スポットライト(BOOK SIDE STORY2019)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、気持ちを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 五輪サッカー壮行試合 守護神 権田の思い | TOP | 脱原発 意思を訴え続ける勇気を! >>

2012.07.16 Monday

PK 伊坂幸太郎の真骨頂

0
    JUGEMテーマ:読書
    久々に単行本を買った。
    今年、発表された伊坂幸太郎「PK」である。
    3つの中編で構成されている。

    伊坂幸太郎は期待を裏切らない。
    面白い。

    ラッシュライフ的な3つの中編が互いに相関しながらまるで、ひとつの長編小説をよんでいるような気分になる。
    ストーリーテーリングという点では、現在我が国では抜きんでた存在の作家ではないかと思う。

    情緒に流されず、冗漫にならず、ぐいぐいと小説の中に引きこんでいく。
    しかし、決して無機質ではない。

    テーマは「臆病は伝染する。そして、勇気も伝染する。」

    これだ。

    最近は事実は小説より奇なりということで、新聞記事に焦点をあてたブログばかり書いてきた。

    しかし、こういう作品を読むとやはり読書の魅力にはあらがえないと痛感する。
    天才 伊坂幸太郎の真骨頂を多くの読者に堪能してほしい。 

    読後感は実にすがすがしい。

    コメント

    トラックバックさせていただきました。
    トラックバックお待ちしていますね。
    2013/07/05 3:10 PM by 藍色

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/768

    トラックバック

    「PK」伊坂幸太郎
    その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂幸太郎が見ている未来とは。中篇「PK」「超人」「密使」からなる未来三部作。 「PK」「超人」「...
    (粋な提案 2013/07/05 3:09 PM)

    ▲top