NEWPORT1958 モダンジャズの名盤

2017.02.08 Wednesday 22:22
0

    JUGEMテーマ:音楽

     

    ここ数日は大好きなクラシック音楽からは遠ざかっている。

    無性にジャズが聴きたくなって、デイブ ブルーベック カルテットライブの名盤「NEWPORT 1958」を聴いている。

    オリジナルの一曲を除いてすべてがデュークエリントンナンバーで構成されている。

    それまでに演奏したことのない「昔はよかったよ」「ジャンプ・フォー・ジョイ」「Cジャム・ブルース」などが含まれており、粋にスイングする瑞々しい演奏が聴ける。

    最大の聴きどころは「パーディド」であろう。

    12分を越えるアップ・テンポのナンバーで、ポール・デスモンドのアルトサックスが絶妙である。

    個人的に一番好きなのが最後の「Cジャム・ブルース」である。

    ジョー・モレロのドラムをフューチャーした最高に生かしたナンバーである。

    このカルテットの表の立役者はポール・デスモンドであることに異論はないが、土台を支えていたのはジョー・モレロのブラシを生かした技巧満載のドラミングにあったと思っている。

    乗りが格段によくなった。(ジョー・ドッジには申し訳ないが・・・)

    今日もこれから聴きながら眠りにつこう。

    スポンサーサイト

    2017.05.21 Sunday 22:22
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM