<< PK 伊坂幸太郎の真骨頂 | main | 権威は必ずしも賢ならず >>

脱原発 意思を訴え続ける勇気を!

0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    「脱原発」を訴える大規模な市民集会が16日午後、東京・代々木公園で開かれた。ノーベル賞作家の大江健三郎さん(77)らが呼びかけた署名運動「さようなら原発1000万人アクション」の一環。約17万人(主催者発表)が集まり、原発の再稼働に踏み切った野田政権に方針撤回を迫った。

    「たかが電気のためになんで命を危険にさらさないといけないのでしょうか。子どもを守りましょう。日本の国土を守りましょう」。集会は午後1時、呼びかけ人の一人、音楽家の坂本龍一さん(60)のあいさつで始まった。

    続いて壇上に立った大江さんは、6月15日に約750万人分の署名の一部を野田佳彦首相あてに提出した翌日に野田政権が関西電力大飯原発の再稼働を決めた経緯に触れ「私らは侮辱の中に生きている。政府のもくろみを打ち倒さなければならないし、それは確実に打ち倒しうる。原発の恐怖と侮辱の外に出て自由に生きることを皆さんを前にして心から信じる。しっかりやり続けましょう」と訴えた。

    「冥土のみやげに皆さんの集まった姿を見たかった」。こう切り出したのは作家の瀬戸内寂聴さん(90)。「政府への言い分があれば、口に出していいし、体に表していい。たとえ空しいと思う時があっても、それにめげないで頑張っていきましょう」

    会場では音楽ライブやトークショーも開催。参加者は午後2時に集会が終わった後、のぼりやプラカードを手に、渋谷など繁華街を「再稼働反対」と声を上げながらデモ行進した。

    集会は、原水爆禁止国民会議(原水禁)が中心となって開催。参加者数は担当者が分担して会場入り口の約10カ所で目測で数えて合計したという。昨年9月に東京・明治公園で開催した集会には6万人ほどが集まったが、今回はその規模を上回り、東京電力福島第一原発事故に関連した集会では最大規模としている。警視庁は公式発表していないが、関係者によると、把握した参加者数は約7万5千人だったという。

    自分もこのデモに参加したいという気持ちがあった。しかし、仕事もあり、出かけることはできなかった。
    うだるような暑さの中、代々木公園に集まった75000人の思いが首相官邸に届くとは思えないが、瀬戸内寂聴さんのように反対だという意思表示をし続けることが大切であると思う。

    だから、自分はこのブログで発信し続ける。
    アーティストが立ち上がることにも意味がある。
    復興支援コンサートは行われるが、政府の方針に反対するコンサートはなかなかこの国ではない。
    アメリカにはニールヤングやライクーダーが強烈なアジテーションでブッシュ政権を批判し、戦争に対してNOといい続けてきている。
    坂本龍一の行動は意義がある。
    生きていれば忌野清志郎が生ギター一本で「サマータイムブルース」をまっさきに歌っていることだろう。

    未来のエネルギーを語る公聴会では東北電力の幹部が紛れ込むという悪意に近いやらせが昨日行われた。悪意に毅然と立ち向かおうではないか。
    さきほど紹介した伊坂幸太郎のPKの言葉をもう一度。
    「勇気は伝染する。」


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM