村上龍の言葉 最新エッセイより

2016.12.04 Sunday 21:53
0

    村上龍の最新エッセイ「星に願いを いつでも夢を」(kkベストセラーズ)を読んだ。

    タイトルとは相反するいつにもましてシニカルな内容である。

    政治体制や既成メディアに対して批判をしても何の意味もないという心境が綴られているのが、いささか寂しい気もしたが、日本がどんづまりの状況であることには違いはあるまい。

    そんなエッセイの中、心に強く残った文章があった。

     

    「小説を書くということに対して素人」というわけでもなく、プロの作家だという自覚はあるが、それは「慣れる」とは違う。似たようなネタで書き続ける作家は「慣れる」ということがあるかもしれないが、わたしは似たようなネタ、文体を使うことはほとんどないし、そんなことはしないと決めている。そんなことをしたら飽きてしまう。

    小説のアイデアが枯渇したら盆栽でもやるかなと真剣に考えたこともあるが、幸か不幸か、アイデアがつきることがない。

    アイデアが尽きないということは、自分が小説を通して伝えたいと思っていることが、読者にいまだに伝わっていないという自覚があるからだろう。伝わったと思ったら、たぶんもう書かないかもしれない。」

     

    深く共感した。だからこそ、村上龍の小説は刺激的であり続けているのである。

    「五分後の世界」「コインロッカーベイビーズ」「愛と幻想のファシズム」「イビザ」「イン ザ ミソスープ」「昭和歌謡大全集」挙げていけばきりがない。

    村上龍にとって、小説を通しての表現活動そのものが趣味では得られない充足感やカタルシスをもたらすマグマの放出であることが、読者としてはこの上なくうれしいのである。

     

    いま、未読だった「半島を出よ」を図書館で借りて読んでいる。一気に上巻も残すところ70ページである。

    半端なくおもしろい。11年前に書かれたものだが、今読んでもその目の付け所はシャープであり、説得力がある。

    流石である。

    スポンサーサイト

    2017.04.24 Monday 21:53
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM