LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

空砲なし。覚悟して聴け!言葉の実弾が心に風穴を開ける。
歌詞 / カーソン・ライダー 
0

    俺、精神病なんですよぉー。なんて平気で言ってくるお前は、やっぱり精神病なんだと思うよ。
    お前みたいなクソめんどくせー野郎がいなくなると、意外とちょっぴり寂しくなるんだよ。
    薬づけでも生きろ。
    どうせ人は誰もが何らかづけで生きてんだ。大差ねえよ。


    来年も再来年もその先もずっと、俺は和歌山に歌いに来るからよ。

    来年も再来年もその先もずっと、お前も俺のライブを観に来いよ。
    お前みたいなクソめんどくせー野郎がいなくなると、意外とちょっぴり寂しくなるんだよ。

    薬づけでも生きろ。
    どうせ人は誰もが何らかづけで生きてんだ。大差ねえよ。

    “俺、いつもこんな感じなんですよぉ。ボブディランにも無視されましたもん。でもセックスピストルズは僕の話を聞いてくれました。”っての、おもしれかったぞ。

    でもそんなことより、迎いに来てくれたお母さんに感謝しろ。話はそれからだ。 (LIVE IN 和歌山)

     

    竹原ピストルばかりを聴いている。

    久々にどてっぱらに風穴を開けられ、しかもいつまでもいつまでも弾が滞留している。

    空砲はなし。

    詩のもつ力をこれでもかと放射するアーチストだ。

     

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    << 書き出しの凄味 | main | 夜を乗り越える >>
    スポンサーサイト
    - / スポンサードリンク
    0
      | - | - |
      pagetop









      url: http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1204

      09
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      --
      >>
      <<
      --