LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

野田首相の国民の生命を愚弄した発言
記事 / カーソン・ライダー 
0
    JUGEMテーマ:ニュース
    野田佳彦首相は八日、官邸で記者会見し、関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)に関し「再稼働すべきだというのが私の判断だ」と表明した。東京電力福島第一原発事故の原因究明が途上にもかかわらず、首相は夏の電力確保や原発の継続性を重視。福井県の理解を得る前に最終決断の意思を示す必要があると判断した。国民に広がる安全への不安を解消できないまま、政府は再稼働に突き進み、来週にも最終決定する。 

    首相は再稼働の必要性を「原発を止めたままでは日本の社会は立ちゆかない」と強調。「(関電管内が)計画停電になれば、命の危険にさらされる人、働く場がなくなってしまう人も出る。国民生活を守る。私がよって立つ唯一絶対の判断の基軸だ」と述べた。

    再稼働した場合の安全面では、専門家による議論を重ねたと説明し「福島を襲ったような地震、津波が起きても事故を防止できる」と断言した。

    周辺自治体が求める夏場限定の再稼働にとどめる可能性は「夏限定では国民の生活を守れない」と否定した。

    大飯原発以外の再稼働方針は「個別に安全性を判断していく」と述べるにとどめた。

    東京電力福島第一原発事故を受けた緊急安全対策により、重大事故は起きないはずだから、「念のため」の対策はとりあえずなくても大丈夫−。

    政府が強調する大飯原発の安全性とは、この程度のものだ。崩れた「安全神話」への逆戻りそのものだ

    開いた口がふさがらない。
    読売は主筆がナベツネなので、首相の決断を最大評価していたのはわかるが、国民の命と雇用を死守の小見出しには思わず吹き出してしまった。
    国民の命を第一に考えるなら、どう考えても再稼働はしないという決断であろう。
    新潟県の泉田知事の「国民の命を人質にした許しがたい発言」という考え方のほうがまともなのだ。
    直下型地震に対しては、フクシマのような事故はおきえないというそう断言する根拠を示してほしい。
    またぞろ、それで事故が起きれば「想定外」という言葉を隠れ蓑にする考えがみえみえである。

    アサドのような狂った暴君は最悪だが、野田のような人間を首相に選出しなければならない国も哀しい。選挙に影響するから反対という民主党の姑息な議員にも腹が立つ。

    勢いのあった大阪の橋下市長の再稼働容認発言にも、がっかりしてしまった。
    電力不足への懸念というが、電力不足などおきない。
    原発の安全確認を適当にやるくらいなら、大節電をやろうではないか。
    まあ、そんな必要すらないことは、良識ある専門家の指摘通りである。
    原子力ムラに依存する魑魅魍魎どもを、特にその中でも国会議員は次の選挙で根こそぎ、ただの人にしてやろう。高い税金から給料をえておきながら、いい加減な仕事しかできない。

    お前らの給料を大幅カットして雇用に回してくれと言いたい。

    野田首相。泥鰌なら泥の中でおとなしく眠っていなさい。
    地面にのこのこ顔を出して、国民を愚弄する発言をするくらいなら。
    どうせ、問題が起きれば、そしらぬ顔をして泥の中に隠れるのであろう。
     
    | comments(0) | trackbacks(1) |
    pagetop
    << 検察の驕り 冤罪を産む土壌 | main | ディズニーランドのそばに原発を >>
    スポンサーサイト
    - / スポンサードリンク
    0
      | - | - |
      pagetop









      url: http://grantgreen.jugem.jp/trackback/709
      1 :影の大門軍団φ ★:2012/06/09(土) 07:35:09.90 ID:???0 関西電力大飯原発の安全性に関する野田佳彦首相の説明について、東京電力柏崎刈羽原発を抱える新潟県の泉田裕彦知事は8日夜に談話を発表した。泉田...
      | 話題の2ちゃんねるニュース | 2012/06/09 4:01 PM |

      10
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      31
      --
      >>
      <<
      --