スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 直木賞受賞者  白石一文氏の言葉 | TOP | 見えてきたオバマの正体  正しい戦争って? >>

2010.01.18 Monday

ジャック・フィニィ  余韻の残る多彩な短編作家

0
    JUGEMテーマ:読書

    異色作家短編集シリーズの13であるジャック・フィニィ「レベル3」を一気に読みきりました。
    ミステリー度が深いとか奇想天外な発想という内容ではないのですが、読み終えた後で、そこはかとない余韻が残る短編が多い気がしました。
    また、取り上げているテーマとしては「時空間のずれ・歪み」を扱っているものが多く興味深かったです。

    あとがきの解説で、恩田 陸が興味深いことを述べています。
    「私のサスペンス感覚はフィニィに近いような気がする。怖さそのものよりも、怖さの一歩手前の不穏な空気感を描きたいのだ。」

    私の気に入った作品は「失踪人名簿」「ニュースの陰に」ですね。

    「雲のなかいにいるもの」「青春を少々」は恋愛小説としても楽しめるのではないかと個人的に思いました。勿論、登場人物の男女が出逢いにいたるまでの過程には、ハラハラするのですが・・・。
    結末がハッピーなのもいいです。

    「第二のチャンス」はバック・トゥー・ザ・フゥーチャーをどこか彷彿とさせるものがあります。
    多彩な短編作家という印象を強くもちました。
     

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/279

    トラックバック

    終の住処 |磯崎 憲一郎
    終の住処磯崎 憲一郎新潮社 刊発売日 2009-07-24 作為的な魅力を買う ...
    (得アマゾン探検隊 2010/01/18 7:50 PM)

    ▲top