スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 来日10周年記念公演 チェコフィルハーモニーゾリステン | TOP | 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 >>

2018.06.09 Saturday

熱狂のW杯 いよいよ始まる・・・

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

    いよいよ来週から4年に一度の世界の熱狂の祭典 ワールドカップ ロシア大会が始まる。

    初戦がポルトガルVSスペインというのもワクワク感を助長させている。

    日本も監督を解任させ、何とか勝利への打開策を模索しているがなかなか前途は暗い。

    だが、応援しよう。

    SNS上では批判ばかりだが、勝ちたいと一番強く願っているのは選手たちなのだ。

    最終親善試合のパラグアイ戦に向けて、しっかり選手間でコミュニケーションを図って試合に臨んでほしいと願うばかりだ。

     

    私は勿論日本を応援はするが、ワールドカップの愉しみ方はそれ以外にあると考えている。

    前回大会の屈辱をブラジルは果たせるのかということも気になるし、肝心なところで力を発揮しきれないイングランドが化けるのかどうか。優勝候補に挙がっていないが、優秀なタレントぞろいのベルギーに台風の目になってほしいなど興味は尽きない。

     

    しかし、本大会にイタリア、オランダが不在なのは残念である。

    それだけ、ヨーロッパでの国同士の差が僅少になっているということでもあろう。

    今までにも数々のドラマを生んできたワールドカップ。

    さあ、今大会ではどんなドラマが生まれるのか。

     

    個人的にイチ押しはベルギーだ。

    マンCのデブライユ、チェルシーのアザールの活躍に期待している。

    キックオフまであと数日・・・

     

     


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1408

    トラックバック

    ▲top