スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< うなる面白さ! 平城京のごみ図鑑 | TOP | 6時27分の電車に乗って、僕は本を読む >>

2018.06.02 Saturday

福家警部補の考察

0

    ずっと読み浸っていた「山本周五郎」をはなれ、国内のミステリーを手に取った。

    大倉崇裕の倒叙ミステリーシリーズ最新刊「福家警部補の考察」である。

    倒叙ミステリーといえば、刑事コロンボが思い出される。

    原作及びテレビドラマが大好きで、DVDももっている。

    鉄壁とよばれるアリバイをどう崩していくのかが最大の読みどころである。

    4作品が収められている。

    読み易さは大倉崇裕の持ち味であろう。

    また主人公の一見すると警部補には見えない、寝ない女「福家」のキャラも立っている。

    個人的には、「東京駅発6時00分 のぞみ1号博多行き」が最後の謎解きのための仕掛けも含め一番楽しめた。

    気軽にミステリーを楽しみには適しているだろうが、謎解きの切れ味という面ではやや物足りなさも感じた。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1403

    トラックバック

    ▲top