ジャック・フィニィ  余韻の残る多彩な短編作家

2010.01.18 Monday 11:01
0
    JUGEMテーマ:読書

    異色作家短編集シリーズの13であるジャック・フィニィ「レベル3」を一気に読みきりました。
    ミステリー度が深いとか奇想天外な発想という内容ではないのですが、読み終えた後で、そこはかとない余韻が残る短編が多い気がしました。
    また、取り上げているテーマとしては「時空間のずれ・歪み」を扱っているものが多く興味深かったです。

    あとがきの解説で、恩田 陸が興味深いことを述べています。
    「私のサスペンス感覚はフィニィに近いような気がする。怖さそのものよりも、怖さの一歩手前の不穏な空気感を描きたいのだ。」

    私の気に入った作品は「失踪人名簿」「ニュースの陰に」ですね。

    「雲のなかいにいるもの」「青春を少々」は恋愛小説としても楽しめるのではないかと個人的に思いました。勿論、登場人物の男女が出逢いにいたるまでの過程には、ハラハラするのですが・・・。
    結末がハッピーなのもいいです。

    「第二のチャンス」はバック・トゥー・ザ・フゥーチャーをどこか彷彿とさせるものがあります。
    多彩な短編作家という印象を強くもちました。
     

    スポンサーサイト

    2017.06.26 Monday 11:01
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      終の住処磯崎 憲一郎新潮社 刊発売日 2009-07-24 作為的な魅力を買う ...
      • 得アマゾン探検隊
      • 2010/01/18 7:50 PM
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM