陰鬱の中にたたずむ美しさ ケーゲルの田園

2017.04.11 Tuesday 23:20
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    昨日、今日と伝説ともいえるヘルベルト・ケーゲル「田園」を聴いている。

    最後の来日時の記録である。

    ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団による1989年 10月18日 サントリーホールでの演奏だ。

    伝説となったのは、その音のたたずまいである。

    「田園」にはあまりにもふさわしくない音色である。

    くぐもった響きの弱音で始まるところから「おやっ」と感じるのだが、その後でテンポアップするといっても晴朗さとは無縁の沈鬱ともいえる翳りをたたえている。

    しかし、柔らかな響きは端正で美しい。全くの飾りを削ぎ落した美しさである。

    それは第2、第3楽章でも同じである。

    全体を貫いている色調は暗い。数々の指揮者の「田園」を聴いてきたが、こんな「田園」は初めてである。

    だから、耳に残る。心に響く。

    「田園」にしては明らかに異質な演奏ではあるが、決して不快ではない。

    むしろ、心の奥にまでしみ込んでくるかのようである。

    1年後、自らの命を絶ったケーゲル。

    長い鬱病と闘ってきたとも伝えられる彼の心に映る田園とは安らかな地とは言えなかったのではないか。

    そんなことをふと考えてしまった。

     

    スポンサーサイト

    2017.04.24 Monday 23:20
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM