命絶つほどの狂気ではなく・・・

2015.04.18 Saturday 22:41
0
    JUGEMテーマ:音楽
    1年間に何度か無性に吉田拓郎の歌を聴きたくなる時がある。
    今がその時である。

    命絶つほどの狂気ではなく
    命救うほどの力でもないが
    諍いとなごみのはざまに
    流れていけ 流れていけ
    私の唄たちよ

    「また 逢おうぜ あばよ」

    突き刺すような雨よふれ
    心の中まで洗い流せ
    忘れることはたやすくても
    痛みを今は受け止めていたい
    せめてこの街に
    恋を知ってる雨よ降れ
    慰めの前に

    「僕の唄はサヨナラだけ」

    何気ない歌詞が心に強く響く
    嘘の多い日々の中で 真実の欠片すら見つけにくい毎日だからこそ
    拓郎の唄は胸に迫るのだろう。
    こういうソングライターがあまりにも少なくなった。

    スポンサーサイト

    2017.04.24 Monday 22:41
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      星座占い
      天気予報
      ようこそ!
      ブログパーツUL5
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 村上春樹の世界にはまっていく
        うなぎ
      • 「幸福な生活」 最後の一行の鮮やかさ
        藍色
      • 過剰なセキュリティがストレスの原因
        うなぎ
      • 田中正造の言葉
        noga
      • 国防軍という言葉
        村石太ダー&コピペ星人
      • 衆議員選挙を前に考えたこと
        noga
      • 規範意識の欠如したアメリカ軍の正体
        noga
      • シリアがかかえるキリスト教徒の複雑な事情
        Takeo Watanabe
      • 天声人語に物申す!
        嫌チャイナ
      • 2030年原発ゼロは嘘八百 国民愚弄内閣の正体
        noga
      Recent trackback
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM