どうした!?矢口敦子

2008.04.29 Tuesday 11:16
0
    「償い」を読んだ後の期待感が強かったためか、矢口敦子「証し」は正直自分は期待はずれという感が否めません。確かに、卵子提供者である「DNA上の母」である朝倉木綿子と「産みの母」である佐伯絹恵の心理戦のような縦軸を中心に、一家四人惨殺事件の真相に迫っていく過程は、緊迫感はあるものの、登場人物の背景や心情の記述が粗いために、読み終わった後でも、何となく釈然としないものが残りました。
    もともとのタイトルがVSということで、そのための謎解きのために書かれているような印象さえ受けてしまいました。
    丁寧に、あぶりだすように登場人物を描いていくことが大切なのではないか。その頂点が何度もこのブログ上でも書いてきましたが、個人的な見解としては松本清張であると思います。
    矢口さんの次の作品に期待したいと思います。

    スポンサーサイト

    2017.03.26 Sunday 11:16
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      証し 売買された卵子から生まれた、16歳の悲しき殺人鬼。 彼が求めた証しとは…!? 過去に金のために卵子を売った木綿子と、不妊に悩みその卵子を買った絹恵。 二人の「子供」である16歳の恵哉が、一家四人惨殺事件の嫌疑をかけられ自殺した時、彼女達は出会う。
      • らぶほん−本に埋もれて
      • 2008/05/06 7:16 AM
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM