我が人生における一冊 破戒

2017.03.11 Saturday 21:51
0

    「破戒」を読み終えて数日経ったのだが、その余韻は心の中に残っている。

    今は、必ず鞄の中に入れて持ち歩いている。

     

    丑松が「穢多」であることを自ら告白することを決意する場面。

     

    「思えば、今までの生涯は偽りの生涯であった。自分で自分を欺いていた。ああー何を思い。何を煩う。「我は穢多なり」と男らしく社会に告白するがよいではないか。こう蓮太郎の死が丑松に教えたのである。」

    「どうせ最早、今までの自分は死んだものだ。恋も捨てた、名も捨てた。−ああ多くの青年が寝食を忘れるほどにあこがれている現世の歓楽、それも穢多の身には何の用があろう。」

    いよいよ明日は学校へ行って告白しよう。

     

    何度読んでも心が打ちふるえる。

     

    そして、アメリカのテキサスに旅立つ前に明かされる志保子の丑松への思い。

    離別の最後のシーン。

    それらが相まって深い感動が静かに降り積もる雪のように心の中に堆積していく。

     

    「破戒」

    我が人生における一冊となる本である。

    スポンサーサイト

    2017.04.24 Monday 21:51
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM