ブルース 自殺という絶望の処方箋

2017.04.08 Saturday 21:48
0

    戦後のアメリカを代表する作家のひとりであるカート・ヴォネガットの遺作といわれる「国のない男」を読んだ。

    鋭い視点に立った現代社会批判は彼の死後10年以上たったいまでこそ、色褪せることなく輝きに満ちている。

    しかし、どこかに人間らしい温かみが感じられるところが最大の魅力であろう。

     

    心に響く言葉が数多く出てくる。

    そのひとつを紹介したい。それは音楽に関する言葉。

     

    アメリカに奴隷制があった時代、奴隷所有者の自殺率は、奴隷の自殺率をはるかに超えていたらしい。

    マリ(作家名)によれば、その理由は、奴隷たちが絶望の処方箋をもっていたからということだ。白人の奴隷所有者たちにはそれがなかった。奴隷は自殺という疫病神を、ブルースを演奏したり、歌ったりして追い払っていたのだ。

    ブルースは絶望を家の外に追い出すことはできないが、演奏すれば家の隅に追いやることはできる。

     

    この世界中に広がっている鬱状態によく効く特効薬はブルースという贈り物だ。

     

    今日私たちにとって耳に馴染みのポップミュージックの源はブルースであった。

    それはアフリカ系アメリカ人がまだ奴隷だったころに全世界に与えてくれたものである。

    苦しみの中から生まれた音楽の種子はベートーヴェンなどが生み出したクラシック音楽同様に私たちの心に潤いを与える果実となった。

    スポンサーサイト

    2017.06.26 Monday 21:48
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM