スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 心の洗濯、魂の浄化 | TOP | 軽い燃えつき症候群 心癒す音楽 >>

2018.06.24 Sunday

「クリーブランドは自分の楽器」

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    読売日本交響楽団の演奏の余韻が心に残り、そのままの気持ちで横浜のタワーレコードを訪れた。

    そして、なかば衝動的にドヴォルザークの交響曲を収めたアルバムを購入した。

    指揮はジョージ・セル、楽団は言わずとしれたクリーブランド管弦楽団である。

    「白鳥の歌」となった1970年盤が円熟の極致であるならば、このCDに収録されている1958年盤はまさに「クリーブランドは自分の楽器」と言わしめた、指揮者セルの思い通りという規律の中にも、一切の無駄な音が存在しない端正さ。芳醇な香り。まさにオーケストラ全体としての力をまざまざと見せつけた演奏となっている。

     

    コンサートマスターのダニエル・マジェスタがこう語っている。

    「一にも二にもリズムが最優先し、それにきれいで正確なイントネーションを求め、さらに自然で誰だ聴いても柔和なアンサンブルの精密さを加えて、自分なりに納得のいく音を完成していく」。

     

    指揮者と演奏者がこれだけ緊密な関係にあったのは彼以外ではムラヴィンスキーとレニングラード・フィル以外にない。

    今日もドヴォルザーク8番・9番をずっと聴いている・・・

    時折FM放送から流れてくるJ POPのあまりの陳腐さに苦笑せざるを得ない。

    不滅の演奏がここにある。

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1414

    トラックバック

    ▲top