LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

気になる記事−週刊アジアより−
国際問題 / カーソン・ライダー 
0
    朝日新聞の6面。週刊アジアの中で、気になる見出しを見つけました。
    「学校あきらめ違法労働」
    タイとインドでの13歳〜15歳までの子どもたちの違法労働の実態が記されていました。その中でも、最も心に痛かったのは、虐待を受けても抗議できずと小見出しのついたインドの少年のケース。
    ニューデリー南部の屋台食堂で働いている、13歳のラジェシュ君は東部にあるジャルカンド村から知り合いのおじさんに連れられて来られたケース。
    毎日、正午から午後5時。そして、午後8時から夜中の0時過ぎまで働かされる。しかし、月給の2900円は「大きくなるまで預かる」と言われ支払われてはいない。
    当然のことながら、家計を支えるためで、小学5年生のときから学校へは行ってない。だかた、搾取も同然の不当な労働条件にもかかわらず、抗議する知恵がないため、雇い主には好都合という、子どもにとっては悲惨な悪循環を生んでいるのです。
    果たして、こういう事実を日本の子どもたちに伝えたときに、どんな反応を示すのでしょうか。「日本でよかった。インドはひどい。」で終わるのでしょうか。
    他者への想像力。日本の子どもたちに一番つけなければならない力は、私個人としてはこの力ではないかと考えています。
    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    << ドタバタ誘拐の顛末は? | main | 一気読み・興味津々ルポ 「封印作品の謎」 >>
    スポンサーサイト
    - / スポンサードリンク
    0
      | - | - |
      pagetop









      url: http://grantgreen.jugem.jp/trackback/77

      11
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      --
      >>
      <<
      --