スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2018年今年の一皿「鯖」に決定! | TOP | 明治の中学地理の教科書 九州の輪郭は? >>

2018.12.07 Friday

司馬作品の英訳から見えてくるもの

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    村上春樹の登場でアメリカにおいての日本文学の受容は一変したとアメリカで村上作品の展開を支えた編集者のE・ルーク氏は語る。

    また、翻訳者のJ・カーペンター氏は司馬遼太郎氏の英訳本がないことを嘆く日本の読者の要望に応えるために、手始めとして「坂の上の雲」を訳し、現在は「龍馬はゆく」に取り掛かっているということだ。

    これは「国際文芸フェスティバルTOKYO」の取組の中でのトークイベントでの話題である。

    「坂の上の雲」はさぞ訳すのに苦労したのではないかと思うのだが、どうなのだろう。

    カーペンター氏はこう語る。

    司馬作品の中に「余談だが」という作家の語りが多く出てくることに驚きを感じると。これはエッセーなのか?

    まあそれが司馬作品の特徴の一つであるのだが、アメリカではまずないらしい。

    また、方言にしてもその良さを生かしたいという思いから、そのまま英語に当てはめ、続けて英語の意味を載せるなど工夫しているということである。

    なるほど、日本の時代小説で坂本竜馬や西郷隆盛の言葉を標準語で表現すると魅力が半減するのと同じ理屈であろう。

    また、日本の作品には「悲しい」「寂しい」という言葉が多用されているという指摘もあった。

    それを繰り返して「sad」「lonely」と全て入れると重い感じになってしまうので適度に裁量を加えているということにも日本とアメリカ圏との文化の違いを見た気がした。

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1482

    トラックバック

    ▲top