LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

死こそ常態。生はいとしき蜃気楼
/ カーソン・ライダー 
0
    JUGEMテーマ:日記・一般
    <ことしも生きて/さくらを見ています/ひとは生涯に/何回ぐらいさくらをみるのかしら/ものごころつくのが十歳ぐらいなら/どんなに多くても七十回ぐらい/三十回 四十回のひともざら/なんという少なさだろう>▼二〇〇六年に亡くなった茨木のり子さんの詩「さくら」を読むたびに、誰にも平等に訪れる死のことを想(おも)う。満開の桜をあと何度見られるだろうか。若いころには考えもしなかった自問を繰り返す▼<もっともっと多く見るような気がするのは/祖先の視覚も/まぎれこみ重なりあい霞(かすみ)だつせいでしょう/あでやかとも妖しとも不気味とも/捉えかねる花のいろ/さくらふぶきの下を ふららと歩けば/一瞬/名僧のごとくにわかるのです/死こそ常態/生はいとしき蜃気楼(しんきろう)と>▼二十五年間連れ添った夫の三浦安信さんを亡くしてから、一人暮らしを通した茨木さんが六十代半ばに書かれた詩らしい。「死こそ常態/生はいとしき蜃気楼」は最愛の人を思い続け、たどりついた死生観なのだろうか▼茨木さんが最後に見た桜は亡くなる前年の春だった。山梨・塩山の山里の一帯に見事な枝垂(しだ)れ桜が咲き乱れていたという(後藤正治著『清冽(せいれつ)』)▼東京ではきのう、観測史上で最も早くソメイヨシノが開花し、各地から平年より早い開花情報が届く。寒さが厳しかった分、怒濤(どとう)のように春は押し寄せる。

    今日の「筆洗」である。
    茨木のり子さんは好きな詩人のひとりである。

    生はいとしき蜃気楼。
    胸に響く。

    2年前の東日本大震災の日、私は体調を崩し、休職していた。
    突発性難聴である。
    不安の中で、激しい揺れを体感した。
    家には私一人しかいなかった。
    世界が終るのだなと直感的に思った。
    現実、津波にのみこまれ、断ち切られた人生や世界がある。

    私は幸運にして生きている。そう思うと、生きていることは実に儚いことである。

    儚いからこそ、人と人との出逢いを大切にしなければならないのだと最近強く思う。
    よかったと思える出逢いばかりではないのが生きていく上での辛さではあるが・・・

    今春。大好きなひとと桜の花をじっくりながめたい。

     
    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    ぞうきん
    / カーソン・ライダー 
    0
      JUGEMテーマ:読書
      久しぶりに詩集を買った。
      河野進「ぞうきん」である。

      河野進さんは牧師である。岡山県の玉島では「玉島の良寛さん」といわれて人である。
      マザーテレサに「おにぎり運動」という形でも協力・尽力された方である。
      1990年に永眠されている。
      その河野氏の詩がいま再び編まれた。

      こまったときに 思い出され、
      用がすめば すぐ忘れられる
      ぞうきん

      台所のすみに小さくなり
      むくいを知らず
      朝も昼もよろこんで仕える
      ぞうきんになりたい


      仰々しい言葉も、説教もない。

      平易な言葉で、人間が生きていくための本質が示される。
      ハッとさせられる。
      そんな詩ばかりである。

      使命

      まっくろなぞうきんで 顔はふけない
      真っ白いはんかちで 足はふけない

      用途がちがうだけ
      使命のとおとさに変わりがない

      ハンカチよたかぶるな
      ぞうきんよひがむな

      私はこの詩が好きだ。
      明日もまた、自分の使命を誠実にはたそうとしみじみ思う。
      おごることなく、ひがむことなく。
      | comments(0) | trackbacks(0) |
      pagetop
      97歳の詩人の矜持
      / カーソン・ライダー 
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
        よく後輩の原稿に「ありきたりな表現だ。もっとみずみずしくしてくれ」と注文をつける。だけれども、私もありきたりな文章しか書けず、苦しむ。

        兵庫県宝塚市の詩人、杉山平一さんが昨年冬の97歳の誕生日に出版した詩集「希望」が3月、「中堅以上の詩人を対象」とする現代詩人賞に選ばれた。杉山さんは、織田作之助を「織田君」と呼ぶほど親密な交際があった関西詩壇の大御所だ。さっそく手に取ってみた。

        「あたゝかいのは あなたのいのち あなたのこゝろ 冷たい石も 冷たい人も あなたが あたゝかくするのだ」(「反射」)。難しい言葉を使っておらず、すっと心に入ってくる。電車で見た虹に感動した幼い小学生を書いた詩は、詩人の目が小学生と同化している。みずみずしい表現がそこかしこにある。

        杉山さんは昭和30年代、経営する鉄工所を倒産させ、自己破産した。それから約50年後の受賞「どん底の中で、私には詩があるという気持ちが支えてくれた」。天真爛漫(らんまん)としか言いようのない目の輝きに、私の心はあたたかくなった。【田畑知之】

        今日の毎日新聞 夕刊の「憂楽帳」である。

        どん底の中で、私には詩があるという言葉に心打たれた。

        自分も杉山さんには及ばないにしてもうつ病や突発性難聴に倒れるなど、体調を損ね、希望の見出せない日々を数年前過ごしていた。

        そんなどん底の中にあって、自分を支えていたものとは何だったかと振り返ってみると、家族の支えであり、子供たちに授業をしたいという思いであった。

        自分の心の中で原点となるものを見失わず持ち続けていれば必ずや道は開けていくもの。
        杉山さんの詩を読んでいて そう強く感じた。
        | comments(0) | trackbacks(0) |
        pagetop
        震える弱いアンテナを大事に・・・
        / カーソン・ライダー 
        0
          JUGEMテーマ:日記・一般
          遅れてきた春一番のような暴風雨とともに、別れの季節が過ぎ、出会いの四月が始まった。着慣れないスーツ姿の若者たちが、社会人として新たな第一歩を踏み出した▼大人とは、すれっからしになること。そう思い込んでいた少女がいた。立ち居振る舞いの美しい素敵(すてき)な女性から聞いた言葉を、少女は後に詩に書き留めた▼<初々しさが大切なの/人に対しても世の中に対しても/人を人とも思わなくなったとき/堕落が始まるのね 堕(お)ちてゆくのを/隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました>▼背伸びをしていた少女は、どきっとして悟った。<大人になってもどぎまぎしたっていいんだな/ぎこちない挨拶(あいさつ) 醜く赤くなる/失語症 なめらかでないしぐさ/子供の悪態にさえ傷ついてしまう/頼りない生牡蠣(がき)のような感受性/それらを鍛える必要は少しもなかったのだな>(茨木のり子「汲(く)む」)▼苦手な人の前では、どこかぎごちない。緊張すればどきどきする。他人のちょっとした言葉で傷ついてしまう。でも、それでいい。強さの鎧(よろい)をまとうことで、大事なものが失われることもあるのだから▼自らの感受性を信じた詩人は見抜いていた。<あらゆる仕事/すべてのいい仕事の核には/震える弱いアンテナが隠されている きっと…>。少し肩の力を抜いて、人と比べずに新しい人生を歩いてほしい。

          自分の感受性くらい、自分で守れ。ばかものよ。
          そう書いた詩人 茨木のり子さんらしい詩である。
          感受性が弱まると同時に、他者への想像力は失われていく。
          世事にたけて、世の中を上手に泳いでいく術だけをみにつけるようになる。
          そこに人間らしい温かさや怒りはあるのか。

          そういう人間に私はなりたくない。

          常に世の中の出来事にアンテナをはり、弱い電波でもとらえられる心をもちたい。
           
          | comments(0) | trackbacks(0) |
          pagetop
          山之口 貘の詩  『不沈母艦沖縄』
          / カーソン・ライダー 
          0
            JUGEMテーマ:日記・一般
             
            今日は図書館に行って、詩のコーナーをうろうろとしていました。
            そして、私の好きな山之口 貘の詩集を借りてきました。
            彼の詩でポピュラーなものといえば、孤高のフォークシンガー高田 渡が歌った「生活の柄」があります。しかし、その歌詞の中で浮浪者という言葉が出てくるので、放送禁止歌に指定されたという馬鹿げた話があります。

            ホームレスがよくてなぜ浮浪者はいけないのか?音楽放送業界に携わっている人間には説明などできないはずです。体のいい自主規制であり、クレームへの怖れです。クレームがきたらきちんと説明すればよいではないですか。天国で山之口氏は怒っていると思います。

            私が彼を思い出したのは先週の天声人語を読んだのがきっかけです。
            普天間基地問題が迷走している中で、彼の「不沈母艦沖縄」という詩が思い出されたのです。

            守礼の門のない沖縄
            崇元寺のない沖縄
            がじまるの木のない沖縄
            梯梧の花の咲かない沖縄
            那覇の港に山原船のない沖縄
            在京30年のぼくの中の沖縄とは
            まるで違った沖縄だという
            それでも沖縄からの人だと聞けば
            守礼の門はどうなったのかとたずね
            崇元寺はどうなのかとたずね
            がじまるや梯梧についてたずねたのだ
            まもなく戦禍の惨劇から立ち上り
            傷だらけの肉体をひきずって
            どうやら沖縄が生き延びたところは
            不沈母艦沖縄だ
            いま80万のみじめな生命達が
            甲板の片隅に追いつめられていて
            鉄やコンクリートの上では
            米を作る手立てもなく
            死を与えろと叫んでいるのだ

            彼の死後8年を経て沖縄は日本に返還されたのですが、米軍にとって沖縄は依然として、「不沈母艦沖縄」のままではないのか。そう思えてなりません。
            | comments(0) | trackbacks(0) |
            pagetop
            求道すでに道である  宮沢賢治の詩
            / カーソン・ライダー 
            0
              われらは世界の

              まことの幸福を索ねよう

              求道すでに道である

              これは、今日読売新聞で紹介されていた宮沢賢治の詩である。

              道を求めること自体が道であり、どこかにあるはずの道を探し求めていたら、自分の足元にこそ、その道はあった。あとはその道を一歩ずつ歩いていけばいい。『農民芸術概論綱要』

              賢司らしい人間が生きていくうえでの本質を見極めた詩だと思います。

              人に惑わされることなく、人と比べるのではなく、己の信ずるべき方向を自分の意思でしっかり見定めて一歩を踏む出すこと、そこにこそ生きていく本当の意味があることなのだと私は受け取りました。
               
              | comments(0) | trackbacks(0) |
              pagetop
              | 1/1 |

              09
              --
              1
              2
              3
              4
              5
              6
              7
              8
              9
              10
              11
              12
              13
              14
              15
              16
              17
              18
              19
              20
              21
              22
              23
              24
              25
              26
              27
              28
              29
              30
              --
              >>
              <<
              --