<< 情念のピアニズム | main | キングの凄味 夜がはじまるとき >>

「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ

0
    JUGEMテーマ:読書
    先日、2013年の本屋大賞を受賞し、いま最も注目を集めている作家 百田尚樹の異色の作品ともいわれる「幸福な生活」(祥伝社)を一気読みした。

    実におもしろかった。

    最後に一行でやられる作品群である。
    カウンターパンチのような落ち。
    剃刀のごとくの切れ味。見事である。

    長編だけでなくこうしたショートショートでも筆力をいかんなく発揮している。

    おそるべき作家である。 

    個人的には一番意表を突かれたが「豹変」。
    背筋が凍ったのが「残りもの」「ビデオレター」。

    そして、あっけにとられたのが表題の「幸福な生活」。

    日々当たり前だと感じていることが、実は本当はこんなにも恐ろしいものかもしれないということを嫌がおうにも突き付けてくる。

    題材が身近なだけに、怖さが直接的に突き刺さってくる。

    読んだら嵌る一冊である。

    コメント
    こんにちは。同じ本の感想記事を
    トラックバックさせていただきました。
    この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    「幸福な生活」百田尚樹
    収録内容・母の記憶/夜の訪問者/そっくりさん/おとなしい妻/残りもの/ 豹変/生命保険/痴漢/ブス談義/再会/償い/ビデオレター/ママの魅力/ 淑女協定/深夜の乗客/隠れた殺人/催眠術/幸福な生...
    • 粋な提案
    • 2013/05/14 11:44 PM
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM