スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう | TOP | 圧巻のタクト アラン・ギルバート >>

2018.07.14 Saturday

快作!「家康、江戸を建てる」

0

    最近、特に注目している作家がいる。

    門井慶喜である。「銀河鉄道の父」で見事に直木賞を受賞した作家である。

    最新作である「新選組の料理人」についてはこのブログ上でも紹介したことがある。

    まず、題材への目の付け所がユニークであり、おもしろい。

    今日、読み終えた「家康、江戸を建てる」(祥伝社)にしてもそうである。

    1590年、秀吉から国替えを要求された家康。関八州240万石は名目とは違い、湿地だらけの場所であった。

    到底、人が暮らすにうえで好適とはいえない場所である。家臣団が猛反対をするなか、「関東に未来あり」と決断をし、類のない国家的プロジェクトに着手し、適材適所とばかりに人材を配し江戸のインフラ作りに取り組む家康。まさに快作である。

    描かれるのは、武をもって名高い将とは違い、名もなき職人たちのプライドや真摯な仕事にかける熱い思いである。

     

    特に興味深かったのは江戸城の天守を白無垢に染めた家康の着想とその問いをかけられた2代将軍秀忠のやりとりである。

    信長の安土城も秀吉の大阪城も天守閣の色は黒。

    黒とは土の色であり、死肉の貪る烏の群れの色であり、総じて戦争の色。

    白とは、平和の色。

    戦は終わったことを天下万民に知らしめる「平和宣言」。

    そう解釈する秀忠に「半分じゃな」と答える家康。

    ここら辺のやり取りは小説ゆえの面白みであろうが、なかなか説得力のある問答でもある。

    「白は生のみの色にあらず。死の色でもある。」

    「わしの今日あるのは、無数の死者のおかげなのじゃ。」

    70有余年の人生において、50年以上戦に身を投じ、人生は重荷を背負いて歩くが如しと遺した家康らしい、天守を白御影の墓石ととらえる言葉が胸に強く残る一冊である。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1417

    トラックバック

    ▲top