スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 巨人軍の目に余る凋落 | TOP | 9年ぶりの鬱病を発症して・・・ >>

2018.10.07 Sunday

硬派弦楽アンサンブル「石田組」 圧巻のパフォーマンス

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    このブログは大げさに言えば、自分が何に心を揺さぶられたのかを書き記していく備忘録のようなものだ。

    昨日、今年9回目となるクラシックコンサートを聴きにみなとみないホールに行った。

    横浜みなとみらいホール開館20周年記念となる 硬派弦楽アンサンブル「石田組」の2年ぶりとなるコンサートであった。

    神奈川フィルのコンサートマスターを務める石田泰尚を中心とする男だけのアンサンブルである。

    強面の石田のヴァイオリンの音色は実に繊細である。しかし、骨太でもある。

    その他の弦楽器との掛け合いは緊張感の中にも瑞々しさをたたえている。

    エルガーの「弦楽セレナード」にはじまり、ブリテンの「シンプルシンフォニー」と絵画的な音が心に溶け込んでくる演奏にまず心奪われた。

    休憩をはさんでの後半は、ロックの大御所レインボー、ディープ・パープルの名曲である「スターゲイザー」「スピードキング」をまさにテクニカルに演奏する、リッチー・ブラックモア顔負けの演奏である。自然と、体がスイングしていくのである。

    そして、最後はピアソラの「革命家」。踊るためではなく聴くためのタンゴをと作曲したピアソラの情念がほとばしるこの曲も、スリリングに奏されて、一瞬もだれることのない素晴らしいコンサートであった。

    そして、実に三度に及ぶアンコール。

    中でも出色だったのが「津軽海峡雪景色」。

    演歌の代表曲も彼らの手にかかれば、見事な色合いを帯びた格調高い曲に生まれ変わる。

    間奏に海猫の鳴き声をヴァイオリンで表現した石田。

    曲によって服装を変えたりするなど、聞き手の心をくすぐるパフォーマーとしての力量にも圧倒された。

    9回のコンサートの中では、個人的には一番楽しめた内容であった。

    心行くまで音楽を堪能した2時間20分であった。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1438

    トラックバック

    ▲top