漱石 文明論集を読む

2017.04.02 Sunday 21:11
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    今年に入り、その魅力に取りつかれたように読み耽ってきた夏目漱石。

    いま、刊行されている小説はあらかた読んできていたのであるが、ここにして読むのをやめてしまった作品がある。

    「虞美人草」である。漱石が教職の道を絶ち、小説家として生きて行こうと決めた最初の作品である。

    24ページで頓挫してしまった。

    理由は内容の本筋とは関係ない自然の描写や紹介している西洋の本の内容を語るときに難解な言葉が多く出てくる点である。

    その他の作品でも難しい言葉は出てくるが、脚注を見れば何とか読み進めることができたのだが、脚注にも出ていないとなると読む意欲が減退してしまうのは致し方ない。

    漢学に親しんできたその知識をひけらかすまではいかないにしろ、そういった知識人としての気負いを感じる出だしである。

     

    そこで、岩波文庫から出ている「漱石 文明論集」に切り替えた。

    いや、面白い。

    講演会でも話がいくつも収録されているのであるが、漱石は物語だけでなく、話すことにかけても一流の技量をもっていたことがうかがいしれる。

    「現代日本の開化」「私の個人主義」など興味深い内容がぎっしり詰まっている。

     

    我々の開化が機械的に変化を余儀なくされるために、ただ上皮を滑っていき、また滑るまいと思って踏ん張るために神経衰弱になるとすれば、どうも日本人は気の毒と言わんか、憐れと言わんか誠に言語道断の窮状に陥ったものであります。私の結論はそれだけに過ぎない。

     

    漱石の小説の底辺に流れる苛立ちに似た思念がここに表れている。

     

    スポンサーサイト

    2017.04.24 Monday 21:11
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM