LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

与之助の花 圧倒的なスピード感
読書 / カーソン・ライダー 
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    「モノ」で読み解く世界史は食べ物でいえばデザート的な意味合いで、基本はずっと山本周五郎を読んでいる。

    「深川安楽亭」「日々平安」「与之助の花」とすべて短編集であるが読み進めてきた。

    これらの中での私のお気に入りは「与之助の花」である。

    まず、収められた作品のもつスピード感である。

    周五郎は読みやすい作家であるけれど、この短編集は特にその印象が強い。

    冒頭の「恋芙蓉」から始まり、「孤島」、「非常の剣」、タイトルになった「与之助の花」・・・

    ジャンルは違うがいずれも周五郎らしさに溢れた名作である。

    確かに内容的にこれらの作品と似た短編もあり、特に傑出するということはないが、読み手にとっては心落ち着くのである。

    それが「らしさ」であろう。

     

    中国との密貿易の不正を暴く「非常の剣」。

    主人公の弦八郎の活躍を鮮やかに描くこの作品の重要なファクターになっているのは弦八郎の叔父「棋兵衛」の何かにつけてこじつける諺である。

    「蛇を殺さんとすればその脳髄まで」そして「非情の剣は断固たる可し」

     

    まさに一気呵成の展開力そしてスピード感。

    快感である。

     

     

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    << レストラン=元気を回復させるスープ! | main | 東大寺の瓦 >>
    スポンサーサイト
    - / スポンサードリンク
    0
      | - | - |
      pagetop









      url: http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1397

      08
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      31
      --
      >>
      <<
      --