マムフォード・サンズ 僕たちを覚醒させる歌

2015.05.11 Monday 22:01
0
    JUGEMテーマ:音楽
    昨日に引き続き マムフォード・サンズについてである。
    彼らの音楽に心は囚われている。
    ボーカルがうまいとか、楽器のきれが鋭いとかそういうことではない。
    歌詞とメロディが一体となって心をかきむしるのである。
    それは決して不快ではなく、不思議な陶酔感をもたらす。
    アルバムのコピーにある「僕たちを覚醒させる歌」が存在する。

    たとえば冒頭のトンプキンス・スクウェア・パーク。

    君を抱きしめたい
    暗がりの中で
    最後に一度
    最後に一度だけ

    何の変哲もない言葉が力をもって胸に迫る。アルバムの楽曲は男女の別れを綴った歌詞が多いのだが、小難しさのない裸の言葉がそこにはある。

    5曲目のジャスト・スモーク。
    僕の気持ちを伝えて諦めるよ
    そして君のことを心から取り去るよ
    僕は覚悟ができていない
    それほど強くはないから
    君の愛情の重みを支えることができない


    やがて煙だけになる
    だけど君が去ったとき
    僕は君の名前を呼んでいた
    その夜に


    そして昨日紹介したディトマス。

    素晴らしい歌の力である。完全にノックアウトだ。
     

    スポンサーサイト

    2017.04.24 Monday 22:01
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM