LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

清張 未読の短編集「東経139度線」の底知れぬ魅力
読書 / カーソン・ライダー 
0

    JUGEMテーマ:読書

    先日、大好きな女性と本について会話する機会があった。

    「今までに読んだ本の中で、一番心に残った本は?」と問うと、彼女はパールバックの「大地」と即答した。

    ノーベル文学賞を受賞した名作であることは知っていたが、自分は未読であることを伝えた。

    突然のそういう問いかけに、すぐに答えられるというのはとても素敵なことだと素直に思えた。

    そして、自分に置き換えてみた時に、何と答えるだろうかと考えた。

    その問いを今も続けているのだが、単純に小説世界の魅力に引き込んでくれた高校時代を思い出してみると、その答えは松本清張の「砂の器」に行き着いた。

    野村芳太郎の映画もその原作の魅力を一段と際立たさせる役を担った。

    日本映画史上に残る名作である。

    近年でもテレビドラマ化され話題を集めた。

    以前にも書いたことがあるのだが、もしかしたら一番影響を受けた小説家は松本清張かもしれない。

    高校から大学時代という感性が一番鋭かった時期に最も多くの著作を読んだのが松本清張である。

    長編から短編まで読んだ。読みまくった。

    そして、今、またその作品に触れている。文藝春秋から出されている松本清張の全集は60近くある。

    まさに小説界の巨峰である。

    その中の未読であった短編5 「東経139度線」を読んでいる。

    いやはや、やはりその小説の持つ凄味というか圧倒的な構成力は短編とはいえ、読者を惹きつけてやまない底知れる力を秘めている。

    全部で18作品収録されているのであるが、トリックやアリバイ崩しといった謎解きの妙もさることながら、推理小説という狭小の枠組みを超えた、リアリスティックに人間の情念や性や業を炙り出す点に清張の魅力はあるのだと確信している。

    古代史に造詣の深かった清張ならではの「火神被殺」、トリックの極点とも言える「巨人の磯」「内なる線影」、倒叙ミステリーの名品「恩義の紐」など。とにかく、ひとたび、その世界に引き込まれたなら、逃れられない面白さがある。

    改めて清張の奥深さに酔いしれている。

     

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    << 一気読み必至のスパイ小説 裏切りの晩餐 | main | 生は死より強し >>
    スポンサーサイト
    - / スポンサードリンク
    0
      | - | - |
      pagetop









      url: http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1313

      09
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      --
      >>
      <<
      --