LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

書き出しの凄味
作家 / カーソン・ライダー 
0

    JUGEMテーマ:読書

     

    前回のブログで記せなかったことを書く。それは「愛に乱暴」の書き出しの凄味である。

    書き出しの強烈なインパクトに心をつかまれたのは、伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」「重力ピエロ」、村上龍「イビサ」、佐藤正午「ジャンプ」などが思い出される。

    それに匹敵するものである。

     

    セックスをしたか、してないか、なんて関係ない。お互いに心の底から会いたいと思っている時点で「一線」はすでに超えてしまっている。

     

    この言葉に惹きつけられるように350ページをあっという間に読破した。

    流石は吉田修一である。

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    << 愛に乱暴 | main | 空砲なし。覚悟して聴け!言葉の実弾が心に風穴を開ける。 >>
    スポンサーサイト
    - / スポンサードリンク
    0
      | - | - |
      pagetop









      url: http://grantgreen.jugem.jp/trackback/1203

      12
      --
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      31
      --
      >>
      <<
      --