スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< J POPのつまらなさ 楽曲の質の低下を憂う | TOP | 熱狂のW杯 いよいよ始まる・・・ >>

2018.06.09 Saturday

来日10周年記念公演 チェコフィルハーモニーゾリステン

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    先日、クラシックコンサートに出かけた。

    場所は横浜みなとみらい小ホールである。

    来日10周年記念公演! チェコフィルハーモニーゾリステン&ピアノである。

    チェコフィルはお気に入りのひとつのオーケストラであるが、その中の弦楽の名手たち、やはり流石とうならされる音色を響かせてくれた。

    名だたる賞を受賞していることが本物であることを証明してくれる圧巻の演奏であった。

    特に第一バイオリンの音の柔らかさに圧倒された。

    モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも短調として有名な20番も、主役のピアノの演奏はいいとは言えなかった。

    ここぞという場面でのミスタッチもあり、音がキンキンと響くのもこの曲のよさを減じていると感じた。

    一方で、弦楽の響きに心奪われた。

    シューマンのピアノ5重奏曲も同様である。

    みなとみらいの小ホールは初めての音体験であったが、音響のよさは抜群であった。

    現実のストレスをひととき忘れる異次元への小トリップを堪能することができた。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1407

    トラックバック

    ▲top