典交響曲」である。

                      相性抜群のニューヨーク・フィルを率いての1959年の演奏である。

                      ショスタコーヴィチの5番と言えば、何といってもムラヴィンスキーのレニングラード・フィルの演奏が秀逸であるが、この1959年のバーンスタインの指揮は異彩を放っている。特に4楽章の速さは他に追随する演奏がない。通常、11分から12分前後の演奏なのであるがなんと9分足らずである。

                      確かに自筆譜が失われており、解釈が指揮者にゆだねられているとは言え、ものすごい速さである。

                      重戦車が突き進むかのような勢いが感じられる。

                      トータルでいえば、最高峰はムラヴィンスキーなのであろうが、このバーンスタインの演奏も時々無性に聴きたくなる。

                      クラシック音楽に造詣の深い、私の知人は「ロック」だと語っていたが、頷ける演奏である。

                      最後のティンパニ、バスドラの強打を最後の合図とするオーケストラの強奏はある意味カタルシスである。

                      また、カップリングの「古典交響曲」もいい。

                      4楽章合わせて15分足らずの構成であるが、意表をつくリズムがあったり、常に新鮮な躍動に満ちていたりと古典と名付けられているが実に溌剌とした楽曲である。

                      繰り返し聴いているが、憂鬱な気分が少しずつ晴れてきた。

                      クラシックのもつ力である。

                      | comments(0) | trackbacks(0) |
                      pagetop
                      << | 2/16 | >>

                      08
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      31
                      --
                      >>
                      <<
                      --