夜を乗り越える

2017.01.29 Sunday 18:17
0

    又吉直樹の初新書となる「夜を乗り越える」(小学館よしもと新書)を読んだ。

    なぜ本を読むのかについて、又吉自身の生い立ちからのエピソードを交えながら率直に書いている。

    一番、心に残ったのは第4章の「僕と太宰治」である。

    又吉直樹が太宰の文学をこの上なく愛していることが伝わってくる。

    それだけでなく、自殺をした日 6月13日の夜さへ乗り越えられていたら「全部嘘でした」ですんだかもしれないと綴っている。

    「死にたくなるほど苦しい夜には、これは次に楽しいことがあるまでのフリだと信じるようにしている。のどが渇いているときの方が水は美味い。忙しい時の方が休日は楽しい。苦しい人生の方が、たとえ一瞬だとしても、誰よりも重みのある幸福を享受できると信じている。その瞬間がくるのは明日かもしれないし、死ぬ間際かもしれない。その瞬間を逃がさないために生きようと思う。得体の知れない化け物に殺されてたまるかと思う。」

     

    小説を読む意味についてよりもこの文章にKOされた。

     

    誰にでもそういう夜はある。そういう夜を乗り越えるために音楽や小説や絵画がある。

    そう強く思った。

    そして、僕はいま夏目漱石の「こころ」を読んでいる。

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2017.04.24 Monday 18:17
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM