こころ

2017.02.03 Friday 22:47
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    夏目漱石「こころ」を初めて読んだ。

    この作品は、自分が尊敬する先輩が人生における一冊と言っていた本である。

    読み終えて、深い澱のようなものが心に堆積している。

    それは、「罪と罰」を読了したときの感覚と似ている。

     

    「死んだつもりで生きて行こうと決心した心」をぐいと握りしめて動けなくさせる恐ろしい力。

    その力は「お前はなにもする資格のない男」と締め付ける。

    波瀾も曲折のない単調な生活を続けてきた私(主人公)の内面に常に湧き上がる苦しい戦争。言い換えればそれは決して解放されることのない心の牢獄である。

    己を心の中の牢獄に閉じ込めたものは一瞬の嫉妬に駆られたエゴイズムと罪の意識。

    その根底にあるものは、自分を裏切った叔父を憎みながらも、結局自分も叔父と同じではないかという抜き差しならない「哀しみ」である。

     

    そして、エゴイズムと良心の葛藤が心の中で激しくせめぎ合いを続けていく中で決意した主人公の行動とは・・・

     

    裏切りや不倫が大手を振って闊歩している2017年だからこそ読むべき小説である。

     

    人間の「こころ」の本質を否応なしで突きつけてくる傑作である。

    スポンサーサイト

    2017.02.20 Monday 22:47
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728    
      << February 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM