スポットライト(BOOK SIDE STORY2018)

本や音楽を思いのままに紹介する。
それでも言葉にこだわり、思いを伝えたい・・・
そして思いの中に魂を込める。
虚飾を排し、嘘を捨て去る。

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.07 Friday

司馬作品の英訳から見えてくるもの

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    村上春樹の登場でアメリカにおいての日本文学の受容は一変したとアメリカで村上作品の展開を支えた編集者のE・ルーク氏は語る。

    また、翻訳者のJ・カーペンター氏は司馬遼太郎氏の英訳本がないことを嘆く日本の読者の要望に応えるために、手始めとして「坂の上の雲」を訳し、現在は「龍馬はゆく」に取り掛かっているということだ。

    これは「国際文芸フェスティバルTOKYO」の取組の中でのトークイベントでの話題である。

    「坂の上の雲」はさぞ訳すのに苦労したのではないかと思うのだが、どうなのだろう。

    カーペンター氏はこう語る。

    司馬作品の中に「余談だが」という作家の語りが多く出てくることに驚きを感じると。これはエッセーなのか?

    まあそれが司馬作品の特徴の一つであるのだが、アメリカではまずないらしい。

    また、方言にしてもその良さを生かしたいという思いから、そのまま英語に当てはめ、続けて英語の意味を載せるなど工夫しているということである。

    なるほど、日本の時代小説で坂本竜馬や西郷隆盛の言葉を標準語で表現すると魅力が半減するのと同じ理屈であろう。

    また、日本の作品には「悲しい」「寂しい」という言葉が多用されているという指摘もあった。

    それを繰り返して「sad」「lonely」と全て入れると重い感じになってしまうので適度に裁量を加えているということにも日本とアメリカ圏との文化の違いを見た気がした。

     


    2018.11.24 Saturday

    影踏み鬼ー新撰組 篠原泰之進日録ー

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      このところ、ずっと葉室麟の作品を集中して読んでいる。

      いま、読んでいるのは「影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録」(文春文庫)である。

      新撰組を取り上げた小説では、司馬遼太郎の「新選組血風録」「燃えよ剣」、門井慶喜の「新選組の料理人」などを読んできた。

      何といっても「新選組血風録」の面白さに引き込まれた。

      葉室麟自身、インタビューで司馬遼太郎の作品及び司馬遼太郎自身を敬愛していると答えるくらいに、その小説の面白さは抜群である。

      小説には著者のものの考え方や見方が投影されている。歴史時代小説でいえばそれを「史観」とよぶ。

      よく司馬史観などという言い方をされることがあるが、今回「影踏み鬼」を読んでいて司馬遼太郎とは異なる葉室史観というものを感じた。

      それは新撰組のありよう、例えば土方歳三に対する見方である。

      司馬遼太郎は「燃えよ剣」の中で、冷血さや残忍さよりも、土方の人間的な成長を物語の主軸として描いている。

      鳥羽伏見の戦いで官軍の持つ洋式兵器に敗れた土方は、剣の時代の終わりを痛感し、オランダ陸軍が編んだ「歩兵心得」を貪り読み、最終決戦となる函館においてもめざましい活躍をする。つまり、人間としての成長を戦を通して続けているのである。

      一方、葉室麟は新撰組が京都で果たした役割の中でも「内部粛清」の非道さについて述べ、決して殺戮行為を時流に乗ったこととして正当化や美化するようなことはない。

      「内部粛清、内ゲバの陰惨さが今でも躰の中に残っているから、小説の中で人殺しを美化することはしません。」

      この言葉がその思いを端的に表している。

      だからこそ、土方の対極ともいえる篠原泰之進を主人公にし、人間にとって大切なことは「いまやっていることがきれいかどうかだけだ。」とう言葉を与えているのだと思う。

      師と仰いだ伊藤甲子太郎が新撰組の手で無残に殺され、路上に放置されている場面での篠原の思いが強く胸に迫るのは葉室史観の表れであろう。

      なんたる非道。なんたる暴虐。新撰組は禽獣か。

      泰之進は言葉を失った。

      われらがなすべきことは、涙を流すことではない。伊藤先生の復仇を果たし、近藤と土方の首を墓前に捧げることだ。


      2018.03.05 Monday

      山本周五郎 人間の心の裡にある善なるものを描く

      0

        JUGEMテーマ:読書

         

        山本周五郎の短編集「酔いどれ次郎八」(新潮文庫)を読んでいる。

        作家として有名になる以前、昭和初期の作品が多い。

        しかし、既に周五郎らしさは垣間見えている。

        代表作の「さぶ」にしても「赤ひげ診療譚」にしても、その作品に一貫として流れているものは人間が裡にもっている弱さや善なるものを包もうという温もりである。

         

        ひいては、「ちくしょう谷」のように人を赦すということはどういうことなのかという大きな命題を投げかけてくる。

        人と人との心と心の触れ合いや交流が希薄になり、軽佻浮薄なつながりが大手をふって闊歩している時代だからこそ、周五郎の作品に共感したり、ほっとしたりするのであろう。

        冷静に醒めた視点でみれば、綺麗ごとにしか思えない作品や、そこまで人は善意を貫けるだろうかと考えてしまう作品もあるが、読み終えた後で決して嫌な気分にならないというのは大きな救いである。

        小説の世界といえども、その救いはいまの私たちには必要だ。

         

        冒頭に紹介した短編集のタイトルになっている次郎八がなぜ酔いどれているのか?

        その理由が最後に明かされた時、切なさと同時に私たちが失いかけている心の裡にある「善なるもの」の存在の確かさを改めて知る。そして、静かな感動が心に寄せてくる。

         

        2018年。山本周五郎の作品に出会えたことは私にとって大きな力である。


        2017.11.25 Saturday

        世に棲む日々、殉死を読む

        0

          立て続けに司馬遼太郎の作品を読んでいる。

          長編を主に、短編を問わずである。

          いま 「世に棲む日々」を読んでいるのであるが、主人公は松下村塾の吉田松陰と弟子の高杉晋作である。

          「実行の中にのみ学問がある。行動しなければ学問ではない。」という思想こそ、吉田松陰を支えたものであり、陽明学といわれるものである。

          弟子の高杉晋作は行動を欲するがために行動をしているという典型的な人物であり、佐幕保守的な藩の体制に対して反旗を翻し、数十人という手勢で立ち向かい、最終的には奇跡的な「革命」を成し遂げるにいたるその行動は、まさに雷電と語られるにふさわしい天衣無縫ともいえる活躍振りである。

          読んでいて、血がさわいでくるほどの冒険活劇という趣を醸し出している。

          そして、その革命が成功するや、「俺はその日から消えて、洋行でもする。」ときっぱり言い切るのであるから、まさに行動のために生きているという表現がぴったりである。

           

          陽明学といえば、大塩平八郎、大村益次郎、河井継之介、西郷隆盛の名前が浮かぶ。

          最終的には非業の死を遂げるという運命を背負っている。

          陽明学的体質をもった人間と言い換えてもいいだろう。

          正義のために抗しがたきものに抗し、その身を粉砕するという劇的な人間性を有した巨人である。

          そして、その系列に準じようとした人物に乃木希典がいる。

           

          「殉死」を読んだのであるが、彼の劇的な人間性は、常に形式的な演出を帯びたものに傾倒していく。

          日露戦争の最大の攻防戦ともいわれた203高地での死闘。

          司馬遼太郎は徹底して、乃木の軍師としての無能さを批判している。

          そうであっても、彼の詩的情景の役者ぶりが世界的な評価を受けたのはあの有名なロシアのステッセル将軍と共に映った水師営の会見の模様である。

          この映像ひとつで、彼の旅順攻略戦の責任問題は消し飛んでしまったと司馬は語る。

          ただ乃木に対する司馬遼太郎の激越ともいえる酷評は「司馬史観」の誤った例として批判もされた。

          いずれにしても、多面的に人物像をとらえなおすきっかけを与えてくれたという点では、なかなか面白い作品である。

           

          それにしても、司馬遼太郎の描く幕末から明治にかけての物語の面白さは格別である。

          本当に面白い。長編であってもぐんぐん読み進めてしまう自分がいる。

          改めて小説の面白さを堪能している日々である。幸せな時間が過ぎていく。


          2017.08.02 Wednesday

          虎の咆哮 中島敦「山月記伝説」の真実

          0

            JUGEMテーマ:読書

            7月に読んだもう一冊の新書についても触れたい。

            「中島敦「山月記伝説」の真実」(文藝春秋)である。

            今年に入り、久々に中島敦の作品を読んだ。

            特別なきっかけがあったわけではなく、書店で「懐かしいタイトルだなあ。」と思い手に取ったのが「山月記・李陵」であった。

            漢詩の素養のある中島敦だけに書き出しは難解な語句が多いのであるが、読み始めると止まらない魅力を秘めているのが「山月記」である。

            その「山月記」の誕生から今や高校の教科書の定番になる迄の経緯について、中島敦を取り巻いた人々との関わりを軸に纏められている。書評を読むと作家についての評伝としては内容が浅いという指摘もあるが、自分は興味深く読むことができた。

             

            第二章の虎の咆哮が強く心に残った。

            中島敦は天才であるが、心に巣食う狂気にも気づいていた。

            そして、その狂気は「短歌」に表れている。

             

            ある時はゴッホならねど人の耳を喰いてちぎりて狂はんとせし

            モディリアニの裸婦赤々と寝そべりて六月の午後を狂ほしく迫る  「赤と白と青と黄の歌」

             

            山月記の中で、虎が人を食う場面の直接的な描写はなく、兎に変えているのは、理性を忘れて人間を食いちぎりたいという自分の暗い衝動から目をそらしたかったのであろう。(上記 本P44)

             

            耳のないゴッホの自画像も、モディリアニの描いた裸婦の肖像も、どちらも狂気を秘めている点において、中島敦自身の「自画像」とも言える。

            その狂気を感じながら、中島敦は「山月記」を書いた。

            山月記の詩人の心に巣食う「虎」=中島敦の内面の狂気=尊大な羞恥心と自尊心

            乗り越えようとして足掻くも、見上げれば「月」。

            高く聳える山の遥か彼方に「月」。

            理想を追い求めても、追い求めても届かないことへの恐れと嘆き。それが「山月記」最後の場面の虎の咆哮である。

            紛れもない中島敦自身の咆哮である。

             


            2017.05.03 Wednesday

            円卓 宝石のような一冊

            0

              いま、読書では西加奈子にはまっている。

              昨日も「円卓」を読み終えた。

              今年に入ってから30数冊の本を読んできたが、一番笑い、最後にはジーンとくる本のベストワンである。

              主人公のこっここと渦原琴子は小学3年生。

              家族に愛されながらも、普通でいることを嫌い「孤独」に憧れる少女である。

              こっこの口から飛び出す言葉は鉄砲のような勢いをもつ大阪弁。

              そのテンポのある会話に引き込まれながら物語は進んでいく。

              こっこを取り巻く人々の造形描写が素晴らしい。

               

              同級生の吃音のぽっさんとの最後の会話は胸に迫る。

              「ひ、ひとりにして、す、すまんかつた。」

               

              不整脈をかかえる朴くんの凛としたたたずまい。

              三つ子の姉のこっこに対する優しさはあたたかい。

              母親が円卓に並べる料理に食欲をそそられる場面も多い。

              極めつけは「麻婆春雨茄子豆腐」。想像しただけでおなかがなり、涎が出てきそうだ。

              家族の喧騒を嫌い、いつも飄々としている祖父の石太が静かにこっこに寄り添う中盤の場面は永遠に心に刻まれる。

              小説における名場面のひとつである。

              「死ぬのがこわいいうことは、生きることを大切にすることやろ。」

              また、サイドストーリー的な姉の朋美が祖母の誕生日に向けて帽子に真剣に刺繍する部活動の様子など、心に残る場面が至るところで出てくる。そこも大きな魅力である。

               

              それにしても最後の数ページにはやられた。お見事の一言。

              絶望を希望に変える奇跡。「炎上する君」で表現した希望が姿を変えて蘇る。

              宝石のような一冊である。


              2017.04.30 Sunday

              硬文学の代表格 中島敦を読む

              0

                JUGEMテーマ:読書

                 

                深い余韻に浸っている。

                中島敦「李陵」「名人伝」「山月記」を読んだ。

                漢学の深い知識に支えられたこれらの作品は、まさに比肩するものがない。

                屹立した文学者である。

                あとがきの林望の言葉に、漢文の読み下しのような文体なので難しさは当然あるが、語釈がついているんでさっと見てどんどん読み進める魅力があるという主旨の内容があった。

                まさにその通りである。

                確かに、最初とっつきにくさはあるが、「李陵」などはその内容の濃密さやスピード感にあおられるように一気に読み通してしまつた。実におもしろいのである。

                中島敦の作品は小説という形態をとってるので一応「軟文学」であるが、性質的には硬文学そのものである。

                これが、中島敦の文学の近代日本文学史における特異さである。

                旧知の作家、深田久弥は中島敦の文学を「ますらおの文学」と呼んだ。

                小説全体を覆う弓をひいたような緊張感。それでいて、スピーディな展開。ドラマ性。

                大好きである。

                最高傑作はやはり「李陵」であろう。

                その中で描かれる「李陵」「司馬遷」「蘇武」という3人の人間ドラマはすさまじい迫力で胸に迫る。

                読み終えた時の感動が心に押し寄せる。幸せな読書体験である。

                33歳で夭折した中島敦が死ぬ間際に書き表した作品であるということも、この小説により深い味わいを与えているのであろう。

                 

                中島敦の小説は、解説など全くなくても芸術として自立している。

                文庫本の解説の中に出てくる言葉である。納得である。

                 


                2017.04.10 Monday

                望外な喜び 作家「西加奈子」との出会い

                0

                  JUGEMテーマ:読書

                  昨日、紹介した西加奈子「炎上する君」がどうしても手元にほしかったのでアマゾンに注文して取り寄せた。

                  自分の購入した本には帯はついていなかったが、ネットで調べてみると、又吉直樹が書いていることが分かった。

                  それは、「絶望するな。君たちには西加奈子がいる!」である。

                  なるほどと共感してしまった。そして自分と同じだと思い、嬉しくなった。

                  「ある風船の落下」だけでなく、この短編集を貫いているのは【希望】である。

                  何かにつまずいている人。自分自身の本質を見出すことができず悩んでいる人。本当の自分の気持ちに気づけないまま殻にこもっている人。

                  そんなどこにでもいる普通の人々の行く先に小さく光る希望が描かれている。

                  大好きな一冊が生まれた。

                   

                  その西加奈子の異色作ともいえる恋愛+ミステリーともいえる趣の「窓の魚」を読んだ。

                  登場する4人の主人公。wカップルという設定ではあるが、関係はいささか込み入っており、誰も本当の自分の姿を明かすことはなく、疑心暗鬼のまま一泊の温泉旅行を過ごす。

                  会話がかみ合うようでいてかみ合わず、すれ違いのようで微妙なところで交差することで、より猜疑心は深まる展開となっており、一時たりともページを置くことができない。西加奈子の確かな筆の力なのだと思う。

                  そして、一人の女性の自殺や声だけは聞こえるが姿が見えない猫の存在といった味付けが、陰影を与えている。

                  解釈は読者の想像力にゆだねられて終わるのであるが、こういう終わり方は嫌いではない。

                  他のブログを見ると、謎解きに奔走して、何とか落ちを見つけることに躍起になっている方もいるが、そういう読み方をしていると窮屈になるだけではないかと思う。村上春樹の作品でも同様の試みをする読者がいて、落ちが分からないからつまらないという人も多くいるが、本との接し方としてはつまらないなあと感じてしまう。

                  もやもやとした結末の後、この旅行を終えた後、4人は一体どうなったのか想像することが楽しみなのである。

                  ただし、猫に関しては個人的にはメタファーだとは思っている。

                  近くにいると感じながら決して触れることのできない存在。それは4人の主人公同士の心そのものである。

                   

                  西加奈子。注目すべき作家と出逢えたことは望外の喜びである。

                   


                  2017.04.09 Sunday

                  ある風船の落下

                  0

                    JUGEMテーマ:読書

                     

                    先日、ある飲み屋で飲んでいたら、そばに居合わせた女性と本の話になった。

                    誰の本を読んでいるのかたずねてみたところ「西加奈子」という声がすぐに返ってきた。

                    ここ数年、注目を浴びている作家だということは認識していたが、自分はまだ読んだことがなかった。

                    表紙がポップな色彩であるという印象も心には強く残っていた。

                    今日、図書館に行って早速読んでみた。 「炎上する君」(角川書店)である。

                    短編集であるが、ひとつひとつの作品のもつ力に惹きつけられ、あっという間に読破してしてしまった。

                    又吉直樹や中村文則が賞賛の言葉を寄せる作家だけのことはあると思った。

                    どの作品も読後感がいい。

                    希望の余韻が感じられる終わり方になっていて、落ち着いた気持ちになる。

                    特に好きだったのは、単行本書下ろしの「ある風船の落下」である。

                    溜め込んだストレスがガスとなり、体を膨張させる奇病「風船病」。

                    症状の最終ステージは「SHOOT」とよばれ、ものすごい破壊力で地上を離れ、天に漂う運命が待っている。

                    そして、徹底的に自我を捨てた人間は本物の風船という美しい球体になって天を漂い続けるのである。

                    それは何者にも決して己を傷つけられないという意味においての人間の最終形である。

                    だが・・・

                     

                    「ハナ、聞いて。僕の祖先は迫害を受けた。全くいわれのない迫害だ。そして僕は、この容貌と臆病な性格のせいで、小さいころから苛められてきた。僕は人間が、その悪意が怖かった。世界を憎んだ。みんなが僕を攻撃する、そんな世界を捨てて、ここに来た。でも、ハナ。聞いて。僕は君に会って、君と話をして、何かを信じて、求めることの幸せを思い出した。もし、裏切られたとしても、社会から中傷をくらっても、それでも、誰かを信じることの素晴らしさを、僕は思い出したんだ。君が好きだ。」

                     

                    「僕は風船にはなりたくない。等間隔のまま、傷つかない代わり、誰とも寄り添うことなく、たったひとりで浮き続ける風船にはなりたくない。」

                    やられた。

                    また一人。小説の力を感じさせてくれる作家に出会えたことを嬉しく思う。


                    2017.04.02 Sunday

                    漱石 文明論集を読む

                    0

                      JUGEMテーマ:読書

                       

                      今年に入り、その魅力に取りつかれたように読み耽ってきた夏目漱石。

                      いま、刊行されている小説はあらかた読んできていたのであるが、ここにして読むのをやめてしまった作品がある。

                      「虞美人草」である。漱石が教職の道を絶ち、小説家として生きて行こうと決めた最初の作品である。

                      24ページで頓挫してしまった。

                      理由は内容の本筋とは関係ない自然の描写や紹介している西洋の本の内容を語るときに難解な言葉が多く出てくる点である。

                      その他の作品でも難しい言葉は出てくるが、脚注を見れば何とか読み進めることができたのだが、脚注にも出ていないとなると読む意欲が減退してしまうのは致し方ない。

                      漢学に親しんできたその知識をひけらかすまではいかないにしろ、そういった知識人としての気負いを感じる出だしである。

                       

                      そこで、岩波文庫から出ている「漱石 文明論集」に切り替えた。

                      いや、面白い。

                      講演会でも話がいくつも収録されているのであるが、漱石は物語だけでなく、話すことにかけても一流の技量をもっていたことがうかがいしれる。

                      「現代日本の開化」「私の個人主義」など興味深い内容がぎっしり詰まっている。

                       

                      我々の開化が機械的に変化を余儀なくされるために、ただ上皮を滑っていき、また滑るまいと思って踏ん張るために神経衰弱になるとすれば、どうも日本人は気の毒と言わんか、憐れと言わんか誠に言語道断の窮状に陥ったものであります。私の結論はそれだけに過ぎない。

                       

                      漱石の小説の底辺に流れる苛立ちに似た思念がここに表れている。

                       


                      ▲top