イノセント・マン POPS 魔法の宝箱 

2015.02.07 Saturday 13:46
0
    JUGEMテーマ:音楽
    実に久しぶりにビリー ジョエル「イノセント・マン」を聴いている。
    リアルタイムで聴いたのは大学4回生の時である。1983年である。
    4回生でありながら、無謀にも大学祭に参加し、模擬店で大盛り上がりをした。
    最終日の打ち上げ。大学構内のメインストリートに鳴り響いていたのは「アップタウン・ガール」であった。
    学部も店も関係なく、片づけをしながら誰彼関係なく「アップタウン・ガール・・・♪」と口ずさんでいたのが今でも心に強く残っている。
    月日は流れて30有余年。
    ビリー・ジョエルのポップセンスは色あせることなく輝いている。
    アメリカンポップスの最高にかっこいいエッセンスをちりばめた魔法の宝箱のようなアルバムである。

    特に好きなのは「ロンゲスト・タイム」である。詩がいい。
     
    これから先 僕らがどうなるか誰も知らない
    きみがいなくなって後悔するかもしれない
    でも このチャンスに賭けてみたい
    ロマンスがこれほど素敵だなんて忘れていた
    ずっと長い間 僕にはなかったことだもの


    実にストレート。だから胸に届く。

    スポンサーサイト

    2017.06.26 Monday 13:46
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM