社会科授業動画配信への思い 問題追究・解決的学習を目指して

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    私の住む神奈川県も緊急事態宣言が解除され、学校も来週の再開をめざしての準備体制に入っている。

    いよいよ「日常」が元のままではないにせよ戻ってくるという感じである。

    最近は授業配信動画のアップに向けてのコンテンツの編集に追われてなかなか楽器練習ができないという状況である。

    ナレーションの録音にMacの内蔵マイクを使っていたが、録音するときの姿勢も含め改善していきたいと考え、SONYのコンデンサマイク ECM-PCV80Uを購入した。

    ゲーム実況に最適のマイクということでYOUTUBEでも多くレビューされているマイクである。

    ホワイトノイズが入ることが若干気になりはするものの、入門者には最適のマイクであると思う。

    ただ、可動式のマイクスタンドの方が姿勢も良く録音できるということなので、検討しているところである。

     

    小中学生向けのオンライン授業動画をよく見るのだが、こと社会科に関していえば、カズレーザーしかり基本となる知識を早口で徹底的に覚えさせるというタイプのものが多く、人気を博しているようだ。

    まあ、何はともあれ手っ取り早く点数を取ろうよという戦術である。

    私の動画はその対極にあると言ってもいいかもしれない。

    知識を暗記する以上に、問題を見つけ、追究し解決するというスタイルを目指している。

    ただ、教室での1単位時間である45分は動画配信に割けないので難しい面は確かにある。

    それでも、社会科学習の魅力とか楽しさの本質はそこにあると考えているので、特に小学生には「ひと」「もの」「こと」という社会的事象に興味関心の目を向けられるようになってほしいという願いがある。

    次回の配信は6年生の歴史学習のスタートである。

    今日も一日中、編集作業に追われていた。


    YASU先生の鉄板オンライン授業 めざせ!動画配信50本

    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

      JUGEMテーマ:日記・一般

      いくら今までのクラスという実践現場で使用して来たパワポ資料の再利用とはいえ、動画配信となると「アニメーション効果」を追加したり、「ナレーション」を付けたり、「効果音」を配したりと手間がかかるものである。

      先週の火曜日にYouTuberとしてデビューしてまだ6日目であるが4本の動画を配信した。

      チャンネル登録の数は少ないが、視聴回数は4つのコンテンツ合わせれば370オーバーと一日大体100くらいは増えている。

      手間暇かけて配信しているものなので、多くの子供達や保護者の方に見ていただきたいという思いはある。

       

      チャンネル登録数が5万以上の方の話を聞くと、一番大切なのは配信数=コンテンツの量だということだ。

      具体的には50本までは地道にコツコツ、しかも間隔を間延びさせずに配信していくことが大きな鍵を握っているということを学んだ。このブログを12年前に始めた時もそうであった。地道にコツコツ書いていくことでアクセス数は伸びていった。

      途中で写真や動画配信の波に押され、私のように文章だけで、しかも長文となれば誰からも見向きもされな苦なるものであり、中途でそういう時期もあったが、今は平均して一日100弱位のアクセスはあるので十分満足している。

       

      このブログの趣旨は読んだ本にしても、聴いた音楽にしても、心に残り一回インプットしたものを、アウトプットする形で自分の生きて来た証を残すというのが大きなねらいであった。しかし、人間は弱いもので一回、東日本大震災後の原発作業員の方の思いを書籍から紹介したときに、大きな反響をうみ1日のアクセス数が15000以上となった。

      そうなると色気が出て、趣旨がアクセス数を稼ぐためのブログに変質しかけた時がある。

      やはり、「初心忘るべからず」なのだと思う。

       

      今回の動画配信もそうだ。今、学習機会を奪われている子供たちのことを最優先に考える。そして、第2波や3波が来たときのためにも備えておくというその初心を忘れずにいたい。そういう観点からも動画配信50本を今の大きな目標にしている。

      最後に宣伝を。チャンネル名は「YASU先生の鉄板オンライン授業」で検索をかけていただけらば視聴できます。

      よろしかったらぜひ。


      MacユーザーにはパワポよりもKeyNote  スライドショーの録画について

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        授業動画配信のためにパワポを活用して一連のスライドショーの流れを録画して、MP4にエクスポートする方法を取ったのだが、これがそもそも大きな失敗であった。

        私のようにMacユーザーはパワポよりもアップル付属のKeyNoteの方が使い勝手が断然いいということだ。

        Mac用のパワポ2016や2019では、ナレーションを録音するのに手こずる。

        まず、スライドショーの録音を押しても、WINDOWS版のように発表者用ツール画面に●の録音ボタンが出てこない。

        これは相当焦る。

        Mac用の完全ガイドブックにもこれに関する記述はない。

        では、どのように録音するかというとスライド一枚ごとに、挿入タブをクリックして音声を入力するのである。

        しかし、これでもうまくいかない。

        なぜならスライドショーの記録時に内蔵マイクがこの録音された音声を拾うため、内蔵マイクの音量をゼロにしておかなくてはならないからだ。

        これはシステム環境設定で行うため、別に画面を開かなくてはならない。しかも、このことに気がついたのは、KeyNoteに切り替えて作業を終えた後だった。

        結局、マイクロソフトという会社からしてみればWINDOWSユーザーには手厚い説明や機能を、Macユーザーには、それなりに対応ということになるのだろう。まあ、無料のKeyNoteがあり、しかも1番の欠点であった縦書きにも対応したのでほとんど遜色がない。

        アニメーション機能の細かな設定などに差があるのだろうが、サクサク動画を作るにはそんなことに必要以上に凝るメリットはない。

        それから、両方使ってみて思ったのは、どちらが直感的に操作できるかというとやはり断然KeyNoteということである。

        エクスポートの時間も短いし、最初からこちらにすれば良いと思った。

        YOUTUBE上でもパワポでの録画方法をWINDOWSで紹介するものが圧倒的に多いのであるが、Macで私と同じことを考えている人はKeyNoteをお勧めする。


        YOUTUBE授業動画配信デビューに寄せて 「一寸先は闇、だがその先には光あり」

        0

          JUGEMテーマ:学問・学校

          JUGEMテーマ:日記・一般

          前回の続きである。

          1週間前、まさか自分がYOUTUBEにおいてただ視聴する側から、配信する側になるなどということは夢にも思っていなかった。

          しかし、あと50分後には初の動画が配信される。

          自分の人生を振り返ってみると、特にここ10年くらいの間では、禍となる病気などを経験した後に、自分の内面において新しい自己が覚醒する感じが続いている。

          それ以前は典型的な仕事人間であり、仕事を取ってしまえば何も残らないという味気のない日々を送っていた。

          鬱病で倒れたことを契機にして、クラシック音楽と出会い、コンサートホールにも足繁く通うほどのマニアになった。

          読書量も飛躍的に増え、今まで読まず嫌いだった歴史時代小説に傾倒するようになった。

          昨年、再び睡眠障害になりやむなく退職することになったが、初めて民間に勤めた経験からパソコンによるストラップ作りなどDIYの楽しさを知り、9月からは楽器練習を開始した。

          そして、今回の授業動画配信である。

           

          「人生は一寸先は闇だが、必ずその先には光がある。」そのことを身をもって体験した。

           

          陳腐かもしれないが、苦しい時に未来を考えることは困難ではあるが腐っていてはいけない。

          光など想像もしないが、這うようにしてでもいいから足元だけ見つめて足を前に出すことである。

          歩幅は小さくてもいい。歩き続けていれば、必ず光は初めは針の先くらいのものであっても見えてくる。

           

          今、コロナ禍のなか、まさに生きていくことが辛い人は山ほどいると思うが、生きていれば必ず何かしらの打開策は見えてくる。

          「甘いよ」といわれそうであるが、私はそう信じている。

          幾度となく病で倒れた自分であり苦しくて泣いた夜もあるが、今こうして新しい何かを手にして元気な世界に戻ってくることができた。人間は決して強くはないが、思っているほど弱くもない。自分の力を自分で見切らないことだ。高望みする必要はないが、しっかりもっている力を過小評価することなく見つめることも大切である。

           


          興奮度MAX  パワポでオンライン授業をスタートするための準備

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            JUGEMテーマ:学問・学校

            久しぶりに徹夜をしてしまった。

            それは、ひょんなことからYOUTUBE動画を見ていたら「パワポで簡単に動画作成及びYOUTUBEにアップ」というコンテンツを見つけてしまったからである。

            実は、正規の教員時代に特に高学年の社会科を学習するときのために数多くのパワポのコンテンツを作ってきた。

            今、折しも未曾有のコロナ禍で子どもたちは学校で学ぶ機会を奪われ、オンライン授業の定着もわずか全国で5%。しかも私学が中心という状況である。

            それならば、今まで作成してきたパワポコンテンツにマイクで解説を加えたものを録音し配信できないかと考えたのである。

            パワポとマイクさえあれば動画編集用のソフトも手間もかけずに済む利点があるし、顔出しNGという条件にも当てはまる。

            そこで、久々にUSBメモリに保存してあるパワポ教材ファイルをパソコンに移してみた。

            早速、作業開始。

            マイクはできるだけコスパがよく高音質のものがいいと思ったのでSONYのコンデンサマイクを注文した。

            まずは5年の国語の「複合語」と「俳句」の学習からスタートさせたい。

            いくつかの修正を加え、ほぼほぼどちらのコンテンツの準備ができた。

            その作業に没頭していたので徹夜となったのである。

            禍転じて福とはよく言ったもので、こんな災厄がなければ動画配信など想像もしていなかったし、今まで時間をかけて作ってきたパワポ教材の再利用にも至らなかったであろう。

            また、算数のオンライン授業のコンテンツは豊富であるが、地域性があるゆえ、教材の幅が広いために社会科のコンテンツが少ないことも検索してみて分かった。

            そういう意味でも、今までの経験が生かせるのではないかと感じている。

            コンテンツ数のストックは既に30くらいはある。45分に対応する形での資料であるので、一つのコンテンツをいくつかに分ける必要がある。

            また動画で一方的に私が話している学習は飽きが生じ、つまらなくなるので双方向に近づけるような工夫やクイズなど知的好奇心を喚起する手立てもおこなっていきたい。

            楽器練習も楽しいが、やはり教材作成は血が騒ぐ。授業が命と思ってきたその気持ちはいつまでも変わらない。

            1回目の配信はマイクが届いてからなので、来週末あたりを考えている。今からワクワクしている。


            共感!必見! 人気YOUTUBER 瀬戸弘司の動画「おすすめの家での過ごし方」

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

              自分の好きなYOUTUBERに瀬戸弘司がいる。チャンネル登録数も45万人以上という高い人気を誇っている。

              今日アップされた動画では、「おすすめの家での過ごし方」というタイトルで、この自粛生活中での過ごし方について述べていた。

              ズバリ、何でもいいから「練習」することである。

              何となく毎日を過ごして、つまらないとネガティブに考えるのではなく、ある意味何かを身に付け、自己を磨いていくチャンスだと捉えて過ごすことという内容で、非常に共感できた。

              このコロナ感染が収束した時に、あの時の自粛期間があったから、これだけパワーアップできたと実感できるように過ごしたいと語る姿は、私の考えと全く同じであり嬉しくなった。

              瀬戸弘司をチャンネル登録している若者が少しでもこの動画を見て、家で過ごすことを前向きに捉えることができればと願う。

               

              自分は何度もこのブログで伝えているように、コロナ感染に関係なく毎日、楽器を練習している。

              ただ練習するのではなく、瀬戸弘司も語っていたように、その日のめあてを持って取り組んでいる。

              そうは言っても、そんなにしゃかりきになっているわけではない。

              あくまでも吹きたい時にリラックスして吹くことを心がけている。

              キーワードは「毎日」、「無理なく」である。

              私のように超不器用な人間でも毎日練習していれば、指は動くようになる。それは確かである。

              数ヶ月前に苦労していた運指が滑らかにできるようになっているのは、大きな喜びである。

              そのためには、一曲完璧主義を止めることである。

              数曲を同時に練習する。それをサイクルにする。何周も何周も繰り返すのである。

              飽きないで、練習するためには大切なことであり、上達も実感できる。

              プロになるわけでもなく、楽器演奏で生業を立てるわけでもない。

              完璧を目指せば苦しくなり、挫折する。自分の生活に彩りを与えるものとして考えれば、楽しむことに徹することが大切である。

               


              60間近のオヤジの何気ない連休の過ごし方

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                何気ないぼっち大学生の日常動画が人気を集めている。

                神戸大学のパーカーくんのYOU TUBEチャンネルである。

                本当になんていうことのない動画である。

                それなら自分も60歳間近のオヤジ動画の配信をなどと夢想してみるのだが、「誰が見るのだ!」というツッコミを自分で入れると同時に容姿を晒す怖さを考えただけでゾッとする。

                まあ、文字ベースなら許されるかなと考え、ざっとこの連休の過ごし方を綴ってみる。

                この連休は流石に明日の「大寒」を予感させるにふさわしい寒さであった。

                だから、必然外には出ない。完全インドアでの生活である。

                基本的には読書と楽器練習に尽きる。

                読書は昨日紹介した山本周五郎の「正雪記」と「四日のあやめ」(こちらは短編集)を読んでいる。

                長編もいいが、やはり周五郎の一番の魅力は短編であると思う。

                まだ半分くらいしか読んでいないが、剣術ではなく「剣の道」を説く「ゆだん大敵」などは周五郎ならではの人生哲学を表している。

                 

                楽器練習ではたまたまYOUTUBEを見ていたら路上ライブミュージシャンですごくかっこいい映像を見つけた。

                手売りで100万枚を目指しているDALIである。

                そこで歌われていたのが、テレビの「はじめてのおつかい」の主題歌でもある「しょげないでよBaby」であった。

                本家の近藤房之助の声も魅力的だが、それ以上の熱量と圧倒的な表現力に痺れてしまった。

                早速ネットで楽譜を購入して、いざ練習と意気込んだのだが、なんとシャープが5つもつく難曲で、今日は一日中その曲を練習していた。ゆっくりならなんとかと言うところまでたどり着いたが、まだまだである。

                 

                それから、楽器エフェクターのリバーブが欲しいと思い注文した。届くのが今から楽しみである。


                芸人達のキャンプ動画への嫌悪感

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  これは昔からなのであるが、人とつるんでとか群れて何かをやることが苦手である。

                  自分のペースで自由気ままに行動したい。

                  だから、最近話題になっている芸人ヒロシを中心に集まってキャンプ動画をアップしている芸人連中に嫌悪感しか抱かない。

                  ソロで楽しむことが好きだったのではないか?

                  結局、無人島まで行って多数でつるんで楽しむというのは矛盾以外の何者でもない。

                  そういうのが好きだと公言して実際に「怪しい探検隊」を名乗り大人数でワイワイ騒いだ昔の椎名誠達の方が正直であり、潔くて好きだ。

                  大体、ソロキャンプとか無人島での行動をいちいち動画で流すなと言いたい。

                  結局人様に見て欲しいだけではないか。優越感なのか。自己顕示欲なのか。全く理解不能である。

                   

                  自分も若い頃、一人で北海道の北部を120キロメートル徒歩旅行したり、学生時代には気心の知れた仲間で登山をしていた身なので、キャンプとかテント生活の面白さなどは理解できるつもりだが、他人に見せる物では決してないだろう。

                  他人に見せたいという発想が生まれる時点で、キャンプの醍醐味は半分以上損なわれている。

                  山などの大自然の中で誰にも知られることなく静かに佇み、圧倒的なマイナスイオンに包まれてゆっくり時が過ぎていくのを楽しむ。

                  キャンプを何かのライブやショーのような見せ物にすることは自然への冒涜である。


                  第7世代のiPAD購入 デジタルガジェットについて

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                    結構、デジタルガジェットが好きで、その関係の動画はよく見る。

                    最近、楽譜がたまる一方でカラオケ屋での楽器練習の際にも、持ち運びに嵩張るのでなんとかいい方法はないものかと考えていた。

                    ネットで購入した楽譜はPDF化してクラウドに保存してあるので、ベストな方法はやはりモバイルモニターまたは第7世代の(最新の)iPADを購入し持ち運びすることだと思い、早速注文した。

                    書き込みができる楽譜アプリはすでにDLしてあったので使い心地を試してみたが、携帯性ということを考えるとiPADの方が使い勝手がいいかも知れない。

                    すると、次に欲しくなるのがBluetooth対応の譜めくりガジェットである。

                    そんなことを考えながら動画を見ている時が一番楽しい時間である。

                     

                    iPADであるが、購入に際しては多くのレビュー動画を見させてもらったが、決めてはコスパであり、使用用途が明確なので最安値のiPAD 32GBにした。

                    それに関連したオススメアプリの紹介も視聴した。メモアプリの紹介が圧倒的に多かった。

                    しかし、私の心に触れるものは一切なかった。理由は簡単。最強のメモをとる道具はノートとボールペンであると思っているからである。

                    ノートを開いて、その時の考えや思考を書き留める時に、わざわざiPADを使う必要などない。

                    アップルペンシルがどんなに進化したところで、紙に筆圧を感じながら書く時の頭の働きの方がまさっていると自分は信じている。

                    ただ、書いたものをスキャンしてiPADに取り込むのはアリだろうとは思う。

                     

                    仕事に関しても毎日ワードやエクセルを立ち上げてデスクワークをすることもほぼほぼなくなった。

                    だから、iPADはあくまでも趣味利用での活用である。

                    ガジェットありきではなく、自分でこれがやりたいからこのガジェットが必要であるという考え方が大切なのではないのか。

                    使わない多機能を詰め込んだ最新型に価値を見出せないのはそういう理由からである。

                    デジタルガジェットがこれからどういう進化を遂げていくのか分からないが、画期的な革新性はそうそうは生まれない気がする。

                     


                    芸人ヒロシのソロキャンプ動画への違和感

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      YOUTUBEを見ていると「ソロキャンプ」がどうやらブームになっているようだ。

                      その第一人者が芸人の「ヒロシ」である。

                      ただ数回見ていて、どうしても違和感を感じてしまうのだ。

                      自分で山林を購入し、その山林に買ったばかりのジムニーで駆けつけ、焚き火をし自前の食材を調理して食べる。

                      使っている道具も年季が入っているし、手際もよく、キャンプ慣れしていることはよく分かるのであるが、初めて見たときの違和感はずっと拭えない。

                      そのもとは何なのかを考えた時、結局金持ちの道楽アピールに過ぎないということに行き着く。

                      周囲に同調するのが苦手でソロキャンプと言いながら、じゃあなぜひっそりと楽しまないのかと素朴に考えてしまう。

                      何を発信したいのか?自分にはよく分からない。

                       

                      キャンパーとかバックパッカーの良さはなるべくお金をかけないで、自分の行きたい場所に自由気ままに出かけて、質素・簡素に徹して楽しむということにその良さがあるのではないかと考えるからである。

                      自分が北海道を120キロ歩いた時もそうであった。

                      テント、寝袋など一式を背負い、浜頓別から稚内までつまり日本の最北端を2日かけて歩いた。

                      人の数より牛が多い日本一広大な牧場がある猿払をすぎ、右手にオホーツクの匂いを感じながら歩いた。

                      食堂はたった一軒だけ、自販機すら皆無の道であった。

                      何もない空き地で一夜を過ごし、コッヘルで用意していたインスタントラーメンを煮て食べたのであるが、その味噌味が腹にしみてうまかったことを記憶している。ソロキャンプの醍醐味とはそういうものであろう。

                       

                      人に自慢するものでもないし、キャンプ上手を気取るものでもない。

                      お金をかけて大自然に親しむというその発想がどうも胡散臭い。

                      そして、それに影響を受けた偽物の気取り屋キャンパーが増殖していく。

                       


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM