PR
星座占い
天気予報
ようこそ!
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

ファイヤー・レイク
歌詞 / カーソン・ライダー 
0

    JUGEMテーマ:音楽

    一体、だれが人生を賭けてまで

    ファイヤー・レイクを目指すだろう

    わざわざ炎の湖に向かって

    突き進んでいくやつがいるだろうか

    人生を台無しにしてまで

    ファイヤー・レイクを目指そうなんて

    フアイヤー・レイクを目指そうなんて

    だれが思うのだろう

     

    ボブ・シーガーの不滅の名盤「奔馬の如く」を聴いている。

    1980年リリースの全米チャート第一位という輝かしいアルバムである。

    余分な装飾のない、シンプル イズ ベストを地で行くようなrockアルバムである。

    その中の一曲に「ファイヤー・レイク」がある。

    ゆったりとしたカントリー風の曲調なのだが、バックコーラスをとっているのが、当時世界最高の人気があったイーグルスの面子であるのだから、堪らない。

    特に、ドン・ヘンリーの声は一聴してそれと分かる哀感を帯びており、鳥肌が立ってしまった。

     

    だれがアント・サラに言いたがるんだい

    アンクル・ジョーはファイヤー・レイクへ逃げちまったと

    炎の湖に入っちまったと

     

    | comments(0) | trackbacks(0) |
    pagetop
    15歳,ぬけがら
    読書 / カーソン・ライダー 
    0

      講談社児童文学新人賞佳作に選出された「15歳、ぬけがら」を読了した。

      今や社会問題になっている児童の貧困を真正面からとり上げた異色作である。

      主人公は中学3年の麻美。

      事情があり,今や低所得者層が暮らす市内のアパートに母親と二人で住んでいる。

      母親は心療内科に通い、働く意欲はなくほとんど寝て暮らしている。

      時折、派手な化粧と出で立ちで夜の街に出ていく。

      また、男をアパートに連れ込んではという状況。

      そんな絶望的な日々を麻美は生きている。

      夜のア一ケードで知り合った仲間達が万引や援助交際という非行に走る中、麻美は.これでいいのかと思いとどまる。

      それは幼馴染みの翔の存在や幼い和馬との繋がりが辛うじて引き留めているのだ。

      そして、学習支援塾「まなび〜」と出合う。

      そこで得たものとは。

      麻美が一歩ふみ出そうと決意するラストは清々しい。また、著者が公立学校に勤務していたということで、学校の中での麻美に対する級友のいじめなどの細かな部分の描き方もリアル感である。居場所を見つけられない子どもたちの心の中の寂寥感なども伝わってくる。

      新人賞の「ラブリィ」以上にインパクトの強い読後感を残す作品であった。

       

       

      | comments(0) | trackbacks(0) |
      pagetop
      石田三成の「正道」
      雑記 / カーソン・ライダー 
      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        ハッピーマンデーなどというくだらない制度ができてしまったために祝日の意味まで薄れてしまってきているような気がする。

        敬老の日にしてもそうだ。昔は9月15日であった。お彼岸の一週間前は敬老の日という感覚で覚えていたものだ。

         

        さて、その9月15日「関ケ原の戦い」の日でもある。

        今年は映画化され、話題にもなっているが有利といわれた石田三成率いる西軍が徳川家康率いる東軍に敗れ、長く続く徳川時代=江戸時代への端緒となった戦いでもある。

        そんなことは小学生でも知っている事実であるが、あまりにも秀吉への義を重んじた石田三成だからこその敗北という見方もできる。

        家康の隙をついての夜襲を企てようとした重臣 島左近を止めたことや、最後まで秀頼を戦場に担ぎ出さなかったことなど、権謀術数に長けた狡猾な家康とはあまりにも対照的な「正道」を貫いた武士であった。

        「正道」などという言葉はもはや今の時代では死語である。

        だからこそ、石田三成 再評価の風が吹いているような気がする。

        | comments(0) | trackbacks(0) |
        pagetop
        ターナーの汽罐車 LIVE
        歌詞 / カーソン・ライダー 
        0

          退屈な金曜日 埋め合わせのパーティー
          お決まりの場所に 吹き替えの映画さ
          まるで 気のない声

          虹色のシャンペインを
          かたむける君の 見つめる絵はターナー
          おぼろげな汽罐車が走る
          音も立てず

          こんな夜の中じゃ 愛は見つからない
          こんな夜の中じゃ 愛は戻って来ない
          知っているのに何故

           

          山下達郎が通算50作目となるシングルを発売した。

          REBORNである。

          その新譜の中にカップリングされているのが、名作「ターナーの汽罐車」である。

          しかもLIVE バージョンである。

          難波弘之のピアノがジャジーな雰囲気を醸し出しており、スタジオ盤より数段味わい深い仕上がりになっている。

           

          モチーフとして使われたターナーの絵は、絵画史上初めて「速度」を描いた作品として知られている。

          まるで、靄の中から突然現れたかのような疾走する機関車。

          逃げる野兎。傍を進む一艘の舟。農夫と牛。

          イギリス産業革命の象徴とも言える機関車との鮮やかなコントラスト。

          輪郭を感じさせない朦朧とした色遣いだからこそ、速度がくっきりと浮かび上がってくる名画である。

           

          | comments(0) | trackbacks(0) |
          pagetop
          本を守ろうとする猫の話
          読書 / カーソン・ライダー 
          0

            JUGEMテーマ:読書

             

            歩きスマホのことを英語では「スマートフォン ゾンビ」というそうだ。

            なるほど、歩きスマホをしている時の人間には表情はなく生気を失った感じがゾンビに似ているというのは頷ける。

            情報が氾濫し、指先一つでニュースを取得し、興味本位の話には事欠かない時代になった。

            世界の名著や古典をじっくり読む時間は現代人からは失われ、どう生きるかという哲学ではなくHOW TO本が雨後の筍の如く、大量生産・消費されている時代である。

             

            そんな現代を揶揄するような冒険ストーリーが誕生した。

            「神様のカルテ」で有名な夏川草介「本を守ろうとする猫の話」(小学館)である。

            古書店を営む祖父と二人暮らしの引きこもりの高校生 夏木林太郎。突然の祖父の死をきっかけに、言葉をしゃべるトラネコと出会い、本を解き放つための迷宮を旅することになる物語である。

             

            本好き、とりわけ古書店街めぐりや図書館好きにはたまらない面白さを秘めた話である。

            林太郎とともに旅をしている感覚に陥った。

             

            祖父が林太郎に与えた影響=言葉の重みが物語を支える土台になっている。

            「ただ、がむしゃらに本を読めば、その分だけ見える世界が広がるわけではない。どれほど多くの知識を詰め込んでも、お前が自分の頭で考え、自分の足で歩かなければ、すべては空虚な借り物にすぎないのだよ。」

             

            「読むのはよい。けれども読み終えたら、次は歩き出す時だ。」

             

            林太郎と学級委員の柚木沙夜との淡いつながりも物語によい味を加えている。

            何気なく書店で手にした本であるが、なかなかの佳品である。

             

            | comments(0) | trackbacks(0) |
            pagetop
            ゼルキンの魅力 音楽の深みを探るピアニズム
            音楽 / カーソン・ライダー 
            0

              久しぶりに べートーヴェンのピアノソナタを聴いている。

              ピアニストはルドルフ・ゼルキンである。

              ベートーヴェン ピアノ曲全集である。

              ゼルキンはヴィルトゥオーゾでありながら、謹厳実直というその風貌からも分かるように音楽の内面的な表現力にこそ真価を発揮したピアニストである。

              天衣無縫のルービンシュタインと対極のピアニストである。

              そのあたりの比較については以前にも紹介した村上春樹の「意味がなければスイングはない」(文藝春秋)に詳しく書かれている。

              ベートーヴェンの深い音楽性を表現するには最も適したピアニストではないだろうか。

              「真剣に練習しなければ、まともに演奏などできない。」「楽しんで舞台に出たことなど一度もない。」

              これらの言葉にゼルキンの全てが言い尽くされている。

              たとえミスタッチをしたとしても、それを覆いつくすほどの徹底した作品の本質に迫る武骨さこそが彼の魅力である。

              ピアノに華麗さを求める人には、正直とっくきにくいかもしれないが、音楽のもつ内面の深みを感じさせてくれるそのピアニズムは永遠の輝きを放っている。

              | comments(0) | trackbacks(0) |
              pagetop
              生は死より強し
              言葉 / カーソン・ライダー 
              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                9月に入って初めての書き込みである。

                なぜかスランプである。

                書きたいことはたくさんあるのだが、優先順位的にブログに向かえないといったところである。

                それでも、読書は続けている。

                最近、読んだ中ではアメリカのノーベル文学賞受賞者であるパール・バックの短編「つなみ」が心に強く響いた。

                パール・バックといえば「大地」が有名であるが、自分はいまだ読んでいない。

                その本が一番好きといった女性の言葉が心の片隅に残っており、著作を検索していたら「つなみ」に出逢った。

                津波や地震や火山の噴火といった自然の猛威にはなすすべもない人間ではあるが、ただ打ちひしがれて終わる存在でもないということを二人の少年の成長の姿を通して、語り掛けてくれる。

                「生は死より強し」。

                何度も登場するこの言葉が強い印象を残す。

                 

                9月1日は夏休み明けの初日ということで、中高生の自殺率が一気に上がるらしい。

                著名人からの「死なないで」というメッセージが当日、ネットに書き込まれたことがニュースになっていた。

                物質的に恵まれているわが国にあっても、死の衝動というものは防ぎきれない。

                氾濫しているいじめやハラスメント、DVなど。

                ちょっとしたきっかけがあれば生から逃避したいと考えてしまうことは誰にでもあるだろう。

                この私にもある。

                だが、その一線を踏み越えないのは、(一線という言葉はこういうときに使うものだ。くだらない男女の肉体関係の有無で使うものではない)

                幽かではあっても生きることの中に潜む希望という可能性を信じているからだ。

                希望はただ存在するのではなく、絶望の向こうにあるのだから。

                希望を絶たれた向こうに、新たな希望はあるのだということを、この本を読むと改めて感じることができる。

                「生は死より強し」。

                | comments(0) | trackbacks(0) |
                pagetop
                清張 未読の短編集「東経139度線」の底知れぬ魅力
                読書 / カーソン・ライダー 
                0

                  JUGEMテーマ:読書

                  先日、大好きな女性と本について会話する機会があった。

                  「今までに読んだ本の中で、一番心に残った本は?」と問うと、彼女はパールバックの「大地」と即答した。

                  ノーベル文学賞を受賞した名作であることは知っていたが、自分は未読であることを伝えた。

                  突然のそういう問いかけに、すぐに答えられるというのはとても素敵なことだと素直に思えた。

                  そして、自分に置き換えてみた時に、何と答えるだろうかと考えた。

                  その問いを今も続けているのだが、単純に小説世界の魅力に引き込んでくれた高校時代を思い出してみると、その答えは松本清張の「砂の器」に行き着いた。

                  野村芳太郎の映画もその原作の魅力を一段と際立たさせる役を担った。

                  日本映画史上に残る名作である。

                  近年でもテレビドラマ化され話題を集めた。

                  以前にも書いたことがあるのだが、もしかしたら一番影響を受けた小説家は松本清張かもしれない。

                  高校から大学時代という感性が一番鋭かった時期に最も多くの著作を読んだのが松本清張である。

                  長編から短編まで読んだ。読みまくった。

                  そして、今、またその作品に触れている。文藝春秋から出されている松本清張の全集は60近くある。

                  まさに小説界の巨峰である。

                  その中の未読であった短編5 「東経139度線」を読んでいる。

                  いやはや、やはりその小説の持つ凄味というか圧倒的な構成力は短編とはいえ、読者を惹きつけてやまない底知れる力を秘めている。

                  全部で18作品収録されているのであるが、トリックやアリバイ崩しといった謎解きの妙もさることながら、推理小説という狭小の枠組みを超えた、リアリスティックに人間の情念や性や業を炙り出す点に清張の魅力はあるのだと確信している。

                  古代史に造詣の深かった清張ならではの「火神被殺」、トリックの極点とも言える「巨人の磯」「内なる線影」、倒叙ミステリーの名品「恩義の紐」など。とにかく、ひとたび、その世界に引き込まれたなら、逃れられない面白さがある。

                  改めて清張の奥深さに酔いしれている。

                   

                  | comments(0) | trackbacks(0) |
                  pagetop
                  一気読み必至のスパイ小説 裏切りの晩餐
                  ミステリー / カーソン・ライダー 
                  0

                    JUGEMテーマ:読書

                    スパイ小説はほとんど読まないのであるが、書店で冒頭部分を立ち読みして、思わず衝動買いしてしまった一冊がある。

                    「裏切りの晩餐」(岩波書店)である。

                    派手な世界を駆け巡る諜報戦ではなく、息詰まる心理戦である。

                    ウィーンを舞台に起きたテロ事件の真相をめぐり、かつての仲間であり恋人同士であったシーリアとヘンリーの駆け引きはまさに一瞬たりとも目が離せない。

                    図書館で一気読みしてしまった。

                    裏切り者はどちらか?

                    なぜ裏切ったのか?

                    そして、衝撃の結末。

                    こう来れば、面白くないわけがない。

                    真相に近づくにつれて心拍数が上がり、鼓動のスピードは増す。

                     

                    「僕たちの関係が、君にとって全く意味がなかったと、君は本当に言っているのか? しかし、同じ部分がその答えを恐れている。この恐怖が裏付けられてしまったら、自分の選択が非難に値するだけでなく、無意味だったことになってしまうのだ。」

                     

                    スパイ小説の傑作の誕生である。

                    | comments(0) | trackbacks(0) |
                    pagetop
                    アックスマンのジャズ
                    読書 / カーソン・ライダー 
                    0

                      JUGEMテーマ:読書

                      2014年の英国推理作家協会賞最優秀新人賞に輝いた「アックスマンのジャズ」(早川書房)を読んだ。

                      材は1918年から1919年にかけてニューオーリンズで起きた連続斬殺事件である。

                      この未解決事件に作家のレイ・セレスティンは大胆な設定を施し、8年後に蘇らせた。

                      ニューオーリンズ市警の警部 マイクル・タルボット、元刑事で服役囚であったルカ・ダンドレア、ピンカートン探偵社の事務員 アイダ・デイヴィスという3人の視点で一つの不可解な事件の真相に迫るという妙味を味わえる作品に成っている。

                       

                      「ジャズを聴いていない者は斧で殺す」という恐るべき殺人予告の背景に隠されている真相とは何か?

                      なかなかに骨格のしっかりしたミステリーに仕上がっている。

                      マイクルとルカの因縁やアイダを助けるルイス・アームストロングの存在感なども作品に厚みを加えている。

                      ルイス・アームストロングはジャズジャイアント ルイ・アームストロングをモデルにしており、語られる話はそのままに実話に沿ったものらしい。

                      アックスマンの事件が起きた当時、本当にルイ・アームストロングがニューオーリンズに住んでいたことが今作品の登場につながったと作者が語っているように、作者の入れ込みようは多くのエピソードに紙面を割いているところからもひしひしと伝わってくる。

                      ジャズ好きには堪らない隠し味ではないだろうか。

                      ミステリーの追求という点において、やや緊張感を削いでしまうという点がなきにしろあらずだが。

                       

                      しかし、これだけの内容の本であるが、昨年のこのミスでは20位以内にすら入っていない。

                      昨年度は良作が豊富ということもあったと聞くが、個人的には素晴らしい作品であると太鼓判を押したい。

                       

                      アイダがニューオリンズを離れ、本格的に探偵としての腕を磨くために雪降るシカゴに降り立ち、探偵社のドアを叩くラストシーン。

                      あっという驚きが待っている。心地よい読後感であった。

                       

                      | comments(0) | trackbacks(0) |
                      pagetop
                      | 1/127 | >>

                      09
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --