LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

心の解放区 クラシックコンサート会場にて
音楽 / カーソン・ライダー 
0

    今年の一番の収穫というか自分のライフスタイルの大きな変化は、クラシックのコンサートに行くようになったことである。

    先週の金曜日の夜も、サントリーホールに出かけてきた。

    読売日本交響楽団の定期演奏会である。

    カンブルラン指揮による演奏を聴くのは今回が初めてであった。

    お目当てはブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」であった。

    大体、コンサートに行く前にその日に演奏される曲については調べたり、聞いたりして行くようにしているのであるが、今回は仕事の面での忙しさもあり、下調べなしで聴くこととなった。

    正直、ブルックナーの交響曲を聴く機会は個人的には少ない。

    3番の「ワーグナー」くらいのものであった。

    4番はブロムシュテットによるドレスデン・シュターツカペレのCDしか持っていない。

    それにしてもあまり聞かずにいるので初めて聴くに近い状態であった。

     

    ブルックナーといえば、いろいろな版があるので有名な作曲家である。

    今回、耳にしたのはあまりコンサートで演奏されることがないという1888年稿/2004年刊コーストヴェット校訂版であった。

    今、部屋で聴いているCDのほうはノヴァク版である。

    その違いを聴き比べるのも楽しみのひとつであるが、第2楽章のチェロの哀愁を帯びた音色、第3楽章、別名「狩りのスケルツッオ」のホルンの響きに酔わされた。また、私の客席の目の前がコントラバスということもあり、低弦の弱音の響きがとても印象的であった。

    やはり生の音には心を揺さぶられる。

     

    サントリーホールなどのクラシックコンサート会場は今の自分の心を解き放す場であり、現実を忘れさせてくれる異次元の空間である。

     

     

     

     

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
    音楽 / カーソン・ライダー 
    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

      先日、神奈川フィルハーモニー管弦楽団による定期演奏会みなとみらいシリーズ342回を聴きに行った。

      演目は名匠 小泉和裕によるドイツ プログラム ブラームスとR.シュトラウスであった。

      ブラームスは交響曲第3番。R.シュトラウスは交響詩「ドン・ファン」と「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」であった。

      ブラームスは尊敬するベートーヴェンの偉大なる交響曲9曲に圧倒されるがあまり、生涯にわずか4曲の交響曲しか作曲していない。

      第一番を完成させるのに構想から実に20年以上の月日を要した。

      第3番は彼が50歳を過ぎてからの作品であり、老成といった趣をたたえている。演奏機会も他の3曲に比べて少ない。

      一言でいえば、地味でありいぶし銀的な色合いの交響曲である。

      この日も演奏で一番心をとらえられたのは、神奈川フィルにとって初めての演奏になる「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」であった。

      実は私にとってもこの楽曲に触れるのはこのコンサートが初めてであった。

      R.シュトラウスといえば、映画やテレビCMでも有名な「ツァラトゥストラはかく語りき」の序奏が有名である。

      しかし、人気という点では「ティル」らしい。

      多彩な楽器の音色が楽しめる楽曲であり、特にティンパニーの響きが心に強く響いた。

      コンサート帰りに早速タワーレコードに立ち寄り、ショルティのCDを買い求めた。

      普段あまり耳にしない交響詩に触れることができたことは、新たなジャンルへの扉を開くという意味においてもよい機会となった。

      | comments(0) | trackbacks(0) |
      pagetop
      ベートーヴェンが嫌悪したオペラ
      音楽 / カーソン・ライダー 
      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        この前に、ベートーヴェン唯一のオペラのことを書いたばかりだが、その続きである。

        ベートーヴェンが「フィデリア」を完成させるために多大な心血を注いだことは周知の事実であり、出だしの音楽はモーツァルトの「フィガロの結婚」を参考にしたのは有名な話である。

        いま、私は「フィガロの結婚」を聴きながらこのブログをしたためている。

        だが、彼はモーツァルトのオペラを嫌っていた。特に最高傑作と名高い「ドン・ジョバンニ」に対してである。

        主人公、ジョバンニは女性のことしか考えていない破廉恥な男である。

        常に新しい獲物を狙い、甘言を弄して犯すことだけ考えている。

        オペラの出だしが婦女暴行未遂というのも前代未聞であろう。

        ベートーヴェンはこれが許せなかった。

        音楽とは人間の精神を高める崇高なる使命をもった芸術であるという思いが強いからである。

        彼にとって、モーツァルトの創り出すオペラはポルノそのものであった。

        だからこそ、オペラを創り出すことも敬遠していたという識者の論もある。

        その一方で晩年の傑作「ディアベリ変奏曲」の中の22変奏において、「ドン・ジョバンニ」の中の「昼も夜もこきつかわれて」というメロデイを挿入した。それは依頼者への異種返しともいえるものであった。

        オペラの内容そのものは毛嫌いしていたのだが、その歌劇の中で使われるメロデイの美しさには目をとめていたということであろう。

        面白い逸話である。

        | comments(0) | trackbacks(0) |
        pagetop
        フィデリオを聴け!
        音楽 / カーソン・ライダー 
        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

          聴く音楽に迷ったときは、ベートーヴェンを選ぶことにしている。

          この夏、一番聞いたのは彼が唯一残した歌劇「フィデリオ」である。

          ベートーヴェンはオペラの作品作りには相当、苦しんだ。

          スタートにあたって、お手本にしたのはモーツァルトである。

          だが、次第次第に従来のオペラを脱却していくのである。

          「フィデリオ」はいわゆる救出オペラといわれる内容である。

          無実の罪でとらわれている政治犯をいかに救い出すかという物語の筋立ててある。

          しかし、ただ「スリリングなオペラ」で終わらせないところがベートーヴェンである。

          「自由」と「正義」を朗々と歌い上げ、思想と倫理の領域にまで高めたのである。

          オペラ好きからは「堅苦しい」といわれるゆえんであるが、そこがベートーヴェンの芸術なのだと思う。

          「自由、平等、博愛」を旗印に掲げたフランス革命を目の当たりにしたベートーヴェンにとって、その旗印こそ彼の理想そのものであった。

          いろいろなディスクを聴いてみたが、最終章のフィナーレの高揚感・疾走感はショルティの手によるシカゴ交響楽団の演奏が格別であった。

          全体を通してのドラマティックさという点ではバーンスタイン指揮のウィーンフィルのものであろうか。

          クラシック音楽好きではあるがオペラに馴染めずにいた自分にとってオペラのよさを教えてくれたのはベートーヴェンである。

          いまはドイツ語の対訳本を見ながら楽しんでいる。

          | comments(0) | trackbacks(0) |
          pagetop
          宮沢賢治の聴いたクラシック
          音楽 / カーソン・ライダー 
          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

            今日は風もあり、湿度も低いので過ごしやすい夜だ。

            この夏は、ひたすら読書とクラシック音楽に親しんだ。

            子供の頃、大好きだった高校野球も全く見なくなった。高校野球だけでなくテレビ自体、夜のニュース以外見ない。

            地上波の番組はほとんど新味がなくつまらないの一言だ。

            逆にラジコでFM放送をザッピングして聴くほうがおもしろい。

            さて、小学生の夏休みの宿題ではないが、毎年自分なりにテーマを決めて何かひとつの物やことに焦点をあてて調べることをしている。

            去年は指揮者のバーンスタインであった。今年は宮沢賢治である。

            賢治の関連本も数冊読んだが一番衝撃を受けたのは「宮沢賢治の真実〜修羅を生きた詩人〜」(新潮社)である。

            銀河鉄道の夜のジョバンニとカンパネルラについての解釈は目からうろことでもいうべきものであった。

            それともう一冊、「宮沢賢治の聴いたクラシック」(小学館)である。

            宮沢賢治といえば俯き加減に大地を歩く画像が有名であるが、あの姿は著名な人物の模倣であることがこの書を通して分かった。

            それは、彼の文学的な表現活動に大きな影響を与えた作曲家である。

            それはベートーヴェンである。

            確かにベートーヴェンのカリカチュアや田園を歩く画像が残っているがよく似ている。

            それもそのはず。なけなしの給料を賢治はクラシックのレコードにつぎ込んだのは有名な話で、レコード会社のポリドールから表彰をされたくらいである。特に、交響曲第5番「運命」があったからこそ、「春と修羅」は生まれたのである。

            「宮沢賢治の聴いたクラシック」の凄さとは、その当時賢治が聴いたそのままの音源を世界初復刻というかたちで2枚組のCDにしているところである。賢治の聴いた「運命」はジョセフ・バスターナック指揮による1916年録音のビクター・コンサート管弦楽団の演奏である。

            早速聴いてみた。今の時代の演奏よりも相対的にはやいという印象である。この演奏は賢治以外にも高村幸太郎や寺田寅彦などにも大きな影響を及ぼしたものである。それが世界初復刻CD化されたのである。このことだけでも素晴らしいの一言である。

            また、弟の清六と聴いたブラームス交響曲第3番三楽章やドヴォルザークの新世界よりなど、当時の賢治の心境を探るうえでは歴史的価値のあるこの上ない音楽的資料である。

            | comments(0) | trackbacks(0) |
            pagetop
            ドヴォルザーク チェロ協奏曲ロ短調に酔う
            音楽 / カーソン・ライダー 
            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

              ドヴォルザークといえばやはり交響曲第9番「新世界より」が一番有名であろう。

              また、弦楽四重奏曲12番「アメリカ」も人気だ。

              どちらも自分の愛聴盤である。

               

              これらの作品はドヴォルザークのアメリカ時代の傑作である。

              そのアメリカ時代を締めくくる大作が「チェロ協奏曲 ロ短調」である。

              N響との初共演となったミッシャ・マイスキーの貴重な初来日盤を皮切りに幾つか聴いているのだが、やはり夭折の天才、ジャクリーヌ・デュ・プレとシカゴ交響楽団との演奏が自分の心には一番強く迫る。

              ただ、指揮のバレンボイムはいささかこじんまりとまとまりすぎていて、シカゴ交響楽団をドライブさせるほどの手綱さばきは見せていない。やはりショルティのほうが数段上手であることは否めない。

              それを差し引いてもやはりデュ・プレのチェロはある意味神懸かり的である。

              特に第2楽章は秀逸である。

              ドヴォルザークの故国チェコへの切ない思いと憧れが溢れんばかりの情感で胸に迫ってくるのだ。

              歴史的な名演といわれるだけの内容にただ感服するばかりである。

              音楽の愉悦がここにある。

              | comments(0) | trackbacks(0) |
              pagetop
              堪能!マーラー交響曲第7番「夜の歌」
              音楽 / カーソン・ライダー 
              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                先日、サントリーホールにPMFオーケストラの東京公演を聴きに行った。

                PMFとは国際オーデイションで選抜される18歳〜29歳までの国籍も様々な約100人の若手音楽家で編成するひと夏限りのオーケストラである。

                指揮者はあのショスタコービッチなどの演奏で世界に知られているワレリー・ゲルギエフ。

                演目はマーラーの7番。

                興味津々のコンサートとなった。

                マーラーの7番といえば、1908年の初演時には不評であり、その内容は破天荒、理解不能とさえ言われた。

                長調と短調を行ったり来たりする独特の不気味さを基調に時折、ハッとするような抒情をたたえたメロディが交錯する何とも形容しがたい音楽である。

                極めつけは第5楽章の金管楽器の炸裂といった感じのマーラーにしてはありえないほどの明るい響きを伴ったフィナーレである。

                4楽章までの夜の世界を払しょくする光に満ち溢れた昼の到来という言い方をされるが、一筋縄ではいかないマーラーのこと。

                実は従来のフィナーレを徹底的に皮肉り、形骸化するためのものだったという解釈もなされている。

                全体の印象としては若手の演奏家のフレッシュさが際立つ演奏であった。

                 

                個人的には第7番はショルティとシカゴ交響楽団の演奏が一番好きである。

                世界一ともいわれた芸達者な演奏家をぐいぐい引っ張りドライブさせていく演奏は爽快感抜群である。

                派手な音だけ鳴らせて、感情がないなどという批判もあるが、自分はマーラーの7番といえば、今のところショルティである。

                その対極がオットークレンペラーである。

                通常75分くらいの演奏なのだが、クレンペラーは100分である。

                それでいてだれるわけではない。極端にゆったりしたテンポを維持しつつ、めりはりをつけながら悠然と進んでいく。

                巨大な彫刻物をひと彫り、ひと彫り丁寧に彫り進め完成させていくといった感じである。まさにクレンペラーにしか成しえない名人芸である。

                | comments(0) | trackbacks(0) |
                pagetop
                感動!東京都交響楽団定期演奏会Cシリーズ
                音楽 / カーソン・ライダー 
                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  昨日は池袋にある東京藝術劇場に出かけた。

                  アラン・ギルバート指揮による東京都交響楽団の定期演奏会である。

                  演目はドヴォルザークの交響曲第9番とバーンスタインの「シンフォニック・ダンス」、ガーシュインの「パリのアメリカ人」であった。

                  先週もサントリーホールでこの組み合わせによるクラシックコンサートに行ったばかりなのであるが、今回も素晴らしかった。

                  アラン・ギルバートの指揮は本当にオーケストラをドライブさせるという印象を改めて強くした。

                  ドヴォルザークの交響曲第9番は「新世界より」というタイトルがつけられ、耳に馴染みの深い名曲であるが、情緒に流されない明快なテンポで進んでいくスタイリッシュな演奏で小気味よかった。

                  特に第4楽章の終盤はずつと鳥肌が立ちっぱなしであった。

                  「シンフォニック・ダンス」にしても「パリのアメリカ人」にしてもメリハリが効いていて、自然に体が動くという感じであった。

                  アラン・ギルバートの指揮によるCDはまだあまり発売されていなのが残念なのであるが、まさにいま、大注目に値する指揮者であることには違いない。そう確信した。

                  感動の拍手はいつまでも鳴りやまなかった・・・

                  | comments(0) | trackbacks(0) |
                  pagetop
                  圧巻のタクト アラン・ギルバート
                  音楽 / カーソン・ライダー 
                  0

                    JUGEMテーマ:音楽

                     

                    この三連休は有意義な時間を過ごすことができた。

                    昨日はクラシックコンサートを聴きに行った。

                    場所は日本が誇るサントリーホールである。

                    アラン・ギルバートが東京都交響楽団(都響)の首席客演指揮者に就任するのを記念してのコンサートであった。

                    アラン・ギルバートはニューヨーク・フィルの音楽監督を8シーズン務めた実力者である。

                    40台という若さで就いたのはあのバーンスタイン以来であり、指揮者としてだけでなく、芸術性を広げる活動が高く評価されている音楽家である。

                    この日の演目はシューベルトの交響曲2番とマーラーの交響曲1番「巨人」。

                    実に素晴らしい演奏であった。

                    今年に入り、クラシックコンサートを聴きに行くのは4回目であつたが、正直、一番感動した。

                    アラン・ギルバートの指揮は躍動的でメリハリがきいており、オーケストラを巧みにドライブさせていた。

                    シューベルトもマーラーもメロディが芳醇であり、オーケストラにうたわせることが巧みでないとぎこちなくなってしまうのだが、見事なタクトさばきでうたわせていた。

                    特にマーラーの1番の最終楽章の音の絢爛たる洪水ともいえるコーダには鳥肌がたった。

                    いつまでも観客の拍手と「ブラボー!」という声がなりやまなかった。

                    都響はやはりうまい。

                    いくつかCDをもっており、その実力は知ってはいたが、やはり生の音に触れるとその感動の大きさは一入である。

                    圧巻の2時間であった。

                    | comments(0) | trackbacks(0) |
                    pagetop
                    軽い燃えつき症候群 心癒す音楽
                    音楽 / カーソン・ライダー 
                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                      7月になって初めての書き込みである。

                      仕事関係の大きなイベントが終わり、虚脱状態というか軽い燃えつき症候群のような心境である。

                      活字に触れたいという気分もわかず、クラシックを静かに聞いて過ごしている。

                      久しぶりにマーラーの交響曲1番「巨人」ベートーヴェンのピアノ協奏曲5番「皇帝」を繰り返して聴いていた。

                      マーラー交響曲録音の金字塔的存在となったテンシュテットとロンドン・フィルによる演奏である。

                      バーンスタインのような少しドラマがかった仰々しさはなく、めりはりの効いた若々しい情感の溢れる名演である。

                       

                      ピアノ協奏曲「皇帝」は数多くのピアニストによる名演奏があるが、個人的に最近ではアンスネスばかりを聴いている。

                      何気なく立ち寄った本屋でクラシック雑誌の「レコード芸術」を見ていたら、ピアニストベスト200選という特集が組まれていた。

                      アンスネスは現存するピアニスト部門で堂々の6位に輝いていた。

                      彼のピアノのスタイルを評者は「王道」という言葉を用いて評していたのが印象的であった。

                      力強い打鍵にありながら、温かみを感じさせる音の感触が心地よいのである。

                       

                      J POPでは平井大の新譜が出たのでダウンロードした。

                      先日、FM放送で「個人的にはアルバムにテーマを求めない。コンセプトを決めすぎると、枠にとらわれてしまって自由な発想での楽曲づくりを楽しめない。」と彼自身が語っていた。

                      今回もバラエティ豊かな楽曲が楽しめる。特に気に入っているのがヴァイオリンの葉加瀬太郎をフューチャーした「はじまりの歌」である。

                       

                      はじまりの歌 口ずさんで 止まらず行こう

                      見上げた空 砂を蹴って 行けるところまで

                      振り返れば一人じゃない 愛はいつだって

                      | comments(0) | trackbacks(0) |
                      pagetop
                      | 1/19 | >>

                      09
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --