愛に乱暴

2017.01.28 Saturday 18:53
0

    「怒り」以来となる吉田修一の小説「愛に乱暴」(新潮社)を一気に読破した。

    吉田修一はそれほど好きという作家ではないが、筆力を感じさせる作家である。

    この作品の扱っている題材は「不倫」「結婚生活の破綻」「姑問題」と陳腐なものであるが、吉田修一の手にかかると、濃厚なうまみを放つ。そして、周到に用意されただましが待っている。

    正直、やられたと思った。

    離婚をつきつけられた桃子の静かな狂気が次第に膨れ上がっていく描写は緊張感を孕み、ページを捲るスピードが倍加する。

    ビターな展開ではあるが、最後の場面の 暗い夜道を歩きながら、ちゃんとしなきゃとまた思う。「ありがとう。・・・・・ありがとうって言ってくれて、本当にありがとう。」と。いう描写が強く印象に残った。

     

    希望には程遠いかもしれないが、決して絶望ではない。人を信じる光がある。

    この結末は秀逸である。

    スポンサーサイト

    2017.05.21 Sunday 18:53
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM