<< 鬼門の2月 「関ケ原」を読む耽る | main | 読書の愉悦 「赤ひげ診療譚」 >>

ゴミ箱から、ブルース

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    火を点けてみてもいないのに 分かろうとするなよ

    分かってもいないのに 捨てようとするなよ

     

    ひっくり返ったゴミ箱みたいな夜から 

    転がり出してきたこの歌は

    果たして燃えるゴミなのか? 燃えないゴミなのか?

     

    ブルース 潔く燃え上がって 明日を照らすかもしれないし

    ブルース 揺るぎなく微動だにせず 明日も在り続けるかもしれない

     

    ブルース・・・

     

    竹原ピストルの新曲「ゴミ箱から、ブルース」である。

    一聴しただけで彼らしさが伝わってくる腹に沁みるブルースだ。

    間奏での尺八の音色が実に素晴らしい。この楽曲に不思議な魅力を与えている。

    この歌を聴きながら、西村賢太の新作「夜更けの川に落葉は流れて」を読み始めている。

    竹原ピストルと西村賢太。

    どことなく風貌が似ているだけでなく、醸し出す詩の雰囲気も綺麗ごとではない、骨太でありながらひりひりするような生の描写で好きだ。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM