LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

心打ち震える100分 「ハイリゲンシュタット」後の2大曲コンサート
音楽 / カーソン・ライダー 
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    昨日、横浜 みなとみらい大ホールにコンサートに行った。

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会 みなとみらいシリーズ第340回であった。

    テーマはズバリ ベートーヴェン。しかも「ハイリゲンシュタットの遺書」後の傑作2作品である「ピアノ協奏曲第3番」交響曲の概念そのものを変えたといわれている「交響曲第3番=エロイカ」に加えて、本邦初お披露目となるシチェドリンの「ベートーヴェンのハイリゲンシュタットの遺書―管弦楽のための交響的断章」というファン垂涎のプログラムであった。

     

    どれもみな素晴らしい演奏であった。個人的にはやはりエロイカに尽きる。

    古典派の交響曲で最長のものでもモーツァルトのジュピターの35分程度である。それを10分以上超えの当時の破格の巨大交響曲であった。特に、第1楽章の大きさはその繰り返しも含め、ハイドンやモーツァルトを越えていこうというベートーヴェンの熱い思いがひしひしと伝わってくる。

     

    以前にも記したが、聴力を失うという音楽家としての絶望的な状況下にあって、死後160年経ってなお色褪せることなく、異国の地に住む人間の心をとらえて離さない音楽を創造したベートーヴェンという人間のもつ力に、ただただ恐れ入るばかりだ。

    しかもその音楽には揺るぎない力があり、生きるエネルギーに満ちているのだ。

     

    もし自分がベートーヴェンの音楽にめぐりあっていなかったら、命を絶っていたかもしれない・・・。

    そんな絶望的な状況をかかえての出合いであったことも不思議な縁である。

    心打ち震える感動の100分であった。

    指揮者の高関健氏によるコンサート前のプレトークもなかなか興味深かった。

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    来日10周年記念公演 チェコフィルハーモニーゾリステン
    音楽 / カーソン・ライダー 
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      先日、クラシックコンサートに出かけた。

      場所は横浜みなとみらい小ホールである。

      来日10周年記念公演! チェコフィルハーモニーゾリステン&ピアノである。

      チェコフィルはお気に入りのひとつのオーケストラであるが、その中の弦楽の名手たち、やはり流石とうならされる音色を響かせてくれた。

      名だたる賞を受賞していることが本物であることを証明してくれる圧巻の演奏であった。

      特に第一バイオリンの音の柔らかさに圧倒された。

      モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも短調として有名な20番も、主役のピアノの演奏はいいとは言えなかった。

      ここぞという場面でのミスタッチもあり、音がキンキンと響くのもこの曲のよさを減じていると感じた。

      一方で、弦楽の響きに心奪われた。

      シューマンのピアノ5重奏曲も同様である。

      みなとみらいの小ホールは初めての音体験であったが、音響のよさは抜群であった。

      現実のストレスをひととき忘れる異次元への小トリップを堪能することができた。

      | comments(0) | trackbacks(0) |
      pagetop
      J POPのつまらなさ 楽曲の質の低下を憂う
      音楽 / カーソン・ライダー 
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        日脚の伸びを実感する毎日である。

        やはり太陽の光はいい。気持ちが明るく、前向きになる。

        そんな日にはPOPSが似合う。洋楽は充実しているように思える。

        チャーリー・プースやショーン・メンデスの新作は今までの作品を越え、一段と成長した音が聴かれる。

        一方でJ POPはどうだろう?

        あくまで個人的な意見であるが、最近のバンドの音がどうも金太郎飴のようで、ボーカルスタイルも似たり寄ったり、楽曲も大差はない印象を受ける。強烈に心にフックするような曲は皆無である。

        世界的にメタル離れが加速しているというが、よほどメタルバンドの楽曲の方がドラマティックであったり、メロディアスであったり充実している。

         

        J POPでは竹原ピストルくらいしか聴いていない。つまらないからだ。

        まず大声でシャウトしようと思わせてくれない楽曲をいくら垂れ流したところで、カタルシスは訪れない。

        音楽は純粋に音を楽しむものであるが、日本の楽曲の質が低下しているのは紛れもない事実であろう。

        だから、今人気のJ POPバンドには総じて見切りをつけている。

        音楽そのものをファッションとしか考えていないようなバンドが雨後の筍のように噴き出していて飽和している。

         

        唯一、大好きなクロマニヨンズも最近はその曲に力がない。

        残念至極である。

        | comments(0) | trackbacks(0) |
        pagetop
        90歳ブロムシュテット 渾身の傑作 ベートーヴェン交響曲全集
        音楽 / カーソン・ライダー 
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          正しい休日を過ごしている。勿論、自分にとっての「正しい」である。

          ひたすら読書三昧に加えてクラシック音楽を聴いている。

          やはり、ベートーヴェンが一番である。交響曲5番、6番である。

          クラシックのCDが在庫切れというのもあまり聞かない話である。

          まして、店頭にないだけでなくネットで調べてもそうなのだから、正直たまげた。

          御年90歳になる我が敬愛するヘルベルト・ブロムシュテット指揮によるベートーヴェン交響曲全集である。

          確か昨年の日本のクラシックアカデミー(交響曲部門)大賞に選出された作品である。

          3か月間、待ち続けてやっと手元に届いた。

          早速聴いているのだが、素晴らしい内容である。

           

          ブロムシュテットの信念は、ベートーヴェンのメトロノーム表示を常に厳正に受け止めるべきだということだ。

          しかし、機械的にものに陥らないように、テンポの柔軟性と微細な変化に注意していると語っている。

          昔から、ベートーヴェンのメトロノーム表示では演奏不可という認識が共有されていた。

          しかし、それは言い訳にすぎないと彼はとらえている。

          「すべては演奏可能です。ほとんど演奏不可能と思える部分でも、それは作曲家がそう意図したものなのです。ここでもテンポは、音楽の曲風を左右します。これ以上、速めると技術的に無理という限界にきた時にこそ、独自の表情が生まれてくるからです。すべてが易々と演奏できるなら、猛り狂う嵐のような性格を音楽から表現できないことになります。」

           

          徹頭徹尾、スコアにこだわり、作曲者ベートーヴェンの思いに近づこうというあくなき精神が、この新録音の交響曲全集を強靭なものにしている。とにかく素晴らしいの一言に尽きる。

          以前にも記したが、初めてベートーヴェン交響曲全集を聴いたのがブロムシュテットであった。ドレスデン・シュターツカペレであった。この演奏も素晴らしく、私をクラシックの大会へといざなってくれた名盤である。

          そして、今回のライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏。

          私の中での屈指の作品である。3か月待った甲斐があった。ただただ嬉しい。

          | comments(0) | trackbacks(0) |
          pagetop
          久しぶりに自作のコンピレーションアルバム
          音楽 / カーソン・ライダー 
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            最近、洋楽のPOPSが興味深い。

            日本ではメジャーデビューを果たしてはいないが注目に値するアーチストが多い。

            JP COOPERもそのひとりであろう。

            先日、早速輸入盤を取り寄せた。

            サム・スミスのように圧倒的な歌唱力があるわけではないのだが、その楽曲には力があり魅力的である。

            特にシングルカットもされた「September Song」「Closer」に痺れている。

             

            My love was strong as a lion

            Soft as the cotton you lie in・・・

             

            今日は、久しぶりにお気に入りのPOPSを集めて、自作のコンピレーションアルバムを作っていた。

            サム・スミスやJP COOPERは必然的に収録曲が増えてしまう。

            18曲入りのスペシャルなアルバムが出来た。

            誰かにプレゼントしたい。

            そんな思いが心を占める。春の力か。

             

            | comments(0) | trackbacks(0) |
            pagetop
            TIGER TEETH
            音楽 / カーソン・ライダー 
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              最近は珍しくクラシックを聴いていない。

              もっぱら洋楽のPOPSばかりである。

              気に入ったアーチストも見つけた。WALK THE MOONである。

              シンセを生かしたエレクトリックポップであるが、何よりも楽曲に力があるのだ。

              たとえば「TIGER TEETH」

               

              降参しろ 降参しろよ

              君を取り戻したいんだ

              ひとつの心

              食い尽くすには多すぎる

              あまりに深いキスマーク

              だって僕たちは虎の牙をもっているから

               

              一歩近づいてくれさえすれば

              そのドレスのジッパーに手が届くのに

              僕たちは水の上に身を乗り出し 息をこらしているんだ

               

              またしても二人の心の中に虎

               

              好きなのに、逢えば傷つけあってしまうことはよくある。

              実は最近も・・・だからこそ心に強く響くのだろう。

              | comments(0) | trackbacks(0) |
              pagetop
              交響曲の4月 「運命」を聴く
              音楽 / カーソン・ライダー 
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                いよいよ明日から4月。新年度のスタートである。

                音楽でいえば、交響曲の4月である。

                昨日はお世話になった先輩の還暦の祝いで久しぶりにしたたか飲んだ。

                今日は二日酔いの頭と体で終始ごろごろしていたのであるが、べートーヴェンの交響曲を聴いていた。

                第5番「運命」と第6番「田園」である。

                特に「運命」はやはり3月の終わりから4月にかけて最もふさわしい音楽であると信じている。

                年齢を重ねれば、好きな楽章も変わるのがクラシックの魅力でもある。

                「運命」でいえば、今自分が好きなのは第2楽章である。

                静かな足取りのような音楽である。

                 

                「運命」といえば、新譜が発売された。

                あのバーンスタインも指揮したニューヨークフィルの音楽監督に先ごろ就任したヤープ・ヴァン・ズヴェーデンの指揮である。

                タワレコでちょっとだけ試聴してみたのだが、現代的な解釈も加わった素晴らしい演奏であった。

                日本に来日したことはない指揮者であるが、かつてロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団でコンサートマスターとして活躍し、指揮者に転じた実力者である。

                楽しみな「運命」がまたひとつできた。

                | comments(0) | trackbacks(0) |
                pagetop
                FIRE POWER
                音楽 / カーソン・ライダー 
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  久々にヘビーメタルの新譜を買いもとめた。

                  ジューダス・プリーストである。

                  言わずと知れたメタル・ゴッドである。

                  「FIRE POWER」。

                  ジューダス・プリーストで一番好きなアルバムは「ブリティッシュ・スティール」である。

                  剃刀のごときリフが横溢するアルバムである。

                  様式美からの大きなる飛躍を遂げたアルバムでもあり、今回、タイトル曲や2曲目の「LIGHTNING STRIKE」を聴いているとそのアルバムを彷彿させてくれるようでファンとしては非常に嬉しい。

                  フロントマン ロブ・ハルフォードのボーカルは高音域ではやや苦しさを感じるものの、低中音域では「この年齢でこの声か」という驚きさえ感じさせてくれる表現力である。

                  グレン・ティプトンの病気(パーキンソン病)で実質ジューダス最後のアルバムともいわれている。

                  しかし、この質の高いアルバムを手に取ることができたことを素直に喜びたい。

                  ジューダス・プリーストは不滅である。

                  | comments(0) | trackbacks(0) |
                  pagetop
                  ディアベッリの主題による33の変奏曲
                  音楽 / カーソン・ライダー 
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    最近の音楽傾向として、出勤時や昼間に聴く音楽と帰宅して家で聴く音楽とは極端なほど対比的である。

                    ブルータルなデス声にメロディックな響きをプラスしたファイブ・フィンガー・デス・パンチのヘビメタサウンドで頭を覚醒させ、夜はひたすらクラシックに身をゆだねている。

                    クラシックでは、ベートーヴェン「ディアベッリの主題による33の変奏曲」を特によく聴いている。

                    変奏曲の規範的なルールを破り、性格変奏ともいえるその音楽は、ある意味、聴覚を失い内省的かつ瞑想的な気分に陥っていたであろうベートーヴェンの凄まじいばかりの独白表現とも言い換えてもいい。

                    そもそも、初めにディアベリ自身に作曲を依頼されたときは、あまりにも陳腐なその曲を拒絶していたのである。

                    ところが、よほど困窮していたのだろうか。いざ仕事を始めてみれば適当に茶を濁してというような安易な作品ではないどころか、まさに超絶ともいえる大作に仕上げたのである。

                    しかも、その音はまるで予定調和を排したかのような時に獣の咆哮ともいえる、剥き出しの音ともいうべき迫力に満ちている。

                    いま聴いているのは鍵盤の師子王といわれた20世紀最大のピアニストのひとりヴィルヘルム・バックハウス 1954年の録音である。

                    聴き手に一切媚びることのない、妥協なきピアノの音の響きを堪能している。

                     

                    | comments(0) | trackbacks(0) |
                    pagetop
                    気分はブラームス セレナードを聴く
                    音楽 / カーソン・ライダー 
                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                      気分はブラームス。

                      翳りを帯びながらも静かにそして奥深く心に響く音を欲している。

                      いまさっきまでFMのPOP チャートカウントダウンを聴いていたのだが、軒並み聴いたことのあるような、また一聴して区別のつきにくいダンスチューンが多い。つまりアーチスト個としての存在感をあまり感じないのである。

                      個性的でいいと思うのは圧倒的な歌唱力をもつサム・スミスくらいである。

                       

                      そこへいくとやはりクラシックの巨人たちの音楽は色褪せない。

                      バーンスタイン若かりし頃のブラームスの交響曲第1番とセレナード第2番である。

                      交響曲第1番に関しては以前にもこのブログ上でその魅力については記したし、数多のCDの中でも傑出して多い一枚である。

                      しかし、ここにきて魅力を再確認したのはセレナードの方である。

                      昨日、横浜のタワーレコードに行ったのだが、セレナードは皆無の状態である。

                      傑作交響曲を書き表す前の習作的な意味合いが強いことは確かであるが、決して聞き劣りのするものではない。

                      第1番などは、その牧歌的な音の色調はブラームスの意外な面を知るに足る側面をもっているし、第2番はバイオリンがなく、ヴィオラが合奏を牽引していく役目を担っている。それが木管楽器を前面に引き出す役目を果たしており、非常に柔らかく温かみを感じさせている。

                       

                      今まで、気づかなかったブラームスのよさに触れることができた喜びを味わっている。

                      | comments(0) | trackbacks(0) |
                      pagetop
                      | 1/17 | >>

                      06
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --