スポットライト(BOOK SIDE STORY2019)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、気持ちを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.01.14 Monday

ストレスは人間関係 ひとりのススメ

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    ピン芸人で自虐ネタを売りにしていた「ヒロシ」のひとりキャンプの動画が人気を集めているらしい。

    「ストレスは人間関係」と言い切る彼が、動画を提供した理由について次のように語っている。

    「キャンプは大勢でやるものであり。一人でやるなんて寂しいとか、あり得ないという固定概念が世の中を覆っている中で、一人の方が気楽で楽しいと思う人だっているはず。そんな人たちに、一人でキャンプをやっていいんだって思ってもらえたら嬉しい。」

     

    また、羽生結弦をはじめとする日本のフィギュア界のトップスケーターの衣装をデザインから作成まで全て手がけている伊藤聡美さんの言葉 にも共感した。

    「基本、人間が嫌いです。家族は愛想笑いをする必要がないけれど、他人だとそうは行かない。気分転換に女子会なんてあり得ない。ストレスがかかるだけ。散歩中の犬を見ている方が癒される。」

     

    二人の言葉に全く同感である。

    35年間、人と関わる仕事をしてきて感じたことは、人間関係こそストレス源であり、病気の元であるということである。

    勤め始めの頃は、義理で大勢の飲み会にも参加していたが、途中から辞めた。

    ストレスを紛らわすために酒を飲んではいたが、一人で居酒屋に行って、店主やバイトたちと語らいながら過ごす方が好きであった。

    同僚と愚痴を言い合う酒など、不味いだけだ。

    趣味にしてもそうである。一人で静かに本を読んだり、クラシックコンサートや美術館に行ったりすることが好きである。

    自分の時間を自分の使い方で自由に使う。これほど贅沢なことはない。

     

    だから、ラインで友達登録の数を自慢したり、俳優の渡辺徹のように自前で30人近くの人を集めて忘年会を開いてますなんてことを恥ずかしげもなく公言したりする人間を見ると、不快になる。

    結局、どちらも人に媚を売って生きているということなのだ。そんなに友達は必要かどうか?

    自分には不要である。

    本当に辛い時に、話を聞いてくれる人だけでいい。そういう意味では家族は大切であるし、大切にしている。


    2018.12.05 Wednesday

    ジョブズの美学

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      「スティーブ・ジョブズ 神の遺言」(経済界新書)を久しぶりに本棚から引っ張り出して読んでいる。

      プレゼンにしても、カリグラフィーについてもジョブズの考え方には学ぶことは多い。

      iPODを開発するときに彼が技術者に要求したのは今までの常識を覆すものだった。

      あるデザイナーが聞いた。

      「電源を入れたり切ったりするボタンは最低必要ですよね?」

      ジョブズはこう答えた。

      「いらないよ。」

       

      ジョブズにとってのデザインとはホイールの周囲に「進む」「戻る」「ポーズ」の3つでいいという考えであった。

      当のデザイナーはびっくり仰天したが、ジョブズは頑なに意見を通し続けた。

      それこそジョブズの美学である。

      ジョブズの意を汲み、iPODから電源ボタンを取り払ったジョン・ルビンシュタインは後にこう語った。

      「こういう分野では往々にして、すぐに電源を入れたり切ったりできる製品が良い製品だみたいな信仰がある。それは間違いだ。電源を操作するより、いつでもそのままの状態で使える方がいいに決まっている。」

       

      その結果スリープモードの導入となった。今では当たり前の機能である。

      そして、iPHONEからはそれまでの携帯電話につきものだったプッシュボタンを取り払った。

      「タッチ式画面を使ったら、後には戻れない。便利だからさ。」

      この先見性こそが革新的な製品を生むエネルギーとなった。

      だから、私はジョブズが好きなのである。

       


      2018.05.19 Saturday

      山本周五郎の言葉

      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        「僕は、今後僕のような時代小説を書ける作者は出てこないように思いますね。時代小説というと、かつらをつけて刀を振り回すだけだ。時代背景の描写と、刀を振り回していっぺんに五人も十人もぶった切るということしかない。小説とは人間を描くことで、状況を書くことじゃない。小説というのは、極限されたスペースへ無限大のものを描写するということで、テーマに関係のないものは木の葉一枚加えることはできないんですね。

         

        私の敬愛してやまない山本周五郎の言葉である。

         

        小説とは人間を描くものというところを読んで、やはり私を読書の世界へと誘ってくれた小説界の巨人 松本清張の言葉を思い出してしまった。清張も推理小説という範疇にとどまるのではなく、人間小説を描くことにこだわった作家であった。

         

        周五郎の小説の魅力は、彼の描きたい「テーマ」というものが端的かつ明確に伝わってくるところにある。

        余計な言葉も無意味かつ冗長な描写もない。

        ストイックなまでにも選び抜かれ、そぎ落とされたかのように見えるその文体の中にも、人間の善なるものを描き切ろうという温かさというものが確かに存在する。

        そこに私は惹かれるのである。

        たとえば、「おたふく」。

        本当に短い作品であるが、そこには見事なまでの無垢なる邪気のない清々しいまでの女性の愛の姿が描かれている。

        この作品をして、「下町物」といわれるものにおいて誰にも負けない作品を書いてみせるという自信をつけたというエピソードが残っている。


        2018.01.09 Tuesday

        失敗のススメ 林部智史の言葉

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

          昨日は成人式であった。

          FM放送でも新成人に向けてのプログラムがいくつか組まれていた。

          その中のひとつがNHK FMの「失敗のススメ」である。

          功を遂げたスポーツマンや歌手などが自分の失敗体験を通して、そこから得られたメッセージを発信するという内容であった。

          私の心に響いたのは歌手 林部智史の言葉であった。

          林部さんといえば、テレビ東京の人気番組であるカラオケバトルで100点を連発し、年間チャンピオンに2年連続で輝いた美声の持ち主であり、それをきっかけにしてメジャーデビューも果たした。現在、その歌声を聴いた人たちから「泣きの貴公子」などといわれている。

           

          彼が語った失敗のいくつかは自分自身とも重なるものがあった。

          山形の文武両道の名門校の入学試験に落ち、1年間の浪人生活。

          念願かなって1年後に入学しプロをめざしてバスケットボールに励むも抜きんでてセンスを感じさせる仲間のプレーに劣等感を感じ挫折。

          将来の目標を見失った彼に、母親が進めたのは看護学校への進学。

          しかし、自分のやりたいこととの相克に苦しみ、4か月の引きこもり。原因不明の38度以上の熱が1か月も続き、下された病名は「鬱病」。

          気力を失った彼に沖縄にいる姉から救いの連絡。

          知る者のいない沖縄での生活の中で、人間としての当たり前の生活のリズムを取りもどしていく。そして、全国のリゾートホテルを住み込みながらバイト生活を続けている途中で、同じ挫折を経験した仲間から「林部くんはいい声してるよ。」とほめてもらうことで、歌への自信を深めていく。そして、憧れのエグザイルのATSUSIも入っていた音楽アカデミーという専門学校に進むことを決意する。

          しかし、お金はなく、新聞配達をしながら奨学金を得る道を見つける。

          そして、首席で卒業。だが、どこのレコード会社からも歌手デビューへの声はかからない。所詮、デビューできる人間は強い運をもっている人間だけなのかと夢を断ち切ろうと決めていた時に、かけられた言葉。

          「林部くんの声を待っている歌は必ずある。」

          そして、100回以上のオーディションに落ちるなかで、やっとつかんだカラオケバトル出場。そして、100点の快挙。優勝。

          「迷いがあるうちは続けたほうがいい。」

          彼が最後に語ったこの言葉は、実に深く、重い。

           


          2017.09.04 Monday

          生は死より強し

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            9月に入って初めての書き込みである。

            なぜかスランプである。

            書きたいことはたくさんあるのだが、優先順位的にブログに向かえないといったところである。

            それでも、読書は続けている。

            最近、読んだ中ではアメリカのノーベル文学賞受賞者であるパール・バックの短編「つなみ」が心に強く響いた。

            パール・バックといえば「大地」が有名であるが、自分はいまだ読んでいない。

            その本が一番好きといった女性の言葉が心の片隅に残っており、著作を検索していたら「つなみ」に出逢った。

            津波や地震や火山の噴火といった自然の猛威にはなすすべもない人間ではあるが、ただ打ちひしがれて終わる存在でもないということを二人の少年の成長の姿を通して、語り掛けてくれる。

            「生は死より強し」。

            何度も登場するこの言葉が強い印象を残す。

             

            9月1日は夏休み明けの初日ということで、中高生の自殺率が一気に上がるらしい。

            著名人からの「死なないで」というメッセージが当日、ネットに書き込まれたことがニュースになっていた。

            物質的に恵まれているわが国にあっても、死の衝動というものは防ぎきれない。

            氾濫しているいじめやハラスメント、DVなど。

            ちょっとしたきっかけがあれば生から逃避したいと考えてしまうことは誰にでもあるだろう。

            この私にもある。

            だが、その一線を踏み越えないのは、(一線という言葉はこういうときに使うものだ。くだらない男女の肉体関係の有無で使うものではない)

            幽かではあっても生きることの中に潜む希望という可能性を信じているからだ。

            希望はただ存在するのではなく、絶望の向こうにあるのだから。

            希望を絶たれた向こうに、新たな希望はあるのだということを、この本を読むと改めて感じることができる。

            「生は死より強し」。


            2017.04.01 Saturday

            王貞治と岡田武史の対談〜人生で本当に大切なこと〜

            0

              JUGEMテーマ:スポーツ

               

              昨日、図書館で読んだ一冊は「人生で本当に大切なこと 〜壁にぶつかっている君たちへ〜」(幻冬舎新書)である。

              王貞治と岡田武史との対談という形で、悩み多き青少年へのメッセージということになっているが、どうして大人が読んでも十分に心に響く言葉が多く、共感した。

              自分自身、一番納得したのは、王氏の次の言葉である。

               

              僕は練習でも、試合でも常に「自分のため」と考えてきました。「自分のため」とやっていれば、結果はすべて自分の責任です。だから、真剣になるし、そう簡単に諦めたりするわけにいきません。

               

              自分のためというのは自分本位ということとは違う。自分自身がしっかり目標を定め、それに向かって日々努力を継続できない人間に相手やましてはチームのために力を尽くすことなど不可能であるということであろう。

               

              また、「プロに楽しむ気持ちなどない」という言葉も鮮明であった。

              ある程度のレベルまで達して、自分をぎりぎりまで追い込んでいくと決してそんな(甘い)言葉は出てきませんと言い切る王氏。

              普段は温厚で柔和な王氏が語るからこそ、その意味は深いのだと思う。

               

              世の中にプロといわれる仕事は多く、自分もそのはしくれであるが、本物のプロとなるためには、ある意味ストイックなまでの探究心(工夫や努力)が必要であることを改めて教えられた。


              2015.11.21 Saturday

              ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ

              0
                JUGEMテーマ:読書
                久々に書棚を整理していたら一冊の本が出てきた。
                「ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ」(集英社)である。
                ジョブズと日本との関わりを分かりやすく描いたイラストbookである。
                手がけたのは世界的なクリエイターエージェンシー「ジェス3」である。
                見つけてパラパラとページをめくっていたら止まらなくなってしまった。

                中でも乙川弘文とジョブズとの出会いそして書をめぐるやりとりは秀逸である。
                「書は人なり。」「書道はほかの芸術と決定的にちがうものである。迷いがすぐ形となって表れ、やり直しがきかない。」と説き、ジョブズに「誤」と書かせる。
                そして、こう聞く。
                「漢字は何からできている。」「画」「画は何からできている。」「?」
                座禅を組みながらの答えは「画を取り巻く空間」

                弘文がジョブズに説いたこととは物事の本質とは「関連性がすべてを形作る」ということだったのである。

                ジョブズが2010年の「i PAD」のプレゼンで使った「アップルがこのような製品を開発できるのは我々がテクノロジーとリベラルアーツの交差点を常に目指しているからだ。」とはまさにこの関連性について述べた言葉である。

                ウィンドウズとの決定的な違いはここにある。そう感じた。


                 

                2015.11.03 Tuesday

                ドラクロアの言葉

                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般
                  書きそびれていた話題がある。
                  9月に見に行った国立西洋美術館の企画展「ボルドー展」での目玉の作品「ライオン狩り」である。
                  ウジューヌ・ドラクロワの超大作である。
                  フランス政府からの依頼を受けて描いたその作品は、人と猛獣の戦いをほとばしる雄輝は筆遣いで表した傑作である。
                  普仏戦争のさなかの1870年、市庁舎内に置かれていたその作品は火災の被害を受け上部を焼失する。
                  それでも迫力は損なわれてはいない。
                  ドラクロワの次の言葉に強く感銘を受けた。
                  「人生の中で一定期間打ち込んだたったひとつの仕事が、残りの人生の全てを規定する。あらゆるものが、そのまわりを巡るためにやってくる。体験する歴史を心の内にとどめながら、私は二重の生を生きるのだ。過去は再び私のもとに表れるだろうし、未来はいつでもそこにある。」

                  2015.08.02 Sunday

                  神様へのフェイント

                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般
                    昨日、FM横浜の「FUTURE SCAPE」を何気なく聴いていたら、DJの小山薫同がおもしろいことを言っていた。
                    「神様へのフェイント」である。
                    この日は脳の専門医を招いて、いかに脳の劣化を防ぎ、活性化させるかがテーマであった。
                    脳には年齢による退化はなく、使っていない部位に刺激を与え続ければ脳の形は目に見えて変化していき、物忘れなどの劣化は防げるという話であった。
                    そして、刺激を与え続けるポイントとして、自分がいまだチャレンジしていないことに新たに取り組んだり、憧れをもって恋心をもったりすることなどが紹介されていた。
                    その中での言葉である。

                    つまり予定調和や予測可能を裏切るという意味である。
                    神様から見て、おまえはきっとこういう場合は右に行くだろうという予測可能な場合に、あえて左に行ってみるということである。
                    これは簡単なことのようで難しい。

                    実は自分もまさに仕事漬けの日々を送っていた時代は、予想可能な枠の中でしか生きられない人間であった。
                    一例をあげれば、休日の過ごし方などマンネリ化・パターン化しある種の閉塞状態にあったのである。
                    そして、体を壊し、精神的に落ち込み、鬱病を発症してみて、そのパターンを打ち破るべくというか、おのずと仕事だけではない人生観をもてるようになったのである。

                    クラシック音楽への傾倒、美術館めぐりなど、今までの自分には考えられない好きなものにも出会えた。
                    女性に対する恋心も復活した。
                    脳が形を変えたのだと思う。それは自分の人生に少しだけ彩を与えてくれている。
                    これからも「神様へのフェイント」を試みていければいいなあ。そう思う。
                     

                    2015.06.27 Saturday

                    さらば 百田尚樹

                    0
                      JUGEMテーマ:ニュース
                      かつて僕は百田尚樹の小説「BOX」に感動し、「プリズム」の問題提起にもうならされた。
                      しかし、二度と読む気はない。
                      今回報道されているような自民党若手議員の勉強会での発言はあまりにもひどい。
                      本人は「軽い冗談」と釈明しているが、一定の影響力のある文筆家の意見はもうすこし思慮深いものでなければなるまい。
                      普天間基地周辺に住む市民の感情を逆なでするかのような発言、米兵によるレイプ事件を矮小化するような発言、そして沖縄の新聞社をたたきつぶすべきだというある種のヘイトスピーチともとれる発言はすべて悪意に満ちている。
                      自分の意に添わなければ、暴力的な発言で攻撃するその姿勢は以前から選挙の応援演説などで垣間見えていたが、人間として稚拙で短絡的な姿が明瞭になったということであろう。

                      大阪府知事の維新の会の松井知事は「百田氏にも言論の自由あり。」とわけのわからぬ擁護をしているが、結局、維新の会も同質傾向にあるということだろう。

                      作品にはその人の人間性が表出されていると考える。
                      だから、二度と読まない。
                      さらば 百田尚樹。

                      ▲top