スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.10 Monday

平成最後の暮に思う・・・

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    「平成最後の暮なんだなあ。」と思いながら部屋を片付けていた。

    大掃除には少し早いが、気分をスッキリさせたいという思いもあり「断捨離」を決行した。

    天袋の奥にしまっていた中古のノートパソコン2台、プリンター1台など業者委託という形で処分することにした。

    その後、FM放送を何気なく聞いていたら平成30年間の思い出の曲のリクエスト特集をやっていた。

    その中の1曲である竹内まりやの「人生の扉」を聴きながら自分にとって平成とはどんな時代であったかをふと考えてみた。

    まず平成元年に妻に出会い、翌年結婚した。そして次の年に長男が産まれた。そして次の年にマンションを購入した。

    ここまで書いてみると、平成時代のスタートそのものが人生にとっての大きな節目であったことが分かる。

    一方で、体調を崩して倒れたり、裁判問題など辛いこともあった。

    その中で阪神淡路大震災や東日本大震災が起きた。

    不思議なことに大災害が起きた年に自分は体調を崩して、休職をしている。

    喜怒哀楽こそ人生であるが、こうして今日も生きて、本を読んだり、音楽を聴いたり、ブログを書いたりしていることは幸せなことなんだと素直に思えるようになった。

    特にいま、鬱病を発症して休職中であり、今月いっぱいで退職することが決まっている身として、人生に悔いはないかと問われれば、正直後悔はあると答えるしかないのだが、それでいいのではないかと思うのだ。

    今の現実をありのままに受け入れて、生きていくしかないのだから。

    何か特別な欲求などない。繰り返しになるが、当たり前の毎日を大切に家族と生きていくことの有り難さ、貴さ。

    それを噛み締める年齢になった。

     


    2018.12.03 Monday

    さらば。WINDOWS

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      昨日の夜、とうとう使いふるしてきたパソコンが壊れた。

      WINDOWS10にしてからは特に調子がおかしく、度々「復元」を繰り返してきたので、そのツケの代償としてHDDがいかれたのだろう。

      そして、早速ヨドバシドットコムでMacのbookairを注文し、何と今日の夕方には届き、いまこのブログを認めている。

      持ち運び用として今は生産中止となつた2010年発売の11型を使っていたので、届いた直後からデータなどの環境移行を含め、サクサク作業ができるのは本当に嬉しい。

      金輪際、WINDOWSパソコンを買うつもりはない。

      ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズの考え方の違いについては以前書いたので、くどくどと言いたくない。

      ただ、言えるのはマイクロソフトがやろうとしていることは、例えていうなら次のようになるだろう。

      前にプレゼントとして誰かに10本の花束を贈ったとする。

      そして今年も同じ相手を喜ばそうと考える。

      出した結論は本数を増やして15本にするである。

      OSにしてもXPと10を単純に比較して、本当にユーザーが求めている使いやすい画期的な進歩をしたのか?

      答えはNOだ。

      ユーザーに選択肢すら与えないアップデートという名の誤作動の源を与え続けている。

      私のように裕福でなく非力のマシンで作業しているユーザーもいるのだ。そういうことは全く考えはしない。

      先のプレゼントの話に戻ろう。

      ジョブズは花束10本から15本に増やすという発想そのものを安易として否定した。

      見たこともないような、別のもので相手を喜ばそうという発想である。

      それが有名な「宇宙に衝撃を与える」につながっている。

      私が今日購入したbookairは先日プレゼンされた最新のものではない。だが十分だ。

      ストレスフリーでサクサク動いてさえいれば文句などない。余計な機能は必要ない。

      さらば。WINDOWS。

       


      2018.11.26 Monday

      「プログラミング」教育必修化に向けて

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        2020年度より、小学校教育において「プログラミング」が必修となる。

        独自の教科としてではなく、各教科や領域との関連を図った横断的な運用である。

        ということは、「プログラミング」そのものもそうだが、プログラミングの考え方がどの教科や領域に生かせるのかといった大所高所にたった「授業構想力」そのものが問われることになる。

        無料のソフトをDLしていくつかやってみたが、かわいいキャラクターが登場し、ゲーム感覚でプログラミングの基礎を学べるような内容になっており、子どもたちが楽しみながら取り組めるような工夫がなされている。

        要は、教師がその面白さや便利さをどう生かしていくのかであろう。

        頭の固い中年層の教師にとっては、しっかり研修を積むだけでなく、そのよさを授業実践を通して保護者に示していかなければならない。そのためには、小難しく考えたり、面戸臭がったりするのではなく、自らが「子ども心」に帰って、愉しみながら学んでいこうという前向きな気持ちをもつことが大切である。

        ただ、言うは易し、行うは難し。

        多忙を理由に後回しにするのではないかという懸念もある。なぜなら、新学習指導要領に沿って、各教科・領域のカリキュラムを作っていかなくてはならないからだ。

        「プログラミング」という新しい時代に向けての教育のひとつの花となるものが、最初から弱弱しく立ち枯れてしまうことのないよう、今から準備を行うことが必要である。


        2018.11.17 Saturday

        In DesignCCにトライ!

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

          何年ぶりだろう。PC用のアプリをインストールして初めから学ぶといった経験は。

          タブレット用のアプリケーションは頻繁にダウンロードして活用しているが、PC用となると思い出せない。

          AdobeのIn DesignCCである。

          例えばMicrosoftでも自分はワードよりもパブリッシャーの方が使い勝手が良いと感じているので、DTPという考えからすればそうとっつきにくいという感じはしなかった。

          今はチュートリアルの動画もサイトで見られるので利便性が図られている点も良い。

          ただ、数時間使ってみての感想であるが、インストラクターの動画を繰り返し見る以上に、自分で触ってみて、分からないところは文字ベースで検索し、試行錯誤しながら学んだほうが身につくということである。

          インストラクターが示している用途、たとえばレストランのチラシと同様のものを作りたい人にとっては動画は重宝するかもしれないが、自分は違っているので、細かなところでの説明がどうしても不十分であり迷ってしまった。

          映像では「コントロールパネルのこの〇〇を押して」と説明があるのだが、自分が立ち上げた画面にはない。

          そうしたらどうするのかを教えてはくれないで、どんどん進んでいくのでお手上げであるという調子であった。

          検索をかければ、「オブジェクトのサイズの調整」をクリックという形できちんと出てくる。

          当たり前のことだが、人間は自分で失敗しないとなかなか自分のものにはならないということをひしひしと感じた。

          特に歳を重ねてきている分だけ理解力も低下している。

          この製品は値が張るだけのことはある便利な機能が多く、なかなか魅力的な製品ではある。

          ただ、自分のパソコンのスペックが高くないので、立ち上がるまでに相当の時間を要するのが苦痛である。

          仕方のないことなのだが・・・

           

           

           


          2018.11.13 Tuesday

          宮沢賢治が口ずさんだ「新世界より」ラルゴ

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            絵本作りについての続きである。

            最近は自費出版ブームらしい。

            一方で、いろいろなコンテストにかかわる詐欺まがいの商法もあるという。

            まあ、流通を考えれば欲得を考えてしまうがために騙されてしまうのだろうが、一言でいえばうまい話などないということに尽きる。

            さて、絵本作りもだいぶ進んできた。

            ところが問題が発生した。

            iPAD専用のアプリで作成していたためか、PDF化してWORD文書に書き出したのだが、テキストが認識されないという事態が起きた。一挙に書き出せるはずであったのだが、いちいちコピペをして貼り付けるということになった。

            画像もしかりである。iOS対応のアプリとWINDOWSの相性の問題であるとは思うのだが、こういうところを改善してくれるともっと便利なのだがと痛感した。

            さて、今回自分が絵本のテーマにしているのは宮沢賢治とクラシック音楽とのつながりについてである。

            自費出版の予算の関係もありたかだか30ページの内容なのだが、いろいろ本を調べてみると興味深いことも多く、参考文献が日増しに増えていくばかりである。

            一例でいえば、賢治が愛したクラシックの中にチェコの大作曲家ドヴォルザークの第9番交響曲「新世界より」がある。

            特に、第2楽章のラルゴを愛し口ずさんでいたようである。

            第2楽章といえば日本では「家路」であり「遠き山に日は落ちて」のメロディといえば大抵の人は理解できると思う。

            日本の言葉にあてはめたのが正式には1946年である。

            しかし、賢治はそれよりも22年前に自作の詩をあてはめて歌っていたことになる。その時のタイトルは「種山ヶ原」である。

            なるほど賢治が愛してやまなかったチェロの低音の響きと第2楽章はぴったりマッチする組み合わせであると感じた。

            余談であるがドヴォルザークのチェロ協奏曲は、新世界よりの第2楽章以上に郷愁をそそる屈指の佳品である。

            新しい発見に触れながら絵本を作っていくことは望外の喜びである。


            2018.11.11 Sunday

            iPadアプリを活用しての絵本作り

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

                

              今日はほぼ1日中iPadのアプリを使って絵本作りに挑戦していた。 

              直感的に作業ができるところが良さである。

              絵本といっても全く絵心はないので、写真を絵画風にアレンジしてくれるアプリも併用しながら作業を進めていった。

              題材は宮沢賢治と彼の魂を揺さぶったクラシックである。

              「春と修羅」を作るにあたり、ベートーヴェンの第5交響曲「運命」が多大なインスピレーションを与えた。

              他にもドヴォルザークの「新世界より」、Rシュトラウスの交響詩「死と変容」など。

              薄給の身でありながらレコード会社から表彰される程のコレクターであった。

              そんなことを年齢でいえば12歳くらいの子どもたちにもわかるようにとまとめている。

              行く行くは自費出版したいという願いを持っている。


              2018.05.03 Thursday

              GW後半スタート イライラの時間が過ぎていく・・・

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                5月初書き込みである。

                GW後半とはいえ、家で仕事をしようと思い立ち、パソコンで電源を入れたところまではよかった。

                ところが、つい最近まで使えていたスキャナーが稼働しないのである。

                アプリの起動ものろのろと遅く、スキャン開始ボタンを押せるところまでたどり着いたのだが、全くうんともすんとも言わない。

                使いたいときに、思い立った時に役に立たないのがWINDOWSパソコンである。

                今までに何度、貴重な時間を無駄にしてきたことか。

                私の体調悪化の特に精神面での不調原因の一端はWINDOWSパソコンといってもいい。

                それぐらいにイライラを引き起こす頻度が高い。

                当然、ぶつぶつと文句を言うことも多くなり、神経性の下痢にも陥り、家族からの不評も買うことにもなる。

                ひとつも楽しいことがないまま、大事な一日が過ぎていくことが腹立たしい。

                 

                救いと言えば、探していた本「平城京再現」が見つかったことか。

                今日のイライラをどう鎮めるか?思案中である。

                 

                 


                2018.04.14 Saturday

                カイリーミノーグ 「GOLDEN」

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  あれは何だったのだろうか?

                  アクセス数が自分のブログ史上初の月間10000越えをしたと記したのが先月末。

                  一転して今月は低空飛行。

                  まあ、その方が気が楽でもあるし自分のブログにふさわしいといえるのであるが、今から思えば「摩訶不思議」ともいえる出来事であった。

                   

                  最高のポップ・アルバムに出逢った。

                  カイリーミノーグの新作「GOLDEN」である。

                  正直、カイリーミノーグが全盛期の時代は全く見向きもしなかった。

                  はじめは30年前。再ブレークを果たした15年前。

                  ユーロビート系のダンスミュージックを歌う女性という浅い認識しかなかった。

                   

                  ところが、今回のアルバムはカントリーテイストがピタリとはまった捨て曲一切なしの傑作である。

                  「A Lifetime to Repair」「One Last Kiss」

                  繰り返して聴いている。

                   

                  「A Lifetime to Repair」 直訳すれば、修復するための生涯ということになるのであろうか。

                  何だか、こと恋愛に関しては、同じ失敗を繰り返している自分にとっては意味深な楽曲である。

                  軽快なカントリーの調べにのりながらも、きっと傷ついた思いが語られているのであろうが、カイリーミノーグの歌声は実にキュートである。50歳近い女性の声とは思えない。

                  またひとつ、愛聴盤が増えた。

                   


                  2018.03.26 Monday

                  続 数字に踊らされる生活

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    以前、「数字に踊らされる生活」というタイトルでブログを記したことがある。

                    検索元を調べると、その記事にアクセスしてくださる方が多いということが分かり、共感していただく部分があったのかなと感じた。

                    年月を経て、その続きである。

                    インスタ映えという言葉が流行語になるくらい、SNSにおいて写真や動画を載せて発信することは当たり前になってきている。

                    それがアクセス数やフォロワーを生み出しているのは紛れもない事実であろう。

                    それとは対極にあるのが、私のような文字だけのブログである。

                    武骨そのもの。

                    正直言って、その時読んだ本や聴いたCDの記憶を残しておくためのものというニュアンスが強い。

                    それでも、発信するからには読んでもらいたいという欲も湧いてくる。

                    そして、いつの間にアクセス数に一喜一憂するということになる。

                    つまり無意識に数字に踊らされているというストレスを抱えこむことになる。

                    そんな数字など余計なものとまで言わないけれど、少なからずひとりでも自分の発信した声に目を向けてもらえればいいと腹をくくった時にくだらない呪縛から解き放たれたような気がした。

                    するとどうだろう。

                    アクセス数を気にしていた頃に比べて、アクセス数が増えるという現象が起きてきた。全くもって不可思議である。

                    ブログスタイルを変えたわけではない。

                    写真など皆無。無味乾燥、自分の思いを文字に託しているだけ。11年間、全く変わってはいない。

                    それでいてこの3月は11年間で初の月間10000アクセス以上達成。

                    首をかしげながらも、ありがとうとつぶやいてみる・・・

                    けれど、正直怖い気もする。2桁のアクセス数の方がホッとするのはなぜだろう。

                    そもそもそれほどのことを書いているわけではないという自覚があるからだ。

                    ロバート・クレイの「ストロング・パースエイダー」を聴きながら数という怪物に慄いている。


                    2018.01.07 Sunday

                    2018年読み初め 胡蝶の夢

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      2018年初書き込みである。

                      あと一週間で誕生日を迎える。57回目である。

                      特別な感慨はないが、退職後の人生に思いをめぐらせるようにはなってきた。

                      光陰矢の如しである。

                      だからといって、若い頃に戻りたいとか、昔はよかったなどと思うことは一切ない。

                      何故なら、今が人生史上で最も本を読んでいるし、好きなことが多くなり充実しているからである。

                      今年の読書初めは司馬遼太郎「胡蝶の夢」である。

                      文庫本でいえば4巻という大長編である。いま、4巻目の半分を読み終えた。

                      時代は幕末期。オランダの医学を通じて、徳川260年の鎖国体制の強固な礎ともいえる「身分差別制度」からの転換を夢に見、実践を図った医師 松本良順を軸とする物語である。

                      個人的には司馬遼太郎は戦国期よりも幕末期の物語が一番おもしろいと思っている。

                      その期待にたがわぬ内容である。

                      以前から吉村昭の名著「冬の鷹」などを通じて、蘭学に傾注し解体新書を表した前野良沢や杉田玄白の物語に心惹かれるものがあった。

                      時代的にはそれよりかなり後ではあるが、やはり興味深いものがあった。

                      我が国の西洋医学の発展に大きな影響を与えた国はまぎれもなくオランダである。

                      そのオランダのポンぺという軍医官に良順は心から心服する。

                      ポンぺが教えたこととは。

                      「一個の生命を守るだけでは意味をなさない。社会全体から病気を守らればならない。それが医師の義務である。義務は、本来、報われることを期待しないものである。」

                      この当時の日本にとって「社会」とか「義務」という概念は、未知の思想であった。

                      医学も医師も市民のために存在するものであり、患者に差別があってはならないという考え方が良順の身分制の変換という実践への大きな動機づけになるのである。

                      「穢多・非人」を改めることを15代将軍慶喜に直接具申し、慶喜自身もその日の内に改めるようにお触れをだす場面などを読むと、歴史の表舞台では決して語られることのない事実が浮き彫りになって面白い。

                      この決断から実行の速さは驚嘆すべきものがある。今の愚昧な政治家は何かを学ぶべきであろう。

                      語られることの少ない、悲劇の将軍である14代家茂と死をみとった良順のやりとりには胸を打つものがある。

                      「医者はよるべなき病者の友である。」

                      ポンぺのこの言葉を実践するように、家茂の生涯の最後の短い時間を共にすごしたのは良順であった。

                      死の直前、家茂に同衾を請われる場面があるのだが、どこか滑稽でありながら生涯孤独であった家茂の悲痛さが浮き彫りになってくる。

                      また、新選組との深いかかわりも興趣をそそられた。価値観が全く違うはずの良順と近藤勇がなぜ兄弟の契りを結んだのか等。

                      心に永遠に残る本との出会いを愉しんでいる。


                      ▲top